SPアビリティ(すぺしゃるあびりてぃ/えすぴーあびりてぃ)
ジョブアビリティのうち、再使用時間が1時間のもの。ジョブごとに2つずつ存在する。
従前のLv1から使用可能なものに加え、2013年11月5日のバージョンアップLv96から使用可能なものが追加された。

2012年12月13日のバージョンアップ再使用時間が2時間から1時間に変更になった。2時間だった頃はプレイヤーの間では2H、2Hアビ、2アビなどと呼ばれていた。
英語では(とくに緊急時には) 2hrと言うこともあった。H(hr)とはhourの略である。英語では文字通り「Two-hour Ability」という。
魔力の泉連続魔竜剣アジュールローには専用のアイコンが用意されているが、それ以外のものには丸の中に「SP」と書かれた簡素なものが使われている。


概要

ジョブが持つ「必殺技」「切り札」であり、ピンチの時の救済手段になるもの、手ごわい敵をねじふせるもの、また戦闘能力を一時的に高めるものなど、様々であり使いどころをきちんと理解することが重要である。

このアビの優位性によってジョブ毎に差が出ているのも事実で、ミッションクエストなどのBF戦では、ジョブを限定した募集シャウトがある場合、このSPアビを期待して募集されることもある。
また、敵が使ってきた場合には最大限の注意を払うべき対象であり、特にあたりが使うものは凶悪である。

再使用時間は新旧のSPアビリティそれぞれで共有になっているが、新と旧の共有はされていない。
(例)

再使用までは原則として1時間待たなければならないが、以下の場合にリキャストをリセットすることができる。

他に、デュナミスゴブリンNMが使用するWS運命のダイス」でアビリティが復活することもあるが、これを意図して利用するプレイヤーは少ないだろう。またリンバスArmoury Crateの中には、アライアンスメンバー全員のHP/MP/全アビリティ回復する「回復箱」があり、SPアビリティ回復する。

エヴォリスSPアビリティ毎に存在する「使用間隔-x」のオーグメント装備にて、再使用時間をx分短縮*2することが出来る。

→2003年4月15日のバージョンアップまでは再使用時間ジョブチェンジとともに回復しており、当時は連続魔魔法スキル上げに使われていたり、百烈拳つよ連戦>死デジョンまたは近くのモグハウスジョブチェンジ>また百烈拳>短時間でレベルアップ、といったことも可能だった。

モンスターが使用するアビリティプレイヤーと同様の再使用時間を持っており、時間が経過すると再度アビリティを使用する可能性がある。一部NMが何度もアビリティを発動するのは、この値が短いためと考えられる。

