以逸待労の計(いいつたいろうのけい/Modus Veritas)
学者ジョブアビリティの一つ。
標的にかかっている計略スリップダメージをアップ、効果時間半減。

Lv65で習得。再使用時間3分。「計略」とは学者専用黒魔法「~門の計」のことを指す。説明のとおり、このアビリティ計略をかけた後に使用する。
時間制限コンテンツにおいて「あと少しで倒せそうなのに時間切れ寸前」などの場面に有用となる。

計略スリップダメージが2倍にアップすると同時に、効果時間が半分になる。メリットポイントを「以逸待労の計効果時間」に振ることによって、1段階ごとに10%ずつ効果時間を延長することができる。(最大5段階)

スリップダメージ効果時間レジストされて短縮された場合、以逸待労の計効果時間も半減される。また、2009年11月10日のバージョンアップでは、計略効果時間が一定未満の場合、以逸待労の計が無効となり、HNMには以逸待労の計に対する耐性が追加されたため、使用時に「ミス」が出るようにもなった。
しかし、この調整と同時に通常の敵、それも楽や練習相手にまで「ミス」が発生するようになり、今日まで修正されていない。バグ等の報告も無い為、実際はHNM耐性をつけたのではなく、アビリティ命中率を極端に下げただけでは?という考察もある。*1

以前は計略を入れていない敵を標的にすることもでき、なおかつアビリティ自体は即時発動で敵対行動とみなされることから、釣りアビリティとして使われることもあったが、→2008.9.9 バージョンアップ により計略がかかっていないモンスターには発動できなくなった。
2011年12月15日のバージョンアップ再使用時間が10分→3分に短縮された。

HNM戦での活用方法(修正済)

かつて以逸待労の計は、いくつでも重ねがけが可能であった。

そのため、スリップダメージが発生する直前に以逸待労の計を何重にも重ねることで、文字通り指数関数的にスリップダメージが増えていき、HNMすらも瞬殺する戦法が存在した。

しかし、2009年11月10日のバージョンアップで以下の変更が加えられ、この戦法は使えなくなってしまった。
対象にかかっている計略効果時間が一定の時間未満の場合、以逸待労の計を使用できなくなりました。
また、一部のノートリアスモンスター以逸待労の計に対する耐性が追加されました。

以下は、修正以前に使われていた戦法についての記述である。

例えば、初撃が100ダメージの場合、9人の以逸待労の計を重ねることができればスリップダメージは51200となる。初撃で130ダメージを与えることが出来れば、スリップダメージは66560となり、Absolute Virtueであっても(理論上は)瞬殺が可能となる。

問題点

  • タイミング合わせの難度
    計略効果時間は、レジストがなかった場合でも45~90秒のランダムとなる。9枚重ねの場合、メリポなしだと効果時間は1/512となり、効果時間は0.09~0.18秒となる。
    このわずかの間に全員が以逸待労の計を重ね、かつ計略スリップを発生させるのはほぼ不可能に近い。つまり、多人数の場合は「以逸待労の計効果時間」にメリポを振った学者を揃えることが前提となる。

    全員がメリポをフルに振っていた場合、9枚重ねだと計略効果時間は3.38~6.75秒になるため、タイミングを合わせるのは不可能というほど難しくはなくなる。ただし、計略スリップは着弾から0~3秒以内に1回目が発生し、以降は10秒ごとに発生するため、計略が持続している間にスリップを発生させるのはやはり容易とは言いがたい。
    トライ&エラーを繰り返してちょうど良いタイミングを見つける必要があるだろう。

出典

孫子から。
「逸を以って労を待つ」とは戦略的待機のことである。
兵糧攻めや冬将軍の到来など、戦わずとも待つことで敵を疲労させることができるという孫子の教えから来ており、転じてむやみに攻めなければ無用な争いを回避できるという意味でも使われる。

ネタ

*1
獣使いフェラルハウル等、アビリティであっても命中率が低く、PC側ではいくらステータスを伸ばしても確率に干渉出来ないものは有る。なお、以逸待労の計は、調整前はどのような敵でも、計略の効果が継続していれば100%効果があった。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。