モグハウス(もぐはうす/Mog Houses)
各国の冒険者に無料で貸与されるワンルームマンション。冒険者ひとりひとりにモーグリが派遣され冒険者モグハウスを管理する。
また、他国で借りることのできる似たような施設にレンタルハウスがあり、一般にはこれらを含めてモグハウスと呼ぶ。

西アドゥリン及び東アドゥリンから行けるモグガーデンモグハウスと多くの仕様(モグハウスのメニューが使用可能、30秒待たずにログアウト可能等)が共通している。


解説

エリアとしてはモグハウスの部屋内部しかなく、台所、トイレ、風呂場に当たるものは見当たらない。これらは共同か何かかと思われる。
非常にシンプルな構造の部屋が多数存在しているため全体像を見ればアパートかマンション等に近い集合住宅なのかもしれない。なお、「モグハウス」という名称はFINAL FANTASY VIIのミニゲームのアトラクション「モグ・はうす」からだと思われる。

利用可能なサービス

モグハウス内ではコマンドメニューに「マップ」と置き換わる形で「モグハウス」メニューが追加される。モーグリに話し掛けることで以下のサービスを利用できる。

この他、モグハウスに入った時点でHPMPの全回復と軽度の状態異常回復、および魔法再詠唱時間のリセットが行われる。
スピネットオーケストリオンレイアウトで設置することにより、モグハウス内で流れるBGMを変えることもできる。

通常、カメラは視点を遮るような障害物に対してそれを避けるような動きを自動的に行うが、モグハウス内では調度品に対するカメラあたりを/furccないしコンフィグでオン/オフすることができる。

モグハウス招待

パーティアライアンスメンバーを自分のモグハウスに招待することができる。最高フルアライアンスで17人招待可能。

手順
  1. 招待する側が招待したい階に入室した状態で、モグハウスのメニュー「モグハウス招待」を決定。
  2. 招待される側はモグハウス前のNPCに話しかけ「パーティメンバーモグハウスを訪ねたい」を選択。
    パーティメンバーの名前が出てくるのでメンバーの名前を指名することで入れる。

招待主のモグハウスは、自分のモグハウス同様に家具表示前にその場所に移動すると家具にはまることができる。これを応用して自身ははまって反映されないものの、PS2使用者には家具やベッドの上に乗っている様に見えるというちょっとしたお遊びができる。はまっても、モグハウスのドアをタゲる事ができれば出られる。

メンバーのモグハウスに入室後はパーティ解散してもモグハウスに残ることができ、さらにログアウト後、再ログインしても招待する側がモグハウスから出ないか、ログアウトしない限りメンバーのモグハウスに居続ける事も可能。

招待されたメンバーは、モグハウスのドアを調べることで出ることができる。再入室する場合、再びNPCに招待主の名前を指名することで再入室できる。
ちなみに招待されたメンバーがモーグリに話しかけても特に反応はしてくれない。

招待されたメンバー全員を招待する側の任意でモグハウスから出すこともできる。招待する側のモグハウスメニューから「招待中止」を選択するか招待主がモグハウスから出る、またはログアウトすることで招待者全員をモグハウスから出すことも可能。

各国のモグハウスレンタルハウス


  • バストゥーク
    バストゥーク共和国も国の東部に位置している。内装だが、壁や床は石材、扉は鋼鉄、家具は地味でボロっぽい印象等、いわゆる安アパートか工場の一部分のような部屋である。

  • ウィンダス
    ウィンダス連邦は国の中央部に位置し、各区とは回廊を通じて繋がっている。内装は自然を取り入れる事を重視している。南国故か暖炉の代わりに噴水が設置されている。家具は木製がほとんどだが、渋い色合いのサンドリアのそれとはまた趣が異なり、自然な色合いが多い。

  • ジュノ
    ジュノ大公国は国を形成する建物中央部に、海上から塔状の形状をした集合住宅を形成している。各層へは連絡橋を、ル・ルデの庭へは昇降機を使って移動する。内装は他と比較した場合、その雰囲気もあいまって最も高級感漂う。冒険者の利用者は三国と比べると多く、まさに世界の中心拠点である。*1

  • アルザビ
    アルザビは国のやや西よりに位置していて、居住区ではなく居留区となっている。内装は日本人が思い浮かべる典型的な「アラビアン風」で家具のほとんどに金銀晴やかな装飾が施されている。また、暖炉の代わりに巨大なランプ状の暖房器具*2も置かれている。

  • 過去世界
    三国ではモグハウスと同様のワンルームを20年前の世界でも確認する事が出来る。
    兵舎という扱いなので部屋の構造に変化はないが、ベッドがハンモックや3段ベッドなどになって複数人が休めるようになってたり、武具などが立てかけてあったりと戦時下を思わせる雰囲気になっている。
    今のところ複数名が同室で鉢合わせることはないようだが…
    なぜか現代にいるはずのアレが何食わぬ顔で居座っている。

