Absolute Virtue(あぶそりゅーとばーちゅー)
クリックで拡大

竜騎士タイプのアーン族で、ルモリア七元徳NMの終着点。Lv75キャップ時代最強とされていたNM。通称はAV

Jailer of Love撃破後に低確率でPOPとなっていたが、2008年9月9日のバージョンアップにて撃破後100%POPするようになった。
最後にヘイトリストに載った者を攻撃してくるが、ノンヘイト状態ではノンアクティブで初期位置に戻ると2分30秒で消滅する。一度ヘイトを与えるとPTアライアンスメンバー全員がヘイトリストに入るため注意が必要。アル・タユにいる通常アーンリンクするが、通常アーンAVリンクしない。

使用特殊技
メデューサジャベリン(単体・物理ダメージ+石化

固有特殊技
エクスプロシブ・インパルス(範囲・幻影全消去ダメージ+スタン

その戦闘能力

ドラゴンキラーを有し、複数回攻撃を行わないことからジョブ竜騎士がベースになっていると推測されている。スロウ麻痺睡眠静寂スタン完全耐性を持つ。ちなみに俊足

基本的には暗黒騎士赤魔道士と言ったタイプの挙動ルーチンで、自ら近付きつつ近接攻撃を行い、一定時間おきに魔法を使用する。遠隔攻撃は使用しない。POPした場所周囲が戦闘区域となり、トップヘイトPC戦闘区域より外に出ると単体の引き寄せが発動する。引き寄せは、地形を利用したハメ攻撃への対策で後付された。
通常攻撃攻撃力は500ダメージ前後で攻撃間隔は200、後述する固有グラフィックの腕輪を装着すると攻撃間隔が150以下と言う早さになる。物理攻撃に対しては防御・回避共に高めだが、魔法ダメージは33%カットブレスダメージは50%カットとなっているようだ。強力なオートリジェネを備えており、後述するオートリジェネ消去を行わなければ、まずもって削り切る事は出来ない。HPは推定60000程度と見られている。

ちなみに全滅等でタゲが切れるとその瞬間に弱体効果が全て切れる。よって全滅後にバイオなどで減らしたHPキープすることはまず不可能。

多くのSPアビリティを組み合わせて使用する

アトルガン以降のジョブを除いた15ジョブSPアビを無制限かつランダムに使いこなす。即ちマイティストライク百烈拳女神の祝福魔力の泉連続魔絶対回避インビンシブルブラッドウェポン使い魔ソウルボイスイーグルアイ明鏡止水微塵がくれコールワイバーンアストラルフロウの15種。
SPアビによっては挙動が変化し、魔力の泉であればコメットメテオを詠唱する。15種のうち使い魔微塵がくれアストラルフロウコールワイバーンで呼び出された飛竜がいなければ不発となり、特にこれと言った変化は現れない。逆に飛竜がいる場合は、使い魔飛竜の能力がHP含め上昇、微塵がくれ飛竜が発動させ(当然飛竜戦闘不能にならず)、アストラルフロウでは飛竜が一斉にブレスを使用する。他のSPアビは基本的な性能のままだが、特に脅威となるのは前述の魔力の泉連続魔、そして特殊技を立て続けに連発する明鏡止水だろう。

通常のCPU行動ルーチンであれば、1つのSPアビ発動後は効果時間中ないし一定時間経過後で無ければ次のSPアビは発動させないが、後述の赤い腕輪装着後はAbsolute Virtueはそれを無視して使用してくる。例えばマイティストライクブラッドウェポンに続いて百烈拳魔力の泉連続魔コールワイバーンから使い魔のあとアストラルフロウ絶対回避して微塵がくれインビンシブルして女神の祝福などなど、想像を絶するSPアビ使用法を見せてくれる。

このSPアビの特性はAbsolute Virtue討伐に当たっての最初の難関であるが、Absolute VirtueSPアビ発動後、一定時間内にヘイトリストに入っているPC同じSPアビを使用する事でSPアビを一時的に封印出来る。

無詠唱で高位の範囲魔法を速射する

Absolute VirtueエアロV・エアロガIV・トルネドIIと言った最高位の風属性魔法を詠唱する他、HPが8割を切った後はコメットメテオも詠唱する。また魔力の泉効果時間中はコメットメテオしか詠唱しなくなる。
驚異的なのがそれらの魔法全てを詠唱時間0秒で発動させる事である。例えばメテオを使用した場合、まず先に死亡ログがずらりと並んでから、今度はダメージログがずらりとウインドウに並ぶ。単体魔法ならばともかく、エアロガIVやメテオをこの調子でバラ撒けば、他のいかなる敵の追随も許さない圧倒的な破壊力と凶悪さがよく分かる事だろう。

なお、魔力の泉効果時間中と後述する固有グラフィックの腕輪を装着後は魔法攻撃力が格段に上がる。
特にメテオが凶悪になり、効果範囲が魔法射程より広い&アライアンス全員が受けても2000ダメージ越えと、一発使われたらそこで試合終了という具合となる。

