経験値アイテム(けいけんちあいてむ)
使用すると経験値を得られるアイテムの総称。

全部で6種類存在し、それぞれ増加する経験値や使用可能レベルが異なっている。

アイテム使用Lv経験値入手先
ランペール戦記Lv4~500~1000退魔の報酬(三国)
巨大な影の正体
ガリスン(Lv20、30、40)
迷子のチョコボ(サンドバス)
ミラテテ様言行録Lv20~750~1500護衛の報酬(三国)
タブナジアの商人
失われた料理
招かざる影たち
ガリスン(Lv50、75)
迷子のチョコボ(サンド/バス⇔ウィン)
バルラーンの深省録Lv60~200~500エインヘリヤル
ギヌヴァの戦術指南Lv65~75~200デュナミス-ボスディン
デュナミス-ザルカバード
新裏
シュルツの戦略論Lv65~200~500デュナミス-ザルカバード
アブダルス魔道大全Lv75~500~1000レギオン

いずれもRare Ex属性店売り不可、キャスト係数は20(5秒)となっている。

ほとんどはクエスト報酬であり、これらのクエストは、コンクェスト集計(日本時間の月曜午前0時)を超える毎に、繰り返し可能。

ギヌヴァの戦術指南シュルツの戦略論デュナミス石像や中ボス格の獣人ドロップする。戦闘不能に陥る回数が多く、時間効率を優先して囮戦術すらも使われる中、経験値を還元できるこれらのアイテムはひそかな人気。

入手先のクエストなどは一般に時間や手間がかかるものが多く、取得に費やす時間でパーティを組めばそれ以上に経験値を稼げたりすることも多い。しかし、単なる時給に勝る利点としてパーティを組む必要がないこと、そして(使用可能なレベルであれば)どのジョブにも使えることなどが挙げられる。

具体的にはこれらを使うことで、ソロ性能の低いジョブパーティに誘われにくいジョブ、また装備が揃っていないなどの理由でパーティに出したくないジョブにも経験値を割り振ることができる。気の長い話になるが、経験値アイテムを入手できるクエストをコツコツこなせば、ほとんど戦闘することなく特定のジョブを育てることも不可能ではない*1

また、運悪く次レベルまで少しで上がる状態でパーティ解散したときなどにも重宝する。

なお、使いどころは非常に限られるが、経験値アイテムレベルアップしてもHPMPが全快することを利用したラストエリクサー的な使い方もできなくもない。計画的に残り経験値を調整すれば、強敵のソロ撃破や難関BFの攻略に役立つこともある。良く知られた実例としては、いわゆる「骨ミッション」をLv50制限当時にソロクリアした高名な赤魔道士の例がある。

注意事項として、カンスト時に使ってもリミットポイントにはならない。モード切替でリミットポイント取得になっていても経験値が加算される。カンスト時に使用すると、何の意味も為さないという勿体無い結果となる。

また、これらのアイテムを使用してレベルアップした場合にはレベルアップのログや画面表示は出てこない。

関連項目

退魔の報酬】【巨大な影の正体】【護衛の報酬】【ガリスン】【迷子のチョコボ】【タブナジアの商人】【失われた料理】【招かざる影たち】【デュナミス-ボスディン】【デュナミス-ザルカバード】【エインヘリヤル
*1
ただしスキルが一切上がらず立ち居振舞いも覚えられないため、少なくともメインジョブとしては使い物にならない可能性が高い。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。