ディア(でぃあ/Dia)
  1. 白魔法の一つ。弱体魔法に分類される。
  2. ステータス異常の一種。
  3. 魔法のスクロールの一種。

1. 白魔法ディア

対象を属性ダメージがじわじわ蝕み防御力ダウン

当たった相手に少量のダメージと共にディア状態にし、防御力ダウンスリップを発生させる。対象の防御力に直接干渉できる魔法

初撃ダメージMNDによるダメージ変動はなく、魔法攻撃力アップジョブ特性曜日天候効果、属性杖によってのみ変動する。

ディア系(およびバイオ系)魔法は、敵ステータス面でのメリットだけでなく、戦闘の序盤にヘイトを極端にあげることなくダメージを与えられること、レジストがないこと、戦闘が長引く場合には与ダメージ効果が大きいといったメリットがある。
また、追加効果とも言えるディア状態にはレジストの概念が無いようで、魔法バリア等で魔法そのものを無効化されない限り、初撃ダメージが0でも100%の確率で効力を発揮する。

ディア魔法一覧

名称MP習得可能レベル詠唱再詠唱初撃
ダメージ
スリップ
ダメージ
効果時間防御力ダウン
ディア731--1秒5秒21/3秒60秒13/256=約5.1%
ディアII303631--1.5秒6秒42/3秒120秒26/256=約10.1%
ディアIII45-75(メリポ)--2秒7秒103/3秒30秒/1段階*139/256=約15.2%
ディアガ121815--1.5秒6秒21/3秒60秒13/256=約5.1%
ディアガII60敵専用魔法1.75秒6.25秒4?2/3秒??秒26/256=約10.1%?
ディアガIII120敵専用魔法2秒6.5秒10?3/3秒?180秒?39/256=約15.2%?

ディアIIIは赤魔道士メリットポイント(グループ2)で覚えることができ、能力値を1上げるごとに効果時間が30秒伸びる。
赤魔道士以外では高レベル精霊が行使することもある。ただし確実性に欠けるため、唱えてくれたらラッキー程度に思っておいた方が良い。

2004年9月のパッチで、ディアII(およびバイオII)のMPコストが大幅に引き下げられたため、コストパフォーマンスも改善された。特に白魔道士の場合、確実にそれなりのダメージを与えられる数少ない手段であり、MPが余り気味の場合など、使う機会は多いだろう。

防御力ダウン

防御力低下は相対的に味方前衛全員の攻撃力増加と同義なので、攻撃力は低いが防御力の高いモンスターに効果を発揮する。
アシッドボルト」「アーマーブレイク」「フライトフルロア」「アンゴン」の防御力ダウンと重複可能。

上書き関係

上書き関係はバイオIII>ディアIII>バイオII>ディアII>バイオディア(ディアガ)

なお、コルセアライトショットおよびダークショット命中すると、1発ごとにディアおよびバイオランクが1つ上がるため上書き関係が変動する。
例えばディアがかかっている敵にライトショットを3回使用すると最大効果であるディアIV相当に、ディアIIIがかかっている敵にライトショットを1回使用するとディアIV相当となる*2

オートマトンディア

一部のマトンディア、およびバイオを習得する。
彼らはディアバイオの優先度が高いため開幕に唱えやすいが、ディアバイオの中でも優先度があり、それは習得レベルに依存する。そのためマニューバで制御されていない状態だとバイオIIを優先するためディアIIを他の後衛が満足に使えないことがある。

その回避手段などは記事バイオの「オートマトンバイオ」という見出しの中で解説しているため参照されたし。

また、オートマトンは意図的にディアIIをバイオIIより優先させる方法があるものの、マニューバの特性上、毎回ディアを最優先にさせることは難しく、長期的にはオーバーロードの繰り返しが余儀なくされる。
しかしBFなど開幕の一回のみが重要な場面では、マトン開幕ディアができるということは一定の価値があることを覚えておいてほしい。
現在、ディアを優先させる方法は「パーティメンバーケアルの条件を満たす者がいない(HPの減っているメンバーがいない)」&「ダークマニューバよりライトマニューバが多い」こと。

2. ステータス異常ディア

スリップダメージ防御力ダウンの効果を伴う。アイコンは眩しい光の玉のような何か。
イレース及びそれに類する効果でしか消去することができないため、モンスターに使われると果てしなく鬱陶しい。
特に、3国周辺で低レベルソロ時にこれを食らうと、このスリップダメージだけでいとも簡単に戦闘不能になってしまう事も少なくはない。

モンスター特殊技追加効果として発動するものの中には、20/3secのペースでHPが削られる凄まじい効果のものもあるため、イレースが使えない状況でこれらの特殊技を食らうと非常に辛い。ただ、そういった凄まじい削剥効果のディアは総じて効果時間が短い(長くても1分程度)ことが多い。

3. スクロールの入手経路

魔法エリア店舗名・座標NPC備考
ディアサンドリア港ルジヌ魔法用品店・J-8Regine約90G
バストゥーク商業区代筆屋のソロロ・H-5Sororo
ウィンダス港魔道具のクスス・H-8Kususu
ディアガサンドリア港ルジヌ魔法用品店・J-8Regineコンクェスト1位
自国民のみ
約1,200G
バストゥーク商業区代筆屋のソロロ・H-5Sororo
ウィンダス港魔道具のクスス・H-8Kususu
ディアIIウィンダス水の区連邦魔法店・南G-7Shohrun-Tuhrunコンクェスト2位以上
セルビナH-9Quelpia約11,000G

ディア魔法スクロール赤魔道士キャラクターを作成したときにもマイバッグに入っている。ただし、このスクロールEx属性を持っており、受け渡しはできない。

過去作においてのディア

歴代FFにおいてディア(系)が存在したのは1のみ。
ディア(レベル1)・アディア(レベル3)・ダディア(レベル5)・ガディア(レベル7)の4種が存在し、アンデッド系ダメージを与えるという効果を持った魔法であった。

II以降ではケアルにその効果が付与される事となり(味方にかけると回復だがアンデッドモンスターにかけるとダメージ)、ディアという魔法は存在意義を失った。

関連項目

ディアガ】【バイオ】【ディアワンド
*1
敵が使うものは180秒固定。
*2
→公式フォーラムより。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。