外国人(がいこくじん/alien/stranger)
本国籍を持たない者。

主な対象

一般的には、以下のプレイヤーをひっくるめて、外国人と呼称している。
    • 正規のクライアントパッケージが販売されている北米諸国(NA)、欧州諸国(EU)
    • 個人輸入などの手段により正規パッケージを入手した中華人民共和国(CN/中国・中華)・香港(HK)・台湾(TW)*1を始めとするアジア諸国
      ただし、中国では「海外のMMORPGサーバに接続する行為」が法律で禁じられているため(意図的せずに犯罪に手を染めている)一般のプレーヤーは少ない。
    • またその他の国や地域のプレイヤー

ジラートの幻影において、英語版クライアントが発売され、これを契機に外国人の姿が増加したが、それ以前から個人輸入で日本語クライアントを入手してプレイしていたようなツワモノも極一部いた。
こうした熱意ある外国人プレーヤーには、アニメファンであったり、どこかしら日本に興味を持っており、親日的な人が少なからずいるように見受けられる。
従って、キャラクター名に日本人的な単語が使われている場合でも、中の人外国人であることが往々にしてある。
名前を見て日本人だと思って話しかけ、【私は日本語が話せません。】と返されて切ない思いをした人もおられるだろう。*2

意志疎通

日本人プレーヤー間でこの言葉が使われる場合、「日本語以外を使用しているプレイヤー」を指している事が多い。
しかし、日本人と同等に流暢な日本語を話す外国人や、あるいは外国人LSなどに所属して外国語を話す日本人もいる。
外国人だと思っていた相手が日本語の通じる相手であったり、またその逆も然りである。

外人=日本語が話せない、と敬遠する人が多いが、往々にして外国人は見知らぬ相手と交流する心理的障壁が日本人のそれより低めである傾向がある。
外国人プレーヤーの中には、日本人との交流を願い、ローマ字入力で懸命に意志疎通を図ろうとする人、さらには(2バイト文字が入力出来ないハンディはあるものの)生の日本語を覚えようとする人がいることを忘れてはならない。
むしろ無理して英語を使うよりも、ローマ字で会話した方が意思疎通が図れるケースもある。

古くからの日本人プレイヤーは、NA版が最初に発売された外国語版クライアントであったためか外人=NAと認識しがちだが、上記のようにプレイヤーの出身国はNAEUの枠を大きく超えているのが実態である。
NA以外の諸外国人の中には、自分がNAと誤解されると気分を害するケースもあるようだ。

入力と表示

FF11内での日本語表示は、PS2との互換性の都合上、クライアントに内蔵されている独自の日本語フォントを使用している。
このため、OS上の設定に関わりなくどんな環境であれ、日本語はそのまま日本語として表示される。
一部では、外国語版クライアントのまま日本語のテキストをコマンドラインに入力するためのツールが利用されている場合もあるとされる。
またツールによらず、日本語クライアントを入手・使用している人もいる。

ちなみに、海外版Windowsでも日本語のフォントや入力システムはシステムとして用意されている。さらにWindows Vista以降ではデフォルトで日本語フォントがインストールされるため、設定の手間もない。
他国語版FF11日本語入力が不可能なのは、バグと呼んでも差し支えないほどのFF11独自仕様による制限である(開発の能力不足に起因するものであろうが、国際化を謳っているソフトにしては情けない限りである)。

その他

外人のことを「タト」と表記することがある。
(例)今日のパーティのタト、シーフ釣りしてたのに途中から空蝉張らなかった。

関連項目

【日本語】】【【日本語は話せますか?】】【NA】【EU】【HK】【TW】【KR】【CN】【中華】【グロバカ】【害人
*1
台湾は中華民国の実効支配地域であるため、ここでは区別する。詳細については台湾(TW)を参照されたし。
*2
もっとも、冷静に観察すると、逆に日本人が洋物風のキャラクター名を使っているケースがそれ以上に多かったりする。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。