ペットジョブ(ぺっとじょぶ/Pet Job)
ペットを使用することができるジョブの総称。
獣使い(あやつりモンスター、呼び出しモンスター)、召喚士(召喚獣精霊)、からくり士(オートマトン)、および竜騎士(飛竜)のことを指す。*1吟遊詩人乙女のヴィルレーによって獣使いのようにペットを持つことができるが、Lv75でようやく可能となる、ペットの制御が一切不能であるなどの理由によりペットジョブからは除外されるのが一般的である。風水士も、羅盤はシステム上ペット扱いだが能動的に移動や行動をさせられない等の理由でペットジョブとみなすかどうかは微妙なラインにある。
それぞれペットの呼び方は異なるが、ペットコマンドで命令を出したり、<pethpp>などの代名詞が共通しているので、まとめてペットジョブと呼ばれる事が多い。
竜騎士に関してはペットに対して直接攻撃命令を出すことが出来ない為、除外される場合もある。
これらのジョブ本体ペット併せて一人前という設定になっており、ペットが居ない状態ではジョブ能力をフルに発揮できない。本体戦闘能力とペット戦闘能力の比率は各ジョブにより異なる。*2

ペットの立ち回りに関するクセ(特徴)

  • ペットが持つヘイトに従って攻撃する(獣使い)
    複数の敵を相手にする場合、敵Bは寝かしておいて敵Aから先に倒すようにしたが、敵Aのヘイトが減少し、敵Bのヘイトがそれを上回ることがある。その場合、敵Aを殴っていたペットが敵Bに攻撃対象を切り替えてしまい結果として寝かした敵Bを叩き起こしてしまうという事故が発生しうる。




  • 敵のTPが貯まりやすい
    飛竜モクシャが付与され、また召喚獣履行による与TPがないことが判明する等、ペットジョブ与TPが多いという図式は必ずしも当てはまらないものになってきている。しかしながら本体ペットの二人で殴る場合、明らかに他のジョブに比べて敵のTPを貯めやすいのも事実である。
    但し、TPが溜まりやすいといってもその分攻撃をしているわけで、敵が深刻なTP技を使ってこないのであれば優秀な削り手段となりえる。




  • ペット衰弱はない
    本体衰弱中であってもペット衰弱しないため、ほかのジョブに比べて戦闘能力の低下が少なめである。
    ただし、本体死亡時にはペットは消滅・解放されるので、再呼び出しがまだの場合はかえって戦力ダウンが大きくなる。
    召喚士ならば再召喚が容易であるので、MPの確保さえできれば戦力を落とさずに継続することができる。



このようにかなりクセが強いため、その特性を生かせるほど十分に理解されていないことが多い。このため、ペットジョブレベル上げPTBF戦などにおいて差別的な扱いを受ける事が少なからずある。ただ、必ずしも全般的に不利な扱いというわけではなく、ペットジョブならではの戦術で優位に戦える状況も存在する。

また、「ペットジョブは調整が難しい」との公式発言もあり、問題が解決されるには時間がかかる事を示唆している。
一部のジョブではあるが同格以上のNMを倒せるなど、限定的ではあるがソロ戦闘に於いては他のジョブ以上の強さを発揮できる可能性を有している。

ペットジョブサポートジョブにした場合

ペットジョブサポートジョブと使用しようとする場合、以下の制限がある。

召喚士からくり士サポートジョブでも呼び出すことができるが、ペットの強さはそのサポートジョブレベルに依存する。獣使いの「よびだす」は呼出用アイテムメインジョブ専用、竜騎士の「コールワイバーン」はアビリティそのものがメインジョブ専用となっている。

それ以外だと、からくり士の「リペアー」は回復アイテムルブリカント」がメインジョブ専用となっている。風水士も、羅盤を呼び出すためのジオ風水魔法メインジョブ専用である。

低レベルであればサポのペットも十分戦力として使用できる。しかしながら、レベルが上がってくるとサポ獣によるあやつりペット程度*4しか十分な戦力にならない。*5
それ以外では、ジョブ特性付加、ペット釣りサポジョブ発動装備のため、といったやや限られた場合での選択となっている。

ペットジョブ/ペットジョブの考察

ペットジョブに他のペットジョブサポートジョブとして選択した場合、前項で挙げた以外にも以下の制限がつく。

各々のペットジョブの利点、運用、上記の制限を考慮した場合、召喚士からくり士サポ獣を選択した場合にのみ、実用的な運用が可能となるであろう。
モンスターを操って攻撃を仕掛け、あやつりモンスターが倒された後は自らのペットを呼び出す戦法が有用。魅了失敗のリスクは最初のあやつり時のみであり、その場合でも自らのペットで対処が可能となる。召喚士であればあやつりモンスターが戦っている時間をMPヒーリングに充てることができ、からくり士であればオートマトンの呼び出し・HP回復アビリティまでの時間稼ぎや回数節約となる。

開発チーム検証体制

2009年7月21日のバージョンアップでは、MMM人事部研修課においてペットを出しているとNPC攻撃を行わなくなる不具合、およびBF砕け!邪なる者の野望」において、ペットを出していると即座に戦闘が始まってしまう不具合が発生した。

これらは同7月28日の緊急メンテナンスで修正されたが、ペットを呼び出した状態でのプレイ検証が行われていないか、かなりいい加減であることが明らかになり、ペットジョブプレイヤーからは開発体制について批判の声も上がっていた*6

また未発表の不具合として、カンパニエops負傷兵救助」においてペットを呼び出していると状態異常回復しないという報告もある。

関連項目

エースジョブ
*1
風水士コルアペット扱いだが、風水士はこれには含まれない
*2
竜騎士は公式に本体7:ペット3の能力比率と言われてる。他のジョブに関しては公式コメントは無い。
*3
範囲回復履行ならば召喚獣回復可能であるが、使用できる召喚獣は限られる。また、再召喚に比べて多くのMPが必要となるため、召喚獣回復目的で使われるのはかなり稀である。
*4
あやつる」については獣使いのレベルがメインジョブ近くまでになっている必要がある。サポ獣の項を参照されたい。
*5
攻撃面に関しては記述の通りだが、サポかマトン出し入れ戦法によるケアルかけ放題、特に白/召などの組み合わせはメジャーであり、最近は学/召による賢者スタイルなども有用な組み合わせである。
*6
特にMMM人事部研修課では、PC戦闘に参加しないことを告知せずに「ペットを呼び出さないことで不具合を回避できる」と発表したため、「ペットジョブペットを呼び出すなとは何事か」と怒りを覚えたプレイヤーもいたようだ。仕様を知っていれば当たり前の一文なのだが、実装したてのコンテンツにこれでは心遣いが足りないと言われても仕方がないだろう。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。