Alexander(あれくさんだー/あれきさんだー)
  1. ワールドの一つ。サーバーNo.9。聖鯖、アレク鯖とも呼ばれる。サービス開始当初から稼動するワールドのひとつである。
    2011年5月10日のバージョンアップに合わせて行われたワールド統合によりShivaワールドと統合。その長い歴史に終止符が打たれた。
  2. ヴァナ・ディールにおける星座のひとつ。主星はゴルディオス天体図にて確認することができる。
  3. アトルガン皇国の守護神と呼ばれる存在。別名「鉄巨人」。
    伝説上の存在であるが、その存在を知るものは限られている模様。星座であるアレクサンダー座と同一であるかも含めて、謎の多い存在である。詳細は「Alexander/ネタバレ」にて、閲覧は自己責任で。
  4. 召喚獣の一つ。本稿にて解説。

召喚獣「Alexander」

アトルガンクエストアトルガンの守護者」もしくは「白き神クリア時の選択肢で「召喚獣アレキサンダーとの契約」を選ぶことで修得する召喚獣
召喚士Lv75以上かつアストラルフロウ中に召喚できる。

召喚すると即座に「絶対防御」を使用し、強制的に帰還する。
その際残MPに関わらずMP0となり、アストラルフロウの効果が切れる。
アレキサンダー召喚した時の残MPにより絶対防御の効果が変わるので、なるべくフルMPのときに使用したい。

名称LvMP対象効果時間履行分類属性TP補正
絶対防御75MPPT範囲90-魔法×
究極履行(アストラルフロウ効果時間中のみ) 被ダメージカットステータス異常に対するレジスト率アップの効果。

出典

Wikipediaによると、Alexanderはギリシャ人名Aleksandros(アレクサンドロス)の英語およびドイツ語での綴りのことである。日本ではアレクサンダードイツ語読みに近い澄んだ発音で通っているが、英語読みではアレクザンダーと濁る。
なおギリシャ語におけるAleksandrosとは「男性を守る者」という意味であり、元来はギリシャ神話で戦場における戦士の庇護者である女神、ヘラの称号の1つであった。

→アレクサンダー - Wikipedia
→アレクサンドロス - Wikipedia

なお、召喚獣としてのAlexanderは「アレキサンダー」と表記されているが、クエスト夜空はコイン」や星座の説明では「アレクサンダー」と表記されており、ゲーム内でも表記ゆれが起きている。

ファイナルファンタジーシリーズアレクサンダー

FFVI以降のシリーズに登場する召喚獣。城と機械が融合した形態をとり、レーザー(「聖なる審判」)で敵を攻撃する。
FFIXアレクサンダーイベントにしか出てこなかったが、まさしく城が可変して召喚獣となり、バハムートと対決するという見せ場のひとつを作った。

関連項目

Alexander/ネタバレ
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。