マウント(まうんと/Mounts)
  1. 特定のモンスターチョコボを含む)に騎乗して移動できるシステム。
  2. ステータス変化の一つ。かつては「チョコボ」という名前だった。
  3. だいじなもののカテゴリの一つ。

いずれも2016年4月5日のバージョンアップ実装ないし改名されている。


騎乗システム

概要


マウントマイチョコボ」のみ
  • 速度や騎乗時間などの性能は育成状況に応じて異なる。
  • コマンド「穴掘り」を使用できる。
  • 騎乗音楽は従前のチョコボ騎乗時と同じDash de Chocobo

マウント用の曲はモンスターを乗り回す様子をイメージして作られている。マイチョコボモンスターではないため曲を使い分けている。
→スレッド:マウントの感想・要望など(公式フォーラム)

取得と追加

ジュノクエストライドオン!」をコンプリートすることで「ラプトル」がマウント可能になる。

以降は基本的にアイテムアストラルノートNPCMapitoto”にトレードして、だいじなもの呼子霊笛」に登録するとだいじなものの「アストラルノート」に変わり、マウントできるモンスターが追加されていく。
なかにはアイテムを経由せず、直接だいじなものの「アストラルノート」を入手するマウントもある。

また、アイテムチョコボホイッスル」をNPCMapitoto”にトレードしてだいじなもの呼子霊笛」に登録すると、マイチョコボを呼び出せるようになる。この際「チョコボホイッスル」が失われることはない。

マウント一覧

入手可能日は最速で入手できる日を表す*2
乗り物アストラルノート入手方法(初出)【銀】入手可能日
マイチョコボ♪マイチョコボチョコボホイッスル-2016.4.5
ラプトル♪ラプトルクエストライドオン!-
剣虎♪剣虎2016年4月ログインキャンペーン2016.4.12
クラブ♪クラブ2016年5月ログインキャンペーン2016.5.11
クラブ♪赤クラブ公式イベントクラブ∞リンク2016.5.16
大羊♪大羊クエストたね★うえ?-2016.7.5
モルボル♪モルボルクエストマウ★ント!-
ボム♪ボム2016年7月ログインキャンペーン2016.7.12
フェンリル♪フェンリルクエスト月の導き-2016.9.6
クロウラー♪クロウラー2016年9月ログインキャンペーン2016.9.13
甲虫♪甲虫2016年11月ログインキャンペーン-2016.11.11
モーグリ♪モーグリ公式イベントちゃり×2★ウメェ~-
マジックポット♪マジックポット2016年12月ログインキャンペーン-2016.12.14
トゥルフェイア♪トゥルフェイア2017年1月ログインキャンペーン-2017.1.11
ウォーマシン♪ウォーマシン2017年3月ログインキャンペーン-2017.3.11
ゾミト♪ゾミト2017年7月ログインキャンペーン-2017.7.11
ヒポグリフ♪ヒポグリフ2017年9月ログインキャンペーン-2017.9.12
悪霊の椅子♪悪霊の椅子公式イベント「第5回いこう!ヴァナ・ディールの日-2017.10.15

使用条件

使用方法

  1. 呼び出し可能エリアに移動する。
  2. アクションメニュー/メインメニューの「アビリティ」から「マウント」を選択し、表示される取得済みのマウントから任意のものを選択する。
    またはテキストコマンド/mount 乗り物名」を使用する(/mo 乗り物名も可)。

/mount(/mo) 乗り物名
呼子霊笛に登録されている乗り物に乗る。
 乗り物名は省略できない。
 また育成したチョコボを登録している場合、
 乗り物名に「マイチョコボ」と指定することで
 騎乗することができる。

ステータス変化マウント

良性のステータス変化の一つ。
乗り物に乗っている状態。

元々は「チョコボ」という名前のステータス変化だったが、マウント実装されて様々な乗り物に乗れるようになると共に、名前が「マウント」に変更され、乗り物に騎乗(マウント)している時の汎用ステータス変化になった。

ステータス変化と言っているが、要はマウントできる乗り物に乗っている状態のことである。この状態のときはステータスアイコンチョコボのマークが追加される。
搭乗者が何らかの理由で戦闘不能になるか、一定時間が経過するか、「降りる」を選択する(/dismountを実行する)ことでこの状態が解除される。ステータスアイコンにカーソルを合わせても手動解除できない。

マウント状態のときに敵から絡まれることはないが、対象無差別の範囲攻撃はきっちり食らうため*3低レベルで乗り物に乗っている際はNMHNM戦闘中のPCに近づかない方が良いだろう。ちなみに範囲攻撃戦闘不能に陥った場合、騎乗者は地面に崩れ落ち、乗り物は走り去ってしまう。

この状態でも味方からのアクションは可能であるため、乗り物に乗ったパーティメンバーインビジをかけることも可能*4
そうした場合、搭乗者が消えて他人が見ると誰も乗っていない乗り物が完成する。ネタとしてはなかなかのものではなかろうか。
そのエリアに居るモンスターと同種のマウントでこれを行うと、こっそりモンスターの群れの中に紛れ込んでプレイヤーに近付き絡む筈がないのに追尾してくるモンスターとして一瞬驚かすことが可能。

だいじなものカテゴリ「マウント

マウント関連のだいじなもの呼子霊笛アストラルノート)が含まれる。基本的に継続的に所持するものと同様、1度取得すれば失うことはない。

2016年4月5日のバージョンアップマウント実装された際には、マウントできるモンスターを順次増やすことを見据えてか、この時点ではだいじなものが4つしかなかったにも関わらず、「マウント」という単独のカテゴリが作られている。

名称について

マウント(Mount)は、乗る・またがるという意味。

FFシリーズでは様々な乗り物が登場するが、騎乗できるものといえばほとんどがチョコボである。これに対し、FF14ではチョコボ以外にも様々な乗り物(モンスター以外にも、魔女の箒や魔導アーマーといったものもあり、特定条件を満たす事で飛行可能になるものもある)に騎乗できる「マウント」が実装されており、チョコボ以外にも様々な移動手段を楽しめるようになっている。FFXIでの命名も、これに準じていると言えるだろう。

関連項目

ライドオン!】【チョコボ】【アストラルノート
*1
乗っている冒険者は呼吸さえしていないのかと一瞬不安になるほど、固まった状態で身動きひとつしない。マウントしているモンスターの上下運動などで辛うじて手足が揺れてはいるが、事実上モンスター本体冒険者自身は置物同様の見た目となる。
*2
ログインキャンペーンで入手するものは、ログインポイント繰り越しを含めた場合の日数で計算。
*3
かつては通常モンスター範囲攻撃が非戦闘中のPCにも当たる仕様だったため、カザムを代表とする街などから外に出た瞬間、戦闘不能になるケースも少なくなかった。
*4
タイミングはシビアだが、スペクトラルジグを使用し、エフェクトが完了する前に素早くマウントを使用する事でソロで実行も可能。多分に修正されそうな設定の穴なので試す場合は自己責任で。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。