幻影(げんえい)
ステータス変化のうち、魔法等の効果で単体攻撃回避する機会を得る効果の総称。
厳密に言えば、ステータス変化名は下記の3つのいずれかとなる。「幻影」はそれらにより作り出された身代わりのことと言える。

回避する回数や確実性はそれぞれ異なるが、不意打ちによる通常攻撃はどの幻影回避できない。

分身

空蝉の術:壱/弐」で発生するステータス変化
詳細は「分身」および「空蝉の術」を参照されたし。

例外を除き単体物理攻撃を確実に回避でき、対象が単体の魔法回避可能。
物理範囲攻撃を受けた場合は、本体忍術スキルを元に幻影の消費数が判定される。

ブリンク

白魔法ブリンク」、契約の履行真空の鎧」、青魔法ゼファーマント」「オカルテーション」、アタッチメントレプリケーター」などで発生するステータス変化
詳細はそれぞれの項を参照されたし。

単体物理魔法攻撃に効果がある。空蝉の術の「分身」とは違い100%回避ではないが、多段技であろうと幻影1枚で身代わりになってくれる。
物理範囲攻撃回避できず、幻影が消失した上で本体にも命中する。

また、ブリンクバンドエンチャントでも発生するが、このブリンクだけは「無の歌」でさえ消されることが無いという違いがある。

心眼

ジョブアビリティ心眼」によって発生する。
詳細は「心眼」を参照されたし。

メッセージこそ違えど、単体物理攻撃のみ100%回避可能な幻影という扱いである。多段技でも一度の心眼で全て見切る(回避する)ことが可能。
魔法に対しては無力だが、逆に魔法によって心眼の効果が消費されることは無い。ただし、物理範囲攻撃を受けた場合は「心眼」が消滅した上に本体にもダメージが及ぶ。

幻影系の優先順位

幻影ステータス変化は、内部的には全て同系列のステータス変化として扱われている。よって、同時に2種以上の幻影ステータス変化が掛かろうとした場合、その優先順位によりいずれかの効果が消滅する。

空蝉の術:弐(分身4)>空蝉の術:壱(分身3)>ブリンクバンド(ブリンク3)>真空の鎧(ブリンク3),白魔法ブリンク(ブリンク2)>ゼファーマント(ブリンク4)>心眼(心眼1)

TODO:オカルテーション上書き順位

上書き関係は左へ行くほど強く、右へ行くほど弱い。同列の効果であれば新たに掛けなおすことが可能*1
白魔法ブリンクの効果中に空蝉の術:壱が発動した場合、ブリンクが消えて空蝉の術:壱の効果が残り、空蝉の術:壱の効果が残っている間は、例え分身が1しか残っていなくとも真空の鎧以下の効果は現れない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。