ランク(らんく/Rank)
  1. プレイヤーの自国での「地位」や「認知度」を表すもので、ミッションランクの略称。当項目ではこれについて説明する。

  2. 合成スキルランクの略称。(詳しくは同項を参照)

  3. 状態異常上書き関係の事。
    ヘイストスロウ上書きし、スロウヘイスガ上書きできるといった関係で、スロウヘイスガよりランクが高いという形で使われる。

  4. 上記以外での特定の概念内における順位、等級など。公式的にランクとして設定されているものもあれば、ユーザーの通称で呼ばれるものなど様々ある。
    (例)ジョブ特性ランク追加特性ランクモグガーデン採集(「」「木立」「鉱脈」「」「」)のランクワークスランクワークスコールの難易度、個人戦績などの交換品ランクモンストロス・プレッジモンストロスランクなど。

1.ミッションランクについて

ミッションランクが上がると以下のようなメリットがある。

  • 引き受けられるミッションの種類が増える。
  • ランクが低いうちは進入禁止だった場所へ立ち入れるようになる。
  • NPCから重要な情報が聞けるようになる。
  • シグネットの有効時間が長くなる。
  • 交換できる戦績アイテムの種類が増える。

ちなみに、自分のミッションランクメインメニュー「ステータス」で確認できる。

プレイヤースキルの指標として

以前は高ランクキャラクターが少なく、ランク10=高レベル・高スキルプレイヤーという指標が存在した*1が、ミッション実装から長い期間が経過したこともあり、2010年現在は石を投げればランク10に当たるという状況になっている。

一方、飛空艇パスが取得できるランク5や、ジラートミッションデュナミスなどへの壁となるランク6、戦績矢が交換できるランク7などに比べ、ランク10まで上げ切るメリットは報酬ギルを除くと比較的乏しい。*2このため、ベテラン冒険者であってもランク10を急いで目指さないということも十分に考えられる。

逆にランクが低い場合は初心者であるとか、ミッションクリアするツテもないといった先入観を持たれがちだが、実際には移籍のためにランクが下がった・セカンドキャラであるなどの理由でそうした偏見に当てはまらない例も多い。

関連項目

ミッション】【個人戦績】【シグネット】【スキルランク】【ランク⑩
*1
ランク⑩」は、往時の状況を反映したネタと言える。
*2
ランク10限定で交換できる礼服儀仗バザーなどでも入手できる。また、現在は個人戦績と交換できる装備に対し、連合軍戦績と交換できる上位装備実装された例も多い。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。