August(おーぐすと)
  1. NPCの一人。
  2. フェイスの一つ。

1.項 登場人物

August
アドゥリンにかつて存在していた人物。

王政時アドゥリンの初代国王。本名はオーグスト・P・アドゥリン(August P. Adoulin)だが、初代王と呼ばれることも多い。

初代というだけあって最初から王だったわけではなく、元々は未開の地で活躍する騎士であったようで、彼を中心に11の騎士らが集まり、大陸にはびこる脅威を振り払ったという伝承がある。

1つの大剣とそれを取り囲む11本の剣をあしらったアドゥリンの紋章は、初代王と彼を支えた騎士らを表している。

アドゥリン王家は天晶暦700年後期に十一の名家との協議の上、王政から都市同盟へと移行しており、この際にアドゥリン王家は名家の1つ「アドゥリン家」となった。
ただし、他の名家と違ってその血脈は脈々と受け継がれており、現代で神聖アドゥリン都市同盟の盟主を務めるYgnas S Adoulinもこの初代王オーグストの子孫である。

ミドルネームのPはサンドリアでは教皇(Papsque)に相当する聖名だが、こちらはアドゥリンキャラクターが持っているシナリオ設定のキーのようなものに基づいてつけられているもので、意味合いは異なる。
オーグスト・P・アドゥリン
初代燕騎士。通称は初代王
類い稀な戦闘能力とカリスマ性を持つ人物で、アドゥリンの地に数々の伝説を残した英雄。
彼の電光石火の行動力を喩え、素早い「燕」を冠した家系の始祖。

セレニア図書館の書物より)

逸話

  • 天晶暦以前に存在していた人物のようで、その頃から魔境と呼ばれるウルブカ大陸を開拓しようと試みていた。しかし、調べるごとに魔境が危険な場所だと理解し、魔境に足を踏み入れないように言い残して志半ばで他界している。



  • 時期は不明であるが、武器全種に精通するスキル以外に、バラモアの故郷から巨大な魔力を手に入れている*2。どのような経緯でその地と関わることになったのかは明かされておらず、アシェラは何百年もオーグストの姿が変わらないことと関係があるのではないかと想像している*3が、その真偽も不明である。

2.項 フェイス

2015年8月5日のバージョンアップで追加された。
シニスターレインで入手できる「盟-オーグスト」を、許可証に対応するフェイス担当NPCに渡すことでフェイスオーグスト」を習得できる。

2018年5月10日のバージョンアップで追加された、エミネンス・レコードクエスト3もっともっと絆パワーですわ!」の特別報酬として「盟-オーグスト」を入手できるようになった。

特徴

ジョブナイト戦士
戦闘タイプ
武器両手剣*4
アビリティ共通挑発センチネル
通常時デイブレイク
デイブレイクパリセード神聖の印
WS通常時タルタリックシギル(収縮/切断)
アラバスターバースト(湾曲/炸裂)
ヌルフィールド(核熱/貫通)
デイブレイクノーブルフレンジー(重力/切断)
ファルミナスフューリー(分解/切断)
ノークォーター(/湾曲)
魔法ケアルI~IV、リアクトフラッシュホーリーII
その他ビーストキラーリザードキラーヴァーミンキラープラントイドキラーアンデッドキラーテラー耐性ダブルアタック


使用武器属性見た目の武器備考
通常攻撃片手剣を叩きつけてから片手剣で斬りつける。
格闘拳と蹴りの連撃。
片手斧短剣二刀流でX時に斬りつけ真空波を飛ばす。
上に向かって放つと、光の矢が降り注ぐ。射程長い。
デイブレイク楽器魔法ダメージ+自身HPMP回復。光の翼を模ったエフェクトが発生、エフェクト中は被物理ダメージ50%カット。ノークォーター発動まで持続。
WS連携属性見た目の武器備考
タルタリックシギル収縮/切断両手剣大きく振りかぶって豪快に横斬り。
アラバスターバースト湾曲/炸裂両手斧両手鎌両手斧で右から左へ、両手鎌に持ち替えて左から右へなぎ払い。
ヌルフィールド核熱/貫通両手槍魔法ダメージジャンプで槍を突き刺し、再びジャンプ後に銃を連射する。
ノーブルフレンジー重力/切断両手刀片手刀二刀流で連撃、跳躍から両手刀で唐竹割り。
ファルミナスフューリー分解/切断片手棍両手棍片手棍で結界に閉じ込め、両手棍電撃を放つ。
ノークォーター/湾曲全種魔法ダメージ、使用後にエフェクト消失。

調整・変更

特殊台詞

外部リンク

→アドゥリンの紋章 (2013/02/06)公式サイト

関連項目

アドゥリンの魔境】【神聖アドゥリン都市同盟】【十二名家】【Ygnas S Adoulin】【アドゥリン家】【フェイス】【フェイス/一覧
Copyright (C) 2002-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。