モクシャ(もくしゃ/Subtle Blow)
  1. ジョブ特性の一つ。
  2. アイテム性能の一つ。



ジョブ特性モクシャ

ジョブ特性のひとつ。モンク忍者踊り子が習得する。
また、2005年12月13日のバージョンアップにおいて飛竜に、2011年9月20日のバージョンアップにおいてオートマトンにもモクシャが追加された*1
相手へ与えるTPを減らす。

敵に攻撃した際、相手へ与えるTP量を割合で減らす効果を持ち、物理攻撃のみならず、魔法による与TPにも効果がある。

習得レベルは以下の通り。

ランク習得レベル特性値
1515255
220304510
340456515
465608620
5917525
69127

モンク踊り子ギフトモクシャ効果アップ」により、さらにモクシャを得られる。
ジョブ必要
ジョブポ
モクシャ
モンク1252
4504
10507
190010
踊り子803
4056
9809
180513

モクシャの効果は以下の式で表せる。

与TP=(得TP*2+30)×(100-(モクシャ特性値+モクシャII特性値))/100
 (モクシャ特性値は50でキャップモクシャIIのキャップは不明。モクシャモクシャIIの合計値は75でキャップ。)

モクシャ強化できる手段としてモクシャ装備の他、忍術妙手の術モクシャアップ)、白魔法オースピス魔法剣枠)、モンクスロールファントムロール枠)、ジョブ特性スライトソードを習得した上でのソードプレイ召喚獣セイレーンの加護でもモクシャを得ることができる。
また、レリックウェポン使用時のファイナルヘヴン生者必滅アフターマスモクシャ効果アップが得られる。
さらに、スコッチエッグエビフライポポトフライの揚げ物料理3種の他、コールロラーデンでも得られる。特にエビフライ寿司に追随する命中+を誇り実用的かつ安価。
2016.12.13以降、「モクシャII」のプロパティを持つ装備品が登場した。他のII系特性と同様、従来のモクシャキャップを超え与TPを減らすことができる。2020年8月6日のバージョンアップで追加されたタンデムモクシャの特性もモクシャIIに分類される。

便利な言葉なのかAGI上昇に伴う"AGI差による与TP減少効果"がモクシャと表記されることがままあるが、両者はまったく別のものである。
そのため両効果は重複し、ジョブ特性装備モクシャとは別枠で乗算される。
なお、AGI差による与TP減少効果も50でキャップし、AGI差による与TP減少効果キャップ50・本特性値キャップ75の場合、与TPは1/8となる。

戦闘への影響

このジョブ特性は、攻撃間隔が短いジョブへの救済とされている。
かつては、敵への格闘モンク与TP両手武器の約1.5倍とまで言われており、実際モンクが2人もPTにいると、敵の特殊技発動回数は目に見えて増えていた。

強力な特殊技を使ってくるモンスターが増えた昨今では、単純に火力を上げるだけではなくモクシャを意識することで戦局を優位に進められ盾役後衛の負担も下がるので重要な項目の一つである。

AGI差による与TP減少効果では、NMなどの強敵に対しては大きな効果を得られないため、モクシャ+を有する装備強化する方がハードルが低く、効果を得られやすい。

ただし、戦闘スピードが上昇した昨今では、複数の前衛が敵をタコ殴りしている状態になっている。
そのような状況下では、モクシャの恩恵を感じられる機会はないに等しい。
逆に、アタッカーを1名に絞り込み、残りのメンバーによる強化フル支援という編成戦術を取る場合は極めて有効である。ミュインララバイという強力なTP減少手段が追加された事も大きい*3

なお、短剣メイン武器トリプルアタック二刀流も備えて、それなりに手数が多いシーフだが、トレジャーハンターとのトレードオフでジョブ特性モクシャが与えられないことが公式フォーラムで明言されている。
青魔法セットによって様々なジョブ特性を得ることが出来る青魔道士追加特性にも与えられていない。

装備一覧

モクシャ装備】項を参照のこと。

備考

サンスクリット語にモクシャと同じ音を持つ「moksha」という言葉があるが、こちらの意味は"解脱"・"輪廻からの開放"。
あるいは悟りを開いたものがたどり着くと言われる、天国も地獄をも超越した境地を指す事もある。

英名「Subtle Blow」は直訳すると「巧妙な(緻密な)打撃」だが、subtle bodyといった場合は神智学用語における精妙体(チャクラがコントロールする、微細なエネルギーとしての肉体)を指す。

何故モクシャなのかは開発から特に公表されていないが、気をコントロールすることで肉体的な衝撃と霊的な衝撃を分離し、与TPを抑えているようなニュアンスであると思われる。

関連項目

モンク】【忍者】【踊り子】【モクシャ装備】【TP】【与TP】【AGI
*1
ペットを使うジョブを含むPTの敵への与TPは必然的に多くなっている。竜騎士PTに誘われないという不遇の原因の一つでもあった。詳細・経緯については竜騎士を参照されたい。
*2
ストアTPで増えた値は含まない。
*3
強力すぎてコンテンツ側で対策される事も多い。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。