送還(そうかん/Dismiss)
竜騎士の扱えるペットコマンド
コールワイバーンで呼び出した飛竜を消滅させる。
修得Lv1、再使用時間5分。

飛竜HPが100%の状態で送還した場合に限り、コールワイバーンが即時に再使用可能になる。よって代名詞<pethpp>で飛竜の状態を確認して使うのが普通。

飛竜のいる・いないは竜騎士というジョブ自体の性能に著しく関わってくる問題なので、このコマンドは非常に重要。飛竜を呼び出した後にチョコボに乗る場合には事前にこれを使い、一時的に飛竜を消しておけば後ですぐまた呼び出せる。また、自爆など飛竜が食らえば高確率で即死するような技を用いる敵と戦わざるを得ない場合、予め一時避難させる目的で使う場合もある。

このような仕様になったのは2004/04/22パッチ以降で、それ以前は本当に飛竜を消すだけのコマンドだった。飛竜呼び出しによるデメリットはメリットに比べれば遥かに小さく(自分やPTメンバーが移動時に引っかかったり、他人のカメラ内のオブジェクトが増えて煩雑さが増す程度)、通常は竜騎士自身がレベルアップしたときに呼び直す(飛竜の強さは呼び出したときの竜騎士のレベルに依存するため)以外、一度呼んだ飛竜を消す必要はない。言わば仕様変更前の送還は、「敵に殺られる前に自らの手で飛竜に止めを刺す」だけの、全く意味のないコマンドであった。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。