Ark Angel EV(あーくえんじぇるえるう゛ぁーん/あーくえんじぇるいーぶい)
  1. NPCの一人。
  2. フェイスの一つ。

Ark Angel EV

1.項 登場人物

伝説のクリスタルの戦士の一人。ジョブ白魔道士ナイトハイブリッドエルヴァーン女性の姿をしており「驕慢」を司る。
Ark Angel EV : 内なる「驕慢」が、
 おまえたちを腐らせる……

出現条件

冒険者とはミッションの他、複数のバトルコンテンツで戦う機会がある。
  1. ジラートミッションアーク・ガーディアン」。BF名「アーク・ガーディアン4」もしくは「神威」。
  2. 上記ミッション上位ミッションBF「★アーク・ガーディアン4」「★神威
  3. エスカ-ル・オンギアスフェット

バトルフィールドアーク・ガーディアン4」(及び上位BF)は、ル・オンの庭北東部(K-7)から入ったラ・ロフの劇場から入る。この入口に対応するHome Pointは、ル・オンの庭#4。

BFへの挑戦条件は各BF項を参照。ギアスフェットでは条件を満たした上でエスカ-ル・オンに点在する???調べることにより出現する。詳細は【ギアスフェット】の項目を参照のこと。

特徴

使用技
名称対象効果空蝉備考
女神の祝福自身中心範囲HP回復-SPアビリティ
インビンシブル自身物理攻撃無効化-SPアビリティ
インターヴィーン単体盾で強打し、敵の攻撃力命中率ヘイトが大幅にダウンする。-SPアビリティ/複数回使用、上位ミッションBFのみ。
ドミニオンスラッシュ被対象中心範囲物理ダメージ/静寂/ディスペルNPC専用特殊技。長射程
シールドストライク前方範囲物理ダメージ/スタン/ノックバックNPC専用特殊技
ボーパルブレード単体物理ダメージ/四回攻撃片手剣WS
スピリッツウィズイン単体残りHPに応じたダメージ片手剣WS
アロガンズインカーネイト対象中心狭円形範囲残りHPに応じたダメージ片手剣WS上位ミッションBFのみ。タゲ持ちの反対側、殴れるギリギリに陣取れば当たらない。
シャンデュシニュ単体物理ダメージ/三回攻撃片手剣WS上位ミッションBFのみ。HPが減ると使用。
使用魔法
ケアルV自身HP回復-
プロテスIV自身防御力アップ-
シェルIV自身被魔法ダメージカット-
ヘイスト自身ヘイスト-
ブリンク自身幻影-
アクアベール自身詠唱中断率ダウン-
ストンスキン自身一定量の被ダメージ無効-
ブライナ自身暗闇回復-
バニシュIII単体光属性魔法ダメージ1体消費
バニシュIV単体光属性魔法ダメージ1体消費
バニシュガIII被対象中心範囲光属性魔法ダメージ全て消滅敵専用魔法
ディアII単体スリップダメージ/防御力ダウン1体消費
ディアガII被対象中心範囲スリップダメージ/防御力ダウン全て消滅敵専用魔法
ホーリー単体光属性魔法ダメージ1体消費
ホーリーII単体光属性魔法ダメージ1体消費上位ミッションBFのみ
サイレス単体静寂1体消費
スロウ単体スロウ1体消費
パライズ単体麻痺1体消費
フラッシュ単体短時間著しく命中ダウン1体消費

Ark Angelの中でも1、2を争う強敵。インビンシブルを使用し、白魔道士魔法全般を詠唱。さらに瀕死になると必ず女神の祝福を使ってくるため、長期戦は避けられない。
最も警戒が必要なのはスピリッツウィズインで、技の特性の関係からHPが高いArk Angel EVが使うと脅威的な威力を発揮する*1アークガーディアン全般の特性だがリゲインが常にかかっているため、BF突入後に強化などでもたもたしていると開幕でいきなり1500を超えるダメージ炸裂し、受けたプレイヤーが一瞬で戦闘不能に陥ることもある*2。これによって盾役が沈みPTが総崩れ、というのが敗因としては多いパターンと言えるが、赤魔道士等がグラビデを使用し盾役回復するまでマラソンをすることで態勢を立て直すことは可能である。専用技のドミニオンスラッシュは対象中心範囲に物理ダメージ+静寂+ディスペルシールドストライクは前方範囲に微ダメージ+スタン+ノックバックの効果があるので、特に後衛はこれらに巻き込まれないように注意。また、ガ系魔法空蝉も剥がしてくる。ドミニオンスラッシュ射程が長く、距離を空けるとこればかり使って来る。そのため、マラソン作戦がスピリッツウィズインの脅威を減らすために有効である*3MPの消費が激しく長期戦になるので、このBFに挑むのであればMP回復アイテムやまびこ薬を多めに持っていった方が良いだろう。