出口の拡張と2階の増設

各国ごとに用意されているモグハウス出口拡張クエストクリアすることによって、以下の変化が起こる。

依頼者は、全て子ミスラで、いずれも名声が初期状態でもオファーされる。
国名場所クエスト必要アイテム
サンドリア王国北サンドリア(F-8)お庭にお花さんを植えたいにゃマーガレット
バストゥーク共和国バストゥーク港(J-12)センスを磨くのにゃアマリリス
ウィンダス連邦ウィンダス石の区(C-13)一輪のお花さんがほしいにゃライラック
ジュノ大公国ジュノ港(E-8)キレイな石ころりんなのにゃ黄石
アトルガン皇国アトルガン白門(I-10)はやくメモメモにゃ!羊皮紙,黒インク

公式設定

モグハウス
都市の居住区の中の閑静な一角にある、冒険者専用のワンルームマンション。
コンクェスト政策の一環として、各国が建設費と運営費を全額負担しているため、自国の冒険者には無償で貸与され、さらに家具など模様替えも好きにできる、正に冒険者にとっては至れり尽せりのプライベートルームである。

→ようこそヴァナ・ディールへ この世界で暮らす 施設
モグハウスサンドリア
き上げたフローリング仕上げの床、美しいモルタル仕上げの壁、頑丈なマホガニー梁の天井、見事なゴブラン織り*4の絨毯。サンドリアモグハウスは快適そのものクポ。暖炉の火を熾して、皆様をお待ちしているクポ。
公式設定資料集より)
モグハウスバストゥーク
え、地味?そ、そんなことないクポ!「三匹の兎」*5の話を思い出すクポ。高級石材で作られた壁や床。分厚い鋼鉄の扉。そう、バストゥークモグハウスは、とっても頑丈クポよ。モンスターが襲ってきたって、へっちゃらクポ~!
公式設定資料集より)
モグハウスウィンダス
五感を研ぎ澄ますクポ……。眼を射る壁画のアウル模様……。耳に奏でる清水のせせらぎ……。鼻をくすぐる香木の芳香……。足にたゆたうタルタル絨毯……。そう、ウィンダスモグハウスは、とっても体にも心にもいいクポよ……。
公式設定資料集より)
レンタルハウスジュノ
残念ながら、ジュノ冒険者さまへのモグハウス供与を行っていないクポ……。でも、でも、代わりにすてきなレンタルハウスを御紹介するクポ。疲れた体を休める快適なベッド。ぐっすりクポ!一日の冒険を書き留める綺麗な机。花も生けるクポ!裸でも過ごせる暖かい暖炉。楽ちんクポ!みんなサービスなのクポ~!あぅ、ぇと、やっぱり裸は困るクポ……。
公式設定資料集より)

改善要望と調整

収納家具からのアイテム出し入れ
かつては収納家具からのアイテム出し入れ所属国でしかできなかった。
これは中~高レベルのプレイヤー所属国以外に拠点を置きがちであるため、初期エリアが閑散としてしまう。という問題点から、「彼らが所属国に戻る理由を作り出して新規プレイヤーが戸惑わぬようにしたい」という、開発者側の都合もあったと思われる。
しかし、増えるアイテム装備ユーザーから常に仕様変更の要望が出されており、2013年4月30日のバージョンアップによってついに収納家具からのアイテム出し入れレンタルハウスでも可能となった(レイアウトは不可能なまま)。

調度品レイアウト
サービス開始以降、モグ金庫は一つだけなのに対して調度品の数は増え続けていた。レイアウト可能なスペースは変更の無いままでありモグガーデンでは調度品設置は仕様上不可能だと宣言されていた。

もっと調度品レイアウトを楽しみたいというユーザーも多く、せっかく実装された調度品を有意義に使うためにも何とかして欲しいという声が公式フォーラムなどに寄せられた。
これに対して第16回もぎたて ヴァナ・ディールで、モグハウス拡張の開発が進んでることが明かされた。(開発担当はこたつみかん作成と同じ担当者)
モグハウスの2階増築の開発中で、広さは既存のモグハウスと同程度か若干広めで、部屋の真ん中にも設置可能とのことだった。

また、壁掛けタイプの調度品においては高さ指定ができなかった。PCの視点しか考慮されていないのか飾る高さが低く、周りに設置する家具によっては隠れてしまうものがある。これらの声に対して開発側からは、以下のような回答がなされている。

そしてようやく2015年5月14日のバージョンアップで、モグ金庫2とモグハウス2階が実装された。

変遷






関連項目

レンタルハウス】【モグガーデン】【Nomad Moogle】【モグる】【Mog House】【モグ金庫拡張クエスト
*1
アトルガン実装時には、アルザビが賑わい、ジュノが閑散としたこともあった。
*2
香炉のようにも見える。ちなみに発生する煙の色も曜日に応じて変わる。
*3
例えばウェイポイントで「レンタルハウス前」となっている行き先は正確には「レンタルハウス行き船着き場前」である。
*4
ゴブラン織りは通常フランス語で「タピスリー」と呼ばれる織物、もしくはそこに使われる綴れ織りのこと。主に壁の装飾として用いられるが、絨毯にも使われることがある。ゴブリンとは特に関係はない。
→タペストリー(Wikipedia)
*5
おそらく童話「三匹の子豚」が元ネタだろう。3匹の子豚がそれぞれ藁と木と煉瓦で家を造り、煉瓦の家だけが狼に壊されなかったという話はあまりに有名。3匹目の(この場合は)兎が作ったような頑丈なモグハウスであるというアピールなのだろう。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。