ヘヴィ(へう゛ぃ/Weight)
ステータス異常の一種。
足が鉛のように重くなり移動速度が遅くなった状態。

黒魔法グラビデ又は同様の効果の技を受けることにより発動する、風属性状態異常呪いにも最大HP/MPの減少と同時に、このヘヴィの効果が付属しているが、呪い状態異常の中に含まれている効果のため、ヘヴィアイコンは表示されない。

風水魔法インデグラビデ」「ジオグラビデ」のコルア内(効果範囲内)にいる敵にもヘヴィを付与できるが、こちらは次の説明文になる。
風水魔法の効果により、足が鉛のように重くなり移動速度が遅くなった状態。

こちらは別のステータス変化のため、他のヘヴィと共存することが可能。

ヘヴィスプリント上書きし、とんずら上書きされる。ただし、一部特殊技*1によるヘヴィとんずら上書きできない。
効果中は移動速度が遅くなる*2

この効果はイレースヒーリングワルツで消すことができる。また、カダーバの浮沼の沼地を歩く事でヘヴィの効果が発動することがある。

一口にヘヴィと言ってもその速度低下効果には段階があり、グラビデ神秘の光のように移動速度が半減程度まで減少するもの、グ・ダの怒りのように移動速度が激減するものまでが存在している。
このヘヴィの効果は、対象が前後左右方向のいずれかの方向に「進もう」とした際に生じるため、何かを中心に「回り込もう」とした場合には移動速度低下が生じない、ターゲットを固定している敵を中心に抜刀の有無を問わず回り込む動きをすると、ヘヴィ中でも速度が変わらないのはそのためである。ただしこの際でも左右以外の移動キーを少しでも一緒に押すと「回り込もう」とする動きに「進もう」とする動きが加わるためヘヴィの影響を受けることになる。
ダスク装備移動速度ダウンとは効果が重複するが、単純な足し算にするとダスク装備をフルで装備している場合などにヘヴィを受けると最悪全く動けなくなることにもなるため、移動速度75%ダウン前後に下限が設けられているようである。

グラビデ自体のキャストが早いため、ターゲット後衛へ走っていく際の処置としても有効である。メリポPTアサルトで、赤魔道士チェーンを繋げるため・時間のロスを減らすために敵を釣ってくる手段としても有効*3
逆にペット狩りでこの魔法釣りに用いるのは、ペットの親に見つかる可能性が高くなるため危険。

歴史

元々の効果は移動速度ダウンのみだったが、→2003年4月15日のバージョンアップで、回避が強度に応じてダウンする回避率ダウンの効果が付与された。

2014年7月8日のバージョンアップでは、対象の物理回避を低下させる弱体魔法ディストラ」が追加されたのに合わせ、グラビデを含めて役割を明確にするために、ヘヴィから物理回避ダウンの効果が削除されている。

関連項目

グラビデ】【グラビデマラソン
*1
磁鉄粉サークルオブフレイムなど。
*2
「走る」が基本のFFXIだが、当然「歩く」動作にもヘヴィ状態は影響する。ヘヴィ状態で歩くと、手足の速度が全てスローモーション状態となるので、遊びで見る分には割りと楽しい。
*3
但し使いどころを間違えると、逆に敵がなかなかきてくれない上、途中ポップした敵を巻き込んで大リンクキャンプ地に来る事になるため、注意が必要。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。