ジョブSPアビリティ

ジョブ上段は従前のものでLv1から使用可能、下段は新SPアビリティLv96から使用可能。効果の詳細は各SPアビリティを参照。
ジョブアビリティ効果時間アビリティ説明文
戦士マイティストライク45秒効果時間内、全近接物理攻撃クリティカルヒット
ブラーゼンラッシュ30秒効果時間内、ダブルアタックが確率アップする。
モンク百烈拳45秒効果時間内、攻撃間隔が短くなる。
インナーストレングス30秒効果時間内、自身の最大HPがアップする。
白魔道士女神の祝福瞬時範囲内のパーティメンバーHPを大幅に回復し、状態異常回復する。
女神の羽衣30秒効果時間内、パーティメンバー弱体魔法ディスペル効果に対して強力な耐性を得る。
黒魔道士魔力の泉60秒効果時間内、MPを消費しないで魔法を詠唱することができる。
サテルソーサリー60秒効果時間内、魔法による敵対心を抑え、魔法命中率がアップする。
赤魔道士連続魔60秒効果時間内、詠唱再詠唱時間の制約に縛られずに魔法を詠唱できる。
スタイミー60秒次の弱体魔法命中率が大幅にアップする。
シーフ絶対回避30秒効果時間内、近接物理攻撃をすべて回避する。
ラーセニー瞬時敵にかかっている良い効果を1つ盗む。
ナイトインビンシブル30秒効果時間内、物理攻撃に対して無敵になる。
インターヴィーン30秒盾で強打し、敵の攻撃力命中率が大幅にダウンする。
暗黒騎士ブラッドウェポン30秒効果時間内、近接物理攻撃で相手に与えたダメージ吸収する。
ソールエンスレーヴ30秒効果時間内、近接攻撃TP吸収の効果を付与する。
獣使い使い魔瞬時ペットHPアップ。野良ペットはさらに魅了時間を30分間延長する。
アンリーシュ60秒あやつり確率をアップし、さらに、ほんきだせとしじさせろの再使用時間を短縮する。
吟遊詩人ソウルボイス180秒効果時間内、歌の効果を上昇させる。
クラリオンコール180秒効果時間内、パーティメンバーにかけられる歌の数が1曲増える。
狩人イーグルアイ瞬時命中率アップダメージアップで遠隔攻撃
オーバーキル60秒効果時間内、遠隔攻撃間隔を短縮し、さらに、ダブルショットトリプルショットの確率をアップする。
明鏡止水30秒TPが瞬時に3000貯まり、ウェポンスキルの消費TPが1000になる。モンストロス時は、次に使用するモンスタースキルの消費TPが0になる。
八重霞45秒効果時間内、近接特殊技魔法特殊技回避する。さらに回避した回数に応じてTPを得て、ウェポンスキルダメージにボーナスを得る。
忍者微塵がくれ瞬時自らの命を賭して敵にダメージを与える。
身影45秒効果時間内、メインウェポン攻撃回数に空蝉枚数に応じたボーナスを得る。
竜騎士竜剣*360秒効果時間中、ワイバーンの力を借りてパワーアップ。
フライハイ30秒効果時間内、ジャンプ再使用時間を短くする。
召喚士アストラルフロウ180秒召喚獣の真の力を引き出す。
アストラルパッセージ30秒効果時間内、契約の履行再使用時間を短くする。
青魔道士アジュールロー30秒効果時間内、青魔法の効果を上昇させ、連携マジックバーストが可能になる。
N.ウィズドム60秒効果時間内、特定の青魔法が詠唱可能になる。
コルセアワイルドカード瞬時範囲内のパーティメンバーにランダムな効果。
カットカード瞬時パーティメンバースペシャルアビリティ再使用時間を短縮する。
からくり士オーバードライヴ60秒オートマトン戦闘能力を限界まで高める。
ヘディーアーテフィス特殊*4オートマトンスペシャルアビリティを使用する。使用するスペシャルアビリティヘッドにより異なる
踊り子トランス60秒TPを消費しないでダンスステップを発動することができる。
グランドパー30秒効果時間内、フィニシングムーブを消費しないでフラリッシュを発動することができる。
学者連環計180秒白魔法黒魔法ともに特化し、Chargeを消費しないで戦術魔道書を発動することができる状態。効果時間中、オーラメルトンが使用可能になる。
カペルエミサリウス瞬時敵対心を指定したパーティメンバーに集める。
風水士ボルスター180秒効果時間内、風水魔法の効果を上昇させる。
ワイデンコンパス60秒風水魔法の効果範囲を拡大する。
魔導剣士E.スフォルツォ30秒効果時間内、魔法攻撃に対して無敵になる。
オディリックサブタ30秒敵の魔法命中率を著しくダウンする。

ネタとしての用法

転じて、SPアビリティではないアビリティ魔法が様々な理由でめったに(それこそ2時間に一度ほどしか)使われない状況を揶揄して、「○○が2時間アビになってる」などと言われることもある。

具体例としては各種サークル系アビや、HP消費で後衛の負担になる恐れのあるジョブアビリティ暗黒」、あるいはかつての「かまえる」等があげられる。
もっとも、みやぶるあたりは下手すれば数年来使用されてなかったりもするので2Hならマシな部類なのかもしれないが。

あるいは自分の与ダメージにばかり注力して挑発バッシュなど有用なアビを使用しないような場合に、プレイヤーを揶揄する意味で「挑発2Hアビ~」と評されたりする。

歴史

2003年4月15日:
ジョブチェンジによるSPアビリティリキャスト回復が不可能になった。

2012年4月25日:
2012年ロードマップにおいて、「新2Hアビリティ」を6~7月頃に追加するというスケジュールが公開された。

2012年8月:
この頃から順次各ジョブアビリティテストサーバーにおいて使えるようになった。この時点では既存のSPアビリティリキャストと共有となっていたため、どうしても既存のアビリティと比較され、使えないという烙印を押されるアビリティも多かった。

2012年9月5日:
松井聡彦氏から、新2Hアビリティのリキャストが既存のSPアビリティから分離されることが発表された。
ただし、リキャストの枠がカツカツであり、それを拡張する作業が必要となること、元々リキャスト共有で設計されていたため、再度バランスを見直す必要があり、当初のスケジュールからは大幅に遅れる予定である。

2012年12月13日:
SPアビリティ再使用時間が2時間から1時間に変更になった。

2013年11月5日:
SPアビリティ実装された。

関連項目

ジョブアビリティ
*1
5でLv1SPアビ回復。6で両方のSPアビ回復する。
*2
現状、の5部位に1箇所ずつしか付与することができない。
*3
実装当初は「コールワイバーン」が割り当てられていた。その経緯はコールワイバーン参照。
*4
ヘッドにより異なる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。