シャンデュシニュ(しゃんでゅしにゅ/Chant du Cygne)
片手剣エンピリアンWS
3回攻撃TP:クリティカルヒット確率修正アルマス使用時:アフターマス発動。

連携属性/湾曲
倍率クリティカルヒット確率Hit修正項目
TP100020003000
2.25???×3DEX80%

Zの文字を描くように3回斬りつけ、最後には敵の上にZの文字が浮かび上がる。
エンピリアンウェポンアルマス」(Lv85~)か、バドレール(+1以上)、ブルネロ装備時、もしくはクエストクポフリートの秘術片手剣>」をクリアしていれば、Lv99の赤魔道士ナイト青魔道士で使用できる。

TP:クリティカルヒット確率修正、且つ修正項目DEXであり、クリティカルヒット確率はDEXに依存する事から、威力を増すための方向性が分かりやすいWSである。

アビセア内では、灰塵のアートマが非常に有効に活用できる。

歴史

アビセアエリアではクリティカルヒット確率修正WSが有効であり、相性の良いこのWSが活躍していた。

アドゥリンの魔境リリース以降、アルマスより強力な武器が多数登場したために使われる機会が減っていたが、クポフリートの秘術片手剣>の実装により、片手剣でさえあれば武器に縛られることなく使用できるようになった。

2014年6月17日のバージョンアップでは他のWS共々基本性能が調整され、修正項目DEX60%からDEX80%に引き上げられた。

2014年12月10日のバージョンアップで、従来初段のみに有効だったいくつかのボーナスが全段に適用されるようになった。

名称について

名称はフランス語で「白鳥の歌」を意味する。
白鳥が死ぬ間際に最も美しい声で歌うという言い伝えから、転じて最後の作品という意味も持つ。
モーションを見て、洋画の「マスク・オブ・ゾロ」内で「怪傑ゾロ」が剣でZを描くシーンを思い浮かべた人もいるのではないだろうか。

同様のエフェクトを持つ技として、スクウェア・エニックス社より発売されているSa・Gaシリーズ等に小剣系最強クラスの技として『ファイナルレター*1』という名で多数登場している。

関連項目

アルマス】【バドレール】【ブルネロ】【エンピリアンWS】【アフターマス
*1
アルファベットの最後の文字で「Z」のこと。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。