上位ミッションバトルフィールド

新しい専用技「アロガンズインカーネイト」を使用する。

アロガンズインカーネイトブレス属性であるため、被魔法ダメージカット装備シェルが機能せず、難易度によってダメージが変わらず、難易度「とてもやさしい」の即撃ちでも2000程度食らうため、低難易度の難易度を上げてしまっている。
対策は被ブレスカット装備被ダメージ装備が必要になってくる。
また、警戒のスケルツォ大地の鎧も有効であるがドミニオンスラッシュで消される場合があるので注意が必要である。

HPを30~50%ほど削ると一度だけ女神の祝福を使用し、それ以降の攻撃インターヴィーンも多用し始める。
こちらが使用した時の様な強烈なダメージは無いものの、インターヴィーンの効果中は攻撃がほぼ命中しなくなる上に攻撃力が1まで低下するため、これを受けた盾役が被インターヴィーン効果中にWSを撃つのは控えたほうがいいだろう。
ただしロイエ与ダメージを自身の攻撃力に依存せず、必中であるためにインターヴィーンの効果中であっても通常時と同等のダメージを与える事が出来る。

ブライン暗闇の術が入ると優先的にブライナで治療するため、相手の攻撃のテンポを若干遅らすこともできる。

ギアスフェット

一部魔法詠唱時間が大幅に短縮されているなど細かく強化されている(極端に脅威となる特性は上記以外には無い)。

アロガンズインカーネイトダメージは他攻撃の威力と比較する場合相対的にかなり低下しているが、ブレス属性ダメージであるという特性自体は変わっていないため油断大敵である。ドミニオンスラッシュも十分な破壊力を維持しているため、近接を試みる場合は忘れずに対策を取ること*4

戦利品

神威

神威】項を参照。

ミッションBFアーク・ガーディアン4」

ミッションBFではミッション進行に必要な「驕慢のかけら」を入手する。

上位ミッションBF「★アーク・ガーディアン4」

ギアスフェットArk Angel EV

2.項 フェイス

2016年10月11日のバージョンアップで追加された。
盟-アークEV」を許可証に対応するフェイス担当NPCに渡すことでフェイスアークEV」を習得できる。

魔法一覧での名前は「アークEV」、フェイスとして呼び出された時のNPC名は「ArkEV」となる。

特徴

ジョブナイト/白魔道士
戦闘タイプ
武器片手剣
WSボーパルブレードシャンデュシニュアロガンズインカーネイトドミニオンスラッシュ
魔法フラッシュリアクトホーリーI~II、ファランクスエンライトケアルI~IV
アビリティセンチネルランパートパリセード神聖の印シバルリーシールドストライク
その他オートリジェネオートリフレシュ魔法防御力アップ
ケアル詠唱時間-、ケアル回復量+55、被ダメージ-10%、
被ダメージの5%をMP変換

モンスターサイズでPCのLサイズよりも遥かに大きい。


盾タイプだが挑発を持たない。ターゲット固定能力はAugust以上、Amchuchu未満と言ったところ。
戦闘開始直後にフラッシュから始まりアビ関連を立て続けに使ってヘイトをあげるため戦闘が長期化するとヘイト量が火力負けする場面がでてくる。他にもヘイト減少やヘイトリセットを持つタイプの敵には向いていないだろう。

専用技であるアロガンズインカーネイトドミニオンスラッシュ連携を狙えないままTPが溜まった時のみ使用し、連携属性はない。


余談

Ark Angel EVは素体としては女性であるものの、その形相(と薄い胸)から大抵の人は初見で男性と誤解してしまうようだ。それに反して倒された時の崩れ方が妙に女性っぽいため、一部では萌え度が高いとの支持を受けているらしい。
さらに装備している巨大な盾はプレイヤー側に実装されていないタイプのグラフィックであり、これも一部(主にナイト)からの羨望の的となっている。

また「ファイナルファンタジーXI フリートライアル for Windows(R)」の宣伝用PVでは若本規夫氏のナレーションのもと「ギターのジミーです」と名乗っており、これがウケたのか一部では彼女の事を「ジミー」と呼ぶものもいる。

ロード オブ ヴァーミリオンではFFXIからの参戦キャラとして登場しており、特殊技ディアガIIを使用する。ドミニオンスラッシュシールドストライクという、当時のArk Angelの中では唯一2つの専用技を持ちながら*5、使えるのがディアガIIというあたりが哀愁を誘う。

関連項目

アーク・ガーディアン】【Ark Angel】【神威】【騎士の耳】【驕慢
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
プレイヤー側のWSと同じように、瞬間発動かつ空蝉などを無視して必中する。
*2
Lv75キャップ時代に、ミッションBFアーク・ガーディアン4」において、開幕スピリッツウィズイン忍者が3492ダメージを受けて戦闘不能になる映像が公開されている。ニコニコ動画(閲覧には要アカウント所得):→http://www.nicovideo.jp/watch/sm303435の3:00。
*3
メンバーに召喚士を入れ、攻撃力の高いフェンリルに追いかけさせると意外に効果的。
*4
高速化したバニシュガにより空蝉を剥されるという手順が加わるため、上位ミッションにおける立ち回りより一段慎重を要する。
*5
カードが出た後の話になるが、アロガンズインカーネイトが追加されたことで3つに増えている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。