Warder of Courage(わーだーおぶかれっじ)
エスカ-ル・オンに出現するアーン族NM
2015年9月16日のバージョンアップで追加された。

出現条件

ギアスフェットの条件を満たした上で、グリスリートリンケット十一至徳」を所持したプレイヤーエスカ-ル・オンに点在する???調べることにより出現する。

十一至徳」の入手手段については【至徳】項を参照のこと。

特徴

制限時間30分。

アル・タユAbsolute Virtueを全体的に強化したような性能を有する。
ただしSPアビリティの封印手段が異なり、SPアビリティが使われた直後に何かしらのダメージを与えると白弱点を突くことがあり、それにより封印されるという仕様となっている。
このため、SPアビリティエフェクトが見え次第、低位の精霊魔法などを連打することで高確率でSPアビリティを封じることが可能。

HP半分ほどになると腕輪を装着し、SPアビリティを2連続で使用するようになる。
ここまでに危険なSPアビリティは一通り封印しておきたいところだが、制限時間内に撃破まで持っていくためには悠長に全部を封印しているわけにも行かないためある程度は漏れていても押し切る必要がある。
特に封印しておきたいSPアビリティは「女神の祝福」と「ソウルボイス乙女のヴィルレー連打)」で、この2つが封印できているとかなり楽に戦闘を進められる。
ちなみにSPアビリティを2連続で使用する組み合わせは決まっているようで、特に戦況がリセットされる女神の祝福は直前にインビンシブルを使うパターンでのみ使用するため、後半の戦いも考えた場合「インビンシブル」の封印も行っておくと非常に楽になる*1

またコールワイバーンウィナフ族「Warder's Wynav」が3体(腕輪装着後は6体)出現し、これらは微塵がくれ乙女のヴィルレーを連動して使ってくるため、出現し次第次のSPアビリティが使われる前に撃破しておく必要がある。
幸いにしてペットHPは低く、人数にも寄るが2-3万程度のダメージを与えれば沈むため、盾役タゲを確保*2している間に範囲魔法等で焼ききってしまうと良い。

編成やメンバーの技量がかなり良くても、SPアビリティの引き次第では一瞬で全滅したり時間切れになりうる強さを有するため、撃破にはある程度運が絡んでしまう一面がある。

戦利品


また、神符「レア敵率+」が1段階解放される。

歴史

2017年3月10日のバージョンアップで、スペシャルアビリティを封印するダメージ条件が引き下げられた。第32回もぎたて ヴァナ・ディールでは封印するための属性魔法ダメージ閾値を1,100から100に引き下げたというコメントが出ている。

名称について

名前は「勇気の番人」という意味。

第32回もぎたて ヴァナ・ディールでは松井聡彦Pが「ワーダーオブカレッジ」と発音している。ウォーダチャームではWarderに「ウォーダ」という読みがあてられているが、このNMは「ワーダー」が公式な読み方らしい。

関連項目

エスカ-ル・オン】【ギアスフェット】【Absolute Virtue】【至徳】【十一至徳
*1
逆に「インビンシブル」を封印できれば後半は「女神の祝福」が使われなくなるため、「女神の祝福」の封印よりも「インビンシブル」の封印に拘った方が良い、とも言える。
*2
ガ系や範囲WS使った後にフルアビで固定、等
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。