ペットコマンド(ぺっとこまんど/Pet Commands)
ペットがいるときに使用できるアビリティで、特にペットに直接行動させるもの。

テキストコマンドでは「/pet コマンド名」で使用できる。/pet/jobability(/ja)でも代用可能。

Ctrl+B または Alt+Bで、ペットコマンドのメニューを呼び出すことができる。ただし対応するペットを保持している状態でないと「使用可能なコマンドがありません。」と表示される。コマンドのリキャストを確認するためにはペットを保持していないとならない。

ペット関連のコマンド」が必ずしもペットコマンドというわけではなく、一見ジョブアビリティなのかペットコマンドなのか分かりにくいコマンドもあるが、大雑把に言って「ペットに何かをさせるコマンド」がペットコマンドと思えばよい。

例えば獣使いの「いたわる」、召喚士の「エレメントサイフォン」、からくり士の「リペアー」はペットがいなければ実行できないが、実行の主体はあくまでマスターなのでジョブアビリティに分類されている。

/jobability(/ja)はジョブアビリティにもペットコマンドにも使用できるので、よく分からなければとりあえずマクロには/jaを使っておけば良いだろう。

獣使い


召喚士


竜騎士


からくり士


関連項目

ジョブアビリティ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。