スーパージャンプ(すーぱーじゃんぷ/Super Jump)
竜騎士ジョブアビリティの一つ。Lv50で習得する。
高く跳躍して敵の攻撃対象から一時的に外れる。

再使用時間3分。

跳躍して短時間画面外に消え、対象から自身へのヘイトをリセットする。
竜剣効果時間中は敵とPTメンバーの間に割り込んで発動することで、直近のプレイヤー1名のヘイトもリセットする。*1

ハイジャンプと異なりダメージが発生しない上にヘイトを大幅に消去するので開幕WS使用後でも確実に盾役ターゲットを返すことができる。ただし、味方のターゲットからも外れてしまうため、ケアルテレポエスケプの範囲からも外れてしまうことに注意。

跳躍中は完全無敵なことを生かし、自爆や高位ガ系精霊魔法をかわすこともできる。この方法はソロでも有効であるが、WSの場合スタンとは異なり敵のTPは消滅せず、大抵すぐ撃ち直しされる。「爆弾投げゴブリンラッシュに変わったらラッキー」程度に考えるのが良いだろう。

また、初期の頃には、盾役ターゲットをがっちり固定していて、サポシ前衛ふいだまWSを決められない場合に、自分にふいだまを入れさせて即座にスーパージャンプヘイトを捨てる、という戦術も存在していた。

他のアタッカーは、高レベルになるほど盾役からタゲを奪ってしまったときの方策としてサポ忍*2を選ぶことが多いが、竜騎士ハイジャンプスーパージャンプである程度任意にタゲを外せるため、火力の抑制をする必要が薄く、アビリティ使用間隔が許す限りサポ戦バーサクを全開やサポ侍八双を全開にして殴るなどが可能になっている。

なお、このアビリティヘイトリストから竜騎士の存在を消す訳ではない。また、他のジャンプと違ってダメージが無く、黄色ネームの敵に使っても何も起こらない。

どれだけヘイトを稼ごうとも一瞬にしてタゲを外せる、高いポテンシャルを秘めたアビリティではあるが、闇雲に使うと後衛タゲを移してしまい顰蹙を買うこともある。ただ、竜騎士装備できる防具が少ない分、アタッカー依りの装備を揃えると、防御力に難のある装備になりがちだ。しかし、このアビリティを生かす事を前提としているためか、PT防御力の高い装備を着ていることは少ない。スーパージャンプをすることでタゲ後衛にいく、つまりヘイトが 竜騎士後衛>他の前衛 の場合、そのままタゲを保持していても、後衛にいくより幾分マシなだけでケアルスポンジになってしまうのもまた事実ではある。スーパージャンプを有効に使うには、「竜騎士より防御能力が高く、かつヘイトを稼いでいるパーティメンバーがいること」(すなわち盾役が機能していること)が前提であり、使うタイミングの見極めも竜騎士の大切なプレイヤースキルである。

なお、飛竜は「スーパークライム」というWSをもっている。この技により飛竜ヘイトがリセットされることはない。ソロでの緊急時に飛竜タゲを移し、その間に立て直しや退却を図るという使用法もある。

2006年10月19日のバージョンアップ再使用時間が5分から3分に変更された。
2012年2月14日のバージョンアップでは射程が広がっている。

関連項目

ヘイトリセット】【ハイジャンプ】【スーパークライム】【ナイアガラリューサン
*1
両者の中間に位置してさえいればよく、竜騎士の向いている方向を考慮する必要はない。
*2
または奪ってしまわないようにサポシ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。