呪い(のろい/Curse)
  1. ステータス異常の一つ。本稿で記述する。
  2. アドゥリンミッション第3章第1節第2項のタイトル。「呪い(ミッション)」の項目を参照。

ステータス異常呪い

呪いで、HPmaxMPmaxが減少している状態。

悪しき思念の力により身体能力が減少した状態。
HPmaxMPmaxの減少に加えて、ヘルプメッセージには無いが移動速度ダウン*1も受ける。かつてのヘヴィとは異なり回避率ダウン効果は無い模様。

ゴースト族の「呪う*2」、ドラゴン族の「カオスブレード」、敵専用黒魔法カーズ」、またはベドーの装置"The Afflictor"などによりこの状態に陥ることがある。
プレイヤー側のWS魔法には呪いを引き起こすものは存在しない。一部武器/防具呪い追加効果/反撃効果を持つものが存在する。歌は「呪歌」と言いつつ呪い効果を生むものは無い。

基本的にカーズナ聖水で治療可能。但し、治療しても最大HP減少により減ったHP回復されるわけではないため、状況によっては呪い回復と同時にHPが黄色になり、生命感知の敵に襲われる可能性もあることに注意。
またカーズナ再詠唱時間が10秒とそこそこ長いため、多数で食らうと回復が追い着かないケースもある。想定できるのであれば各自で聖水を用意するべきであろう。

同じ呪い状態であっても内部的なレベルがあるのか*3最大HP最大MPダウン、移動速度ダウンともに、呪いを受けたTP技(など)によって、その減衰率が異なる。
また、ヴァンピール族NMダーティブレスのように、HP回復不能になる上にカーズナ聖水まで無効化されるという鬼畜仕様のものも存在する。このケースではハートオブミゼリ中のエスナハートオブソラス中のサクリファイスでなければ治せない。一部のNMしか使わないことだけがせめてもの救いだろうか。

ベドーの装置による「呪い」は静寂状態であれば回避することができる。この場合静寂を後に解くためにやまびこ薬等のアイテムを持っておくことを推奨する。

呪い等のHPmaxダウン/MPmaxダウンなどに関して、減少量に個人差があると感じた人もいるかもしれない。
この差は装備品の補正ロジックによるもので、具体的には「MP+x」と「xHPMP変換」の優先順位の違い。前者はステータス異常による変化の前に計算が行われ、後者は変化後を基準に計算される。補正前のMPが100の場合を例に取り、呪いで20%のMPが減少したとする。この時「MP+25」のエレクトラム髪飾り装備していたとすると、MPは(100+25)×0.8で100となる。対して、「25HPMP変換」のアストラルリングの場合は、(100×0.8)+25で105が減少後のMPとなる。
このため、減少量が大きい状態異常のときゼニスシリーズなどの変換量の多い装備品に身を固めていると、最大HP1などと極めて危険な状態に陥る場合がある。

FFシリーズにおける呪い

初出はFF2で、攻撃力防御力魔法攻撃力が半減する効果だった。エスナと十字架で治療可能。FF4でも登場し、やはり攻撃力防御力が半減するという同様の効果を持っている。

FFXIでは十字架ではなく聖水で治療するようになり、また効果も変えられている。移動速度が下がるのは「呪い」=「のろい」=「鈍い」という駄洒落なのだろうか。

関連項目

カーズナ】【呪詛
*1
移動速度に制限を受けるため、ただでさえ逃走で振り切りづらい敵から逃げられない状態となる。砂丘PTで海岸のお化けに絡まれ、呪い移動速度が遅くなり、セルビナまで逃げるまでに道中のゴブリンなどにも絡まれて敢え無く倒されてしまうこともある。多くの冒険者はここでゴースト族に脅威を感じたことだろう。
*2
何故かこの特殊技だけ動詞だが、かつてこの特殊技は「呪詛」と名付けられていた。その後ステータス異常呪詛と云う呪いの上位ステータス異常が登場し、特殊技名がこのような形に変えられた。
*3
ステータス異常の「呪い」は2種類存在する
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。