暗黒(あんこく/Darkness/DRK/Souleater/Dark)
字面からわかるように、「まっくら」、「得体の知れない」等を意味する。
  1. 暗黒騎士の略。
  2. 暗黒魔法の略。
    ヴァナ・ディールではこの言い方はあまり使われないが、主にスキル表などの表記に使われる。
  3. 暗黒騎士が覚えるジョブアビリティ。ここでは下記にこのジョブアビリティについて詳説する。

ジョブアビリティ暗黒

暗黒騎士ジョブアビリティの1つ。
効果時間内、自分のHP攻撃力に変えて攻撃する。

Lv30で習得する。効果時間60秒、再使用時間6分。
再使用時間メリットポイントを振ることで1段階ごとに12秒、最大5段階で60秒(1分)短縮することが可能。

効果時間中は近接攻撃命中が+25され、自分のHP(現HPの10%)を近接攻撃ダメージに上乗せする。
サポートジョブで使用した場合(サポ暗)、減少するHPは10%だがダメージに上乗せされる数値はその半分、すなわちHPの5%となる。
ジョブ特性ストルワートソウル」を習得している場合、段階に応じて消費HPが減少していく。

また、メリットポイントで習得できるジョブ特性ミューテッドソウル」があれば、暗黒中の敵対心上昇を抑えることが可能。詳しくは同項目を参照。

暗黒HP減少はストンスキンで肩代わりすることができる。
ただし、HPが高くMNDが低い(しかも強化魔法スキルが無い)暗黒騎士サポ白サポ赤を付けたところで、ストンスキンが肩代わりしてくれるダメージ量は少ない。サポ学白のグリモアを使ったストンスキンならば、これよりも多くの量を肩代わり可能である。

暗黒騎士自身がこのリスクを緩和する手段として、暗黒魔法ドレイン系、それと併用するアビリティダークシールネザーヴォイドSPアビリティブラッドウェポンなどを持つ。ブラッドウェポンとの併用は以下の項目に詳しい。
→【暗黒ラスリゾブラッド

多段WSと併用すると、ヒットした各段においてこの効果が適用される。この場合、HPの減少とダメージ上乗せの効果は全段が単純に発動時HPの(10×ヒット数)%というわけではなく、初段が10%、二段目が発動時HPの9%、三段目が同8.1%……というように各段それぞれのHP減少を計算した後の数値を基準に10%が適用される。

ほぼ全ての敵に有効な攻撃手段であるが、一部の敵は「暗黒ダメージを軽減する」という特性を持っていることがあるので万能というわけでもない(後述)。

乱発をすれば、自滅の危険性がつきまとうアビリティであるため、使用の際はパーティで打ち合わせたり、リスク緩和手段との併用を計るなどして、使いどころを見極める必要がある。

暗黒効果アップ装備

以下の装備は「暗黒効果アップ」の能力を持っている。
これらは装備した状態で攻撃を行う事で効果が適用され*1ダメージ増加量と自身の被ダメージが(暗黒+の数値%)上昇する。例えば暗黒+2の装備を使用して攻撃した場合、元来のアビリティの性能と合わせて「現在のHPの12%を消費し、ダメージに上乗せする」という効果になる。
暗黒効果アップ」を持つ装備を複数装備しても効果を重複させることはできないが、例外的にオーグメントアイテムの「暗黒効果+X%」のついた装備であれば重複させることができる。
2009年7月21日のバージョンアップの時点で「暗黒効果+X%」がつく可能性があるものはドゥエオマーサイズのみ。

