攻撃間隔(こうげきかんかく/Attack Speed)
  1. 実際にオートアタックまたは遠隔攻撃が行われる時間的間隔。一般に単位は秒。
  2. 一部の装備品アイテム効果で、「」の意味で使われる表現。

ユーザー間で使用される場合(特に検証サイトにおいて)は、「隔」と「攻撃間隔」を区別して扱うことが多い。
一方、ゲーム中のヘルプメッセージ等では混同されていることが少なくないので注意が必要である。
例えばソードストラップマーシャルアーツでは「」の意味で、ヘイストマーチでは文字通り時間的間隔の意味で、いずれも「攻撃間隔」という用語が使用されている。
以下では「隔」と区別する場合の「攻撃が行われる時間間隔」について説明する。

基本的には武器表記のを60で割った値が実際の攻撃間隔(秒)になるが、一部装備や特性によっては隔そのものを減らしたり、算出後の攻撃間隔を直接増減させたりする手段もある。
その際、得TPに応じて変化するため、以下のような差異が発生する。

得TPの変化を考慮しない場合は、結局どちらも見た目上の効果は同じであるため、便宜上の数字を変化させて説明することが多い。

攻撃間隔の計算式

いずれの場合でも、最終的な攻撃の時間間隔がゼロ秒以下になることを防ぐため、攻撃間隔短縮には-80%のキャップが存在しており、基本値の5倍の振りの速さが限界となる。
スロウキャップが存在するかは不明。

片手武器一刀流、または両手武器の場合

武器×(100+グリップ・ストラップによる補正)/100)×((100-ヘイスト+スロウ)/100)

両手武器使用時は、一部のグリップ・ストラップを装備することで増減をかけられる。それに合わせて得TPが増減するため、振り数調整に使うのが主な使用法。

片手武器二刀流の場合

(左右の武器の合計)×(二刀流係数)×((100-ヘイスト+スロウ)/100)

格闘武器の場合

(480+武器-マーシャルアーツ係数)×((100-ヘイスト+スロウ)/100)

遠隔武器の場合

遠隔攻撃の場合は特殊で、単純に武器通りの間隔にはならない。
2012年7月24日のバージョンアップ以前は以下の式に近似していたと言われている。*1
(( レンジウェポン矢弾の合計の × 17 ) / 32+175 ) × スナップショットによるヘイスト
2012年7月24日のバージョンアップ以降は遠隔攻撃発動後の硬直時間が短縮されたため、上記式よりも短間隔で攻撃が出来るようになった。


モンスター攻撃間隔

プレイヤー武器と同様、モンスター攻撃間隔を有している。
モンスター種族毎に攻撃間隔が定められており、大抵は240相当の攻撃間隔を有している。
ただし、さらに速い/遅い攻撃間隔を有する種族も存在する。

攻撃間隔が速い種族


など。
大抵は敵の攻撃を受けた際の得TPが2となるが、これら攻撃間隔が速い種族から攻撃を受けた場合はTPが1しか貯まらない。

攻撃間隔が遅い種族


など。
比較的巨大な体格を有する種族が多い。
こういった種族攻撃間隔が遅い代わりに攻撃力防御力が高く設定されていることが多い。

関連項目

TP】【マーシャルアーツ】【二刀流】【ヘイスト】【スロウ】【ブリッツァロール】【ソードストラップ】【タルデュスグリップ】【レンテュスグリップ
*1
遠隔攻撃開始→発動→(コマンド受付不可の時間)→次の遠隔攻撃が可能になるまでの間隔である。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。