強力な飛竜を従える

ル・メトの園竜騎士Ix'aern同様、一回のコールワイバーンで3体の飛竜を呼び出す。但しIx'aernとは違ってほぼ常時3体を維持するのではなく、倒しておけば次のコールワイバーン発動まで飛竜は呼び出されない。放置すると最大で6匹まで同時に出現する。この飛竜曜日に対応したガIII系魔法(闇曜日にはスリプガ)を放ち、移動速度もかなり早い。影縫いを除いてヘヴィバインドスタンが効かないが、HP自体は2000程度と大して高くは無い。使い魔発動後はHPが約3000にアップする。2008年9月9日のバージョンアップまでは元のHPが4000で使い魔発動後はHP5000だった。
Jailer of Loveを倒しAbsolute Virtueに挑むような戦力であれば、黒3~4名程度によるガ系斉射で簡単に掃討出来るだろう。

赤い腕輪

Absolute Virtueも他のアーン族同様に特定条件で腕輪を付ける。
HPが6割を切った辺りで他のアーン族とは異なる赤い腕輪を装着し、以降Absolute Virtueの性能が変化する。

具体的には
  1. 攻撃間隔攻撃力魔法攻撃力強化
  2. SPアビリティを複数回連続で使用する

この内、2項に関しては前述のSPアビリティの封印ができていればある程度行動を抑制することが可能。
問題なのは1項、特に魔法攻撃力の上昇で、前項に記載してある通り範囲魔法一発でアライアンスが容易に半壊するほどの威力となる。この赤い腕輪装着後の範囲魔法(特にメテオ)が目下Absolute Virtue討伐に当たっての最大の難関となっている。

弱体方法

歴戦のHNMLSをも一瞬で壊滅させる異常な強さを誇るHNMだが、弱体方法が設定されており、開発チームによれば討伐可能という事になっている。

2006年のゲームショウにおけるトークセッションで、

他にも、AV本体が呼び出す飛竜を15匹以上倒す事でも一部の魔法のキャストを遅らせたりアビリティを封印できるという、戦闘経験者からの報告もある*1。なにぶん戦闘の機会が少ないため情報も少ないが、公表された弱体方法以外の『何か』がある事は間違いないと思われてたが、ファミ通の特集記事ファイナルファンタジーXI10周年記念インタビューでAVの倒し方が明らかになった。

弱体1=呼び出されるモンスターフワボ族しか呼び出さなくなるまで倒しつづける。(30匹ほど)
弱体2=曜日と同じ属性魔法連携属性を撃ち続ける。(60発ほど)
弱体3=AVSPアビを使ったのと同じぐらいのタイミングでPTメンバーがそのSPアビを発動させる。

これらがAV弱体のすべてである。特に弱体3はタイミングが悪いとSPアビが封印できないため、少し待って使った方が良いとのこと。SPアビすべて封印できれば、魔法特殊技だけなのであとは力押しで倒すことができる。

攻略ムービー

さらにAV討伐が理論上可能であることを証明するために、開発スタッフによる攻略ムービーを公開する事がFan Festival 2007のトークセッションで約束され、2008年2月13日に公開された。

JP版とUS版は若干内容の違いがあるため両URLを載せておく事にする。
→Absolute Virtue弱体化のヒント映像公開 JP版(2008/02/13)*クリックすると映像が再生されます。

→Absolute Virtue弱体化のヒント映像公開 US版(2008/02/13)*クリックすると映像が再生されます。
動画ではAbsolute VirtueSPアビ発動に合わせて、複数のPCが一斉にSPアビを使用するのが印象的である。恐らくはこのあたりがヒントになっているのだろう。

余談だが、この動画を巡っては「動画の制作で発売が迫っているアルタナの神兵の開発が遅れる」と言う開発チームのコメント*2や、動画内の盾役赤魔道士である事などがプレイヤー間で物議を醸した。
前者は「2008年最初のバージョンアップの前にビデオを用意する」「私たちは絶対に約束を守る」と宣言していたこと、年が明けてもなかなか動画が公開されないことから、 開発チームが自身の手で強くしすぎたAbsolute Virtueを倒す事ができなかった為、いつまでもバージョンアップが出来ないのだろうと揶揄された。
後者は「ナイトサポ戦HNMの盾をする」とジョブプランナー権代光俊の発言の後でありながら、ナイトを差し置いて赤魔道士盾役を務めていた事から、その整合性について問われた。

後に、2008年7月に開催されたプレミアサイトサミット2008においてSage Sundiより、開発スタッフによるAbsolute Virtue討伐には約18時間かかった事が明らかにされた*3。攻略ムービー中で同一PCが何度もSPアビを使用できていた点や、開発側が動画制作によって本来の業務に支障が出ると主張していた理由が納得されたが、18時間の連続プレイを強制されると言うのはあまりにも非現実的であり、その仕様について賛否が分かれていた。