名称種別性能Lv
IL
ジョブ
ブルタリティー両手鎌Ex
283 502 +25 両手鎌スキル+242
受け流しスキル+242 魔命スキル+188
トリプルアタック+2% 暗黒+2 リジェネ+3
追加効果:HP吸収
119
ダクノマニアRare Ex
317 528 HP+150 +45
両手鎌スキル+242 受け流しスキル+242
魔命スキル+188 暗黒+35 レジストパライズ+50
クリティカルヒットダメージ+5%
ドレインとアスピル吸収量+20
119
カオスバーゴネットRare Ex 防23 HP+12 STR+4
暗黒魔法スキル+5 暗黒効果アップ(+2)
60
CSバーゴネット+1Rare Ex 防27 HP+12 MP+12 STR+7
暗黒魔法スキル+5 暗黒効果アップ(+2)
74
イグニムバゴネットRare Ex
83 HP+19 MP+19 STR+20 DEX+13
VIT+17 AGI+13 INT+16 MND+13 CHR+13
+18 回避+15 魔回避+21 魔防+1
暗黒魔法スキル+15 ヘイスト+6% 暗黒効果アップ(+2)
109
IGバゴネット+1Rare Ex
116 HP+41 MP+23 STR+28 DEX+19
VIT+25 AGI+19 INT+20 MND+17 CHR+17
+18 回避+33 魔回避+32 魔防+2
暗黒魔法スキル+17 ヘイスト+7% 暗黒+2
119
グルームブレストRare Ex 防33 暗黒効果アップ(+2)50
セーブルクウィス両脚防24 攻+1 暗黒効果アップ(+2)50
モリオネスリングRare STR+4
コンビネーション:命中+ 暗黒効果アップ(+2)
70All Jobs
モリオネスシックル両手鎌Rare D95 隔501 STR+3
コンビネーション:命中+ 暗黒効果アップ(+2)
70


モリオネスリングモリオネスシックルは両方を装備することでコンビネーションが発動する。

暗黒に対する耐性について

前述のとおり強力なアビリティではあるが、それ故に耐性を持つNMHNMは少なくない。
暗黒に対する耐性は2種類があり、1つはヴァルグリンドの「Odin」、石の見る夢ラスボスなどが持つ暗黒ダメージカットする耐性。もう一つが、アル・タユの「Absolute Virtue」やアルタナ以降に実装されたNM及びHNMなどが持っている一定の枠内でしかダメージを与えられない耐性である。
一定の枠内でしかダメージを与えられない耐性とはNMそれぞれに暗黒で与えられるダメージに(例えば1万までといった)キャップが決まっており、それを超えると暗黒ダメージがゼロになってしまうというもの。簡単に言ってしまえば多数の暗黒騎士による暗黒ラスリゾブラッドでの瞬殺をさせないための措置。

ジョブアビリティ暗黒の歴史

ジョブ実装から2ヵ月後に与えられたパッチまでの間は、「HPの10%を武器D値に上乗せする」という仕様であったため、攻撃35%↑、防御35%↓とバーサクよりも効果が高かった弱体前のラストリゾートと合わせて驚異的なダメージを叩き出す事が可能だった。しかし、Lv60キャップ解放と同時(→2002年11月26日のバージョンアップ)に現在の仕様に変更されている。

以前は最大HPの10%を消費していたこともあり、サークルブレードスピニングサイスといった範囲WSを10体以上の敵にまとめて当てた場合や、サポ暗シーフトリプルアタック込みでダンシングエッジを10hit以上させると*2WSを放った途端に戦闘不能に陥るという珍事も報告されたことがある。

普通に物理攻撃が通る強さの敵であれば、以前の仕様の方が強かったが、物理攻撃が通りにくくダメージを与えにくい敵ならば、現在の仕様の方が強力である。

ファイナルファンタジーシリーズ暗黒

初出はFFIV。主人公である暗黒騎士セシルの固有アビリティとして登場した。当時の効果は「HPを消費して全体攻撃アンデッドには無効)」というものだった。その後同様の効果がFFX-2のダークナイトのドレスフィアの能力やFFIII(DS版)の魔剣士のアビリティとして登場している。

FFVIIIにも登場しているが、こちらの効果は「HPを消費して通常攻撃の3倍ダメージ」という効果になっている。
FFIXFFXI、DS版FFIVでの効果はこのFFVIIIのものがベースになっている。

関連項目

ブラッドウェポン】【ラストリゾート】【ストルワートソウル】【ミューテッドソウル
暗黒ラスリゾブラッド】【暗黒百烈拳
*1
暗黒を使用する瞬間に装備するだけでは効果が現れない。
*2
多段WSのhit数に上限がなかった頃があったため。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。