範囲魔法(はんいまほう/Area of Effect/AoE)
単体ではなく、シェルラサンダガといった、一定の範囲内にいるものに効果を与える魔法の総称。

バストンラのように語尾が「~ラ」となっている魔法術者を中心とした範囲に効果が及び、ブリザガケアルガのように語尾が「~ガ」となっている魔法は対象を中心とした範囲に効果が及ぶ魔法である。
なお、プロテアは語尾が「ア」だが、英語名のProtectraのとおり術者中心範囲の「ラ系」魔法となる。
テレポリコールエスケプアディ系オースピスエスナは接尾辞が上記命名規則から外れているが、挙動としては「ラ系」と同様自身中心範囲となっている。

基本的に白魔法範囲魔法白魔道士のみ、黒魔法範囲魔法黒魔道士のみが習得する。例外として赤魔道士ディアガを、暗黒騎士ポイゾガを、風水士はラ系精霊魔法を習得できる。

攻撃弱体など、敵に対して放つ範囲魔法は共通してブリンク空蝉の術を消去するという特徴を有する。

英語ではArea of Effect(AoE)と呼び、意味は範囲魔法と全く同じ。極稀に、AEとも略される。

単体魔法の範囲化

学者は、一部の単体魔法戦術魔道書アビリティによって範囲魔法と同様の効果範囲に広げることが可能である。
つまり、元は単体対象の魔法が「ガ系」や「ラ系」魔法になるのである。通常はひとりひとり回復させていたところを、範囲イレース・範囲サイレナによっていっぺんに回復でき、人数や時間が限られるバトルフィールド戦などの場合、特に恩恵が大きい。

白魔道士は、女神の慈悲を習得するLv50以降は女神の印の効果によって状態異常回復魔法(イレースを含むナ系魔法)を範囲化することができる。

青魔道士は、Lv75の時にメリットポイントディフュージョンを習得することによって補助系の青魔法(強化系青魔法及びイグジュビエーション)を範囲化することができる。

なお、一部のNMは本来単体対象である魔法を範囲化して放つものも存在する。この範囲化された魔法にはアドル古代魔法など、通常プレーヤーが範囲化できないものも存在する。

関連項目

ガ系魔法】【ラ系魔法】【バ系魔法】【女神降臨の章】【精霊光来の章】【女神の慈悲】【ディフュージョン
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。