ウェポンスキル(うぇぽんすきる/Weapon Skill)
  1. TPを消費して使用する、武器種ごとの固有の技。一般にはWSと略される。本項で説明。
  2. モンスターの使用する特殊技のこと。
    本来のウェポンスキルという言葉の意味からは多少外れるが、TPを消費して使用してくる技という意味で広義的にこう呼ぶことがままある。
  3. 戦闘メニューコマンドのひとつ。
    アクションコマンドウィンドウアビリティ」から「ウェポンスキル」を選択し、実行する。デフォルト設定ではCtrl+Wでメニューを呼び出すことが出来る。
  4. テキストコマンドのひとつ、/weaponskill
    省略形は/ws。

1項のウェポンスキル

通常打撃よりも強力なダメージを与えたり、追加効果を与えることができる。
ウェポンスキルは各武器ごとに用意され、それぞれの武器スキルを上げることで習得することができる(一部除く)。ただし、二刀流においてメイン武器サブ武器武器種が異なる場合は、メイン武器側のウェポンスキルしか使うことは出来ない。
また、WSを習得するには素のスキルが一定の数値を超える必要があるが、使用する分にはメリットポイント等で増加させれば問題なく使用可能である
習得すればいつでも使用可能というわけではなく、スキル値や後述のEX等の条件をクリアしなくてはやはり使用できない。
使用の際には必ず抜刀状態である必要がある。これはスターライト等の使用者自身をターゲットして回復を行うWSも例外ではなく、モンスターに向けて抜刀した状態でないと使用する事はできない。

物理WSダメージ計算

大きく単発WS多段WSに分けられる。
武器D値 + SV関数 + ステータス修正項目)× ダメージ倍率 × 攻防関数
以上が物理WSの基本的な計算式。
ダメージ倍率は基本的に初段のみ適用され、2段目以降は1.0固定。詳細は【ダメージ倍率】の項目を参照。
ここからさらに下記の項目がそれぞれ別枠で乗算。




また全ての近接物理WSには初段のみ命中+100の補正が設定されている。

属性WSダメージ計算

魔法ダメージ必中WS
((基本D値 + ステータス修正項目)× ダメージ倍率) + 系統係数 + 魔法ダメージ+
以上が属性WSの基本的な計算式。
デュエルソード及びそのHQ品のTypc:Cオーグメント属性ウェポンスキルダメージ+」のみ例外的に、系統係数魔法ダメージ+が加算される前に計算処理される。
ここからさらに下記の項目がそれぞれ別枠で乗算。



属性物理WSダメージ計算

物理攻撃の後に、与えた物理ダメージ値を元にした魔法ダメージを加算するWS
イメージとしてはWS+連携ダメージに近いが、ダメージログは物理ダメ+魔法ダメの合算されたものが表示される。



上記のいずれにも当てはまらない要素で与ダメージの決まるスピリッツウィズインロイエ等の特殊なWS、そもそもHPへのダメージを発生させないエナジースティールスターライト等、物理/属性WSという区分に当てはまらないWSも存在する。

このようにWSの性能は一概にどれが良いとは言えず、使用する武器アビリティとの相性もあることから、連携を考慮した上で適切なものを選ぶ事が大切と言える。

ジョブ格闘短剣片手剣両手剣片手斧両手斧両手鎌両手槍片手刀両手刀片手棍両手棍弓術射撃ジョブ専用
EXEXSPSPEXEX××EXEX両手斧
SP×××××××××EX××格闘
××××××××××SPEX××片手棍
××××××××××両手棍
×EXEX×××××××××片手剣
SP××××××××短剣
×SPSP×××EX××EXEX××片手剣
×EXSPEXEXSP×××EX××両手鎌
××SP×××××××片手斧
×EX×××××××××短剣
×EX×××××××SPSP射撃
××××××SPEX××両手刀
EX×××××SP×片手刀
×××××SP××××両手槍
×××××××××××両手棍
××EX×××××××EX×××片手剣
×××××××××××EX射撃
SP×××××××××××格闘
SP×××××××××××短剣
×××××××××××両手棍
×××××××××SPEX××片手棍
××SPSPEXEX×××××××両手剣
×:スキル無し、○:スキルあり(EXWS無し)、EX:EXWS、SP:SPWS赤字EVWS使用可能、背景黄武神流秘奥義習得可能
ジョブ専用は以外はミシックWSエルゴンWS
この表の他に、召喚士契約の履行青魔道士ブルーチェーンアジュールローと組み合わせた青魔法からくり士が従えるオートマトンの放つ特殊技連携属性を持つため、連携を主体に考えるときこれらをWSと扱って考慮することがある。

歴史

WSは状況に応じて個別に調整が行われている。このような変更は各項目で解説し、ここでは全体的な調整について述べる。

WSの習得には当初最低でもスキル10(Lv3)が必要だったが、2008年9月9日のバージョンアップスキル5に変更され、ジョブと使用武器によってはLv1からWSを使用可能となった。

2014年6月17日のバージョンアップではWS全体の大幅な性能見直しが行われ、204種類*2中、199種類のWSの性能が調整されるという大変更が行われた。

このバージョンアップでは以下のような調整が行われている。
  • 多くのWS修正項目が上方修正された。特に弱いとされていたWSで大きく引き上げられている。
  • TP:ダメージ修正WSの大部分、それ以外も多数のWSTP2000以上のTPボーナスが引き上げられた。その結果、即撃ちの優位性が小さくなっている。
  • 属性WSのレベル補正が引き上げられ、アイテムレベルの影響も受けるようになった。属性WSダメージ武器D値に依存しないため、レベルが上がってもダメージが伸び悩む傾向にあったが、この変更でそれが緩和されている。
  • 修正項目にかかっていたレベル補正(レベルが上がるほど減少し、レベル75以降では×0.85となる補正)が撤廃された。

このように、一部の強いWS即撃ちするという風潮に一石を投じる変更となっており、戦闘の多様性が上がっている。

2014年12月10日のバージョンアップでは片手武器WSに再度調整が施され、多くのWSの威力の引き上げの他、一部の多段WSにおいて初段のみに有効だったいくつかのボーナスが全段に適用されるようになった。

2017年10月11日のバージョンアップでは、ウェポンスキルヘルプテキスト連携属性が追記された。

2019年10月10日のバージョンアップでは、格闘WS全般に対し、従来初段のみに有効だったいくつかのボーナスが全段に適用されるようになった。それに伴い、いくつかの格闘WSの性能が調整されている。

関連項目

TP】【連携】【属性】【レリックWS】【カンパニエWS】【固有WS】【必中WS】【スタン系WS
*1
スターバーストサンバーストのみ以前のまま。バージョンアップ情報ではリストに含まれているので不具合と思われる。
*2
カンパニエWSを含めると207種類だが、特殊な条件下でしか使えないためか、公式サイトではリストアップされていない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。