アンリーシュ(あんりーしゅ/Unleash)
獣使いLv96で習得するSPアビリティ2013年11月5日のバージョンアップで追加された。
あやつり確率をアップし、さらに、ほんきだせしじをさせろ再使用時間を短縮する。

効果時間60秒、再使用時間1時間。

効果時間内は下記の3つの効果を得られる。

1.あやつる成功率アップ
自身よりレベルの高いモンスター相手でもほぼ確実に成功するようになる。ただし、あやつる再使用時間は短縮されない。

2.ほんきだせ/しじをさせろの大幅強化
ほんきだせ再使用時間が0秒となり、しじをさせろの発動に必要なcharge数が上限の3に維持される*1。また、ペットTPも3000固定になるので、高TP補正のかかった特殊技を連発することが可能となる。アンリーシュの効果中はペットリゲイン+100が掛っており、例えTPリセット技を食らってしまったとしても、リゲイン通常攻撃でモリモリTP回復していき、あっという間にTP3000に戻る。また技を使わせると即座にTP3000に戻る。しかも、効果時間が切れても溜まったchargeとTPは持ち越せる。

3.よびだす再使用時間短縮
説明文からは省かれているが、よびだす再使用時間も短縮される(0秒となる)。再使用時間が残っていた場合もアンリーシュ発動時にリセットされて即座に再使用可能になり、ペットが落とされても汁がある限り何度でもよびだすことができる。しょうしゅう再使用時間は短縮されない。

ペットおよび獣使いに不足しがちな瞬間火力を補ったり、BF戦などの開幕で使用して一時的に敵の注意を引きつけるなど、「ここぞ」というときの有用な選択肢としては十分な性能である。
わかりやすく言うと、ペット版「明鏡止水*2ということになる。

獣使いの間で常套手段として用いられるのが「跳ねっ返りのバーサ」をしょうしゅうし、ふりしぼれアンリーシュを行い、テグミナバフェットを連発するというごり押し作戦である。1時間に1分だけとは言え恐らく現状の物理攻撃では最も瞬間火力のある攻撃手段の一つと思われ、どうしてもソロで勝てない相手に使ったり、PTのピンチをひっくり返したりする手段として用いられる。間違いなく獣使いにとって切り札と言えるアビリティである。

しじをさせろ」の仕様上、TPリセット技を持つ敵にはあっさり封じられてしまうという欠点も抱えていたが、2014年11月10日のバージョンアップでchargeさえ貯まっていればTP1000未満でも「しじをさせろ」が可能となり、この欠点については解消された。

ラグについて

ペットに関する処理は、PC強化の状況を確認した後処理を判断するシステムとなっているため、ラグが発生する場合がある*3。そのため、アンリーシュ中によびだすをした直後や、特殊技を使用した直後には、タイミングによってはTPが0のように見えることがある。これは仕様なので、一呼吸置いてから確認すると良いだろう。

名称について

Unleashとは「(犬などにつけた紐を外して)解き放つ、束縛を解く」という意味。イメージ的には「ペット潜在能力を解き放つ」といった感じだろうか。
開発段階ではF.サクリファイス*4という名称で、効果は「ペット吸収し、HP状態異常回復する。さらにストンスキンの効果を得る。」というものだった。

外部リンク

→スレッド:メリットポイント新2アビについて
→スレッド:新たなスペシャルアビリティについて
→スレッド:新SPアビリティの見直しについて

関連項目

SPアビリティ】【使い魔】【あやつる】【ほんきだせ】【しじをさせろ
*1
charge消費こそあるものの特殊技使用後に即全快する。ただし、回復のタイミングには若干のタイムラグがあるようで、Charge消費1の技は連発できるが、2以上消費する技は気持ち一テンポ置いてから入力をしないと次の技が発動できないようだ。
*2
もっとも明鏡止水TP1000ずつ消費で3回に対して、こちらは常にTP3000で3回どころかロスを考慮して少なく見積もっても10回程度は撃てる。
*3
→スレッド: これって不具合ですか?公式フォーラム
*4
Feral Sacrifice:「野生の(残忍な)犠牲」という意味。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。