難易度の調整

2008年9月9日のバージョンアップによりJailer of LoveAbsolute VirtueとそのペットHP量や挙動などが変更され、さらにAbsolute VirtueJailer of Loveの出現後2時間が経過すると、「ノートリアスモンスターは消え去った……。」とのログと共に消滅するように変更された。これにより長時間の連続プレイを強制されると言うのは緩和されたようだ。

そのバージョンアップ直後、外国人LSが、Kirinと同様に多数の暗黒騎士による暗黒ラスリゾブラッドクラーケンクラブを組み合わせる方法によって、戦闘開始から31秒で撃沈すると言う攻略動画が公開され、次々と各サーバーでは同様の方法で撃破がなされた。

しかしながら数日後、暗黒がほぼ効かなくなると言う調整が入ったため、現在は上記の戦法では倒せなくなってしまっている。
→ファイナルファンタジーXI 更新のお知らせ(9/17)

2時間以内という制限は、18時間という膨大な討伐時間を要した事が予想以上の反発を受けたために緊急に作った措置と思われるが、制限時間内に倒せるか開発側も試しておらず、事実上討伐できるかはプレイヤー次第、という状態になっており暗黒が効かなくなってからはどのHNMLSでさえ倒せない状況が続いていた。

その後2009年9月下旬、学者を大量動員しての計略以逸待労の計による極大スリップダメージを用いた超速攻による撃破が理論上は可能と言う事が判明した。(以逸待労の計の項目参照)
ところがこちらも2009年11月10日のバージョンアップによって、Absolute Virtueを含む一部のNMには、以逸待労の計スリップダメージ増加に対する耐性が加えられ、この方法でも倒せなくなってしまった。

度重なる仕様変更により長らく討伐不可能と思われていたが、カーバンクルサーバーの討伐団体の戦術を参考にした外国人LSにより、新規に追加された召喚獣Alexander」が使用する絶対防御を用いて2010年8月7日に討伐されたとの報告が挙がった。

レベルキャップが99まで解放された2011年ごろでは、詩人コルセア強化した前衛絶対防御で守護し飽和火力を持って瞬殺するという戦法が主流であったようだ。
ただし攻撃開始と同時にインビンシブルなどを発動されると事実上詰みとなるため、事前にインビンシブル絶対回避女神の祝福を封じておくことが望ましいとされた。

アイテムレベル導入の今日では、学者によるソロ討伐達成報告が聞かれたり、2パーティほどで殴っているだけで2分程で倒せる敵になっている。

戦利品

宿罪を複数ドロップする。これらをタブナジア地下壕3F(J-8)のMeretにトレードする事で強力な装備品を取得できる。また、称号ヴァーチャスセイント」を得られる。

憤怒の宿罪ニヌルタサッシュ
怠惰の宿罪オウレオール
耽溺の宿罪布都御魂
羨望の宿罪ラファエルロッド
傲慢の宿罪マルスリング
渇望の宿罪ベローナリング
強欲の宿罪ミネルヴァリング

設定考察

Virtueは「美徳」を意味する単語。徳を司る天使、力天使の名もVirtue(s)である。キリスト教の力天使はギリシャ、ヘブライ語でδυνάμεις〔dynamēs〕=Dynamis(デュナミス=単体形:複数形はDynameisデュナメイス)という名前でも呼ばれる。人智を超えた強さは、まさに天使と呼ばれるアーンの外見にピッタリと言える。

KirinストーンVやストンガIVを得意とするように、Absolute VirtueトルネドIIエアロガIVを得意とすることから、風を象徴するNMなのかもしれない。

POP時のメッセージ
……我、取リ戻シタリ……
永ラク失ワレシ我ガ思念ノ欠片ヲ……
……我、思ヒ出シタリ……
久シク捨テサリシ我ガ記憶ノ欠片ヲ……
……サレド……
ソヲ取リ戻シタルハ苦悩ノハジマリ……
ソヲ思ヒ出シタルハ悔恨ノハジマリ……
……我ニ教エン……
汝、ナニヲ求メテ、コナタマデ来タルヤ?
……我ニ見セン……
……汝、ナニヲモチテ理念トスノカ?

撃破時のメッセージ
……我……
……汝ガ理念ニヨリテ……
……万古ノ呪縛ヨリ解キ放タレリ……
……汝ガ道……
ソハ永ク遠キ………
……サレド……イツカハ…………

関連項目

宿罪】【クーポンAW-Abs】【Warder of Courage
*1
修正パッチが入ったらしく、弱体しなかったという報告も有り。
*2
→FFXI Creator's voice Ζ
*3
参加者によるレポート(英語) ttp://forums.ffxiclopedia.org/viewtopic.php?f=0&t=14253
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。