防御力アップ(ぼうぎょりょくあっぷ/Defence Boost)
良性のステータス変化の一つ。
防御力がアップした状態。

文字通り、防御力が上昇する。

防御力を上げることにより、被ダメージを低減することが可能になる、盾役にとっては重要なものでもあり、またアタッカーにとっては敵にされるとイヤな行為である。
防御力を上げる手段自体はプレイヤーサイドにも少なくないが、実際に「防御力アップ」と名の付くステータス変化を引き起こす手段は少ない。専ら敵サイドが使用してくるものが多い。

ステータス異常防御力ダウン」と同一枠であり、同一ランク上書き可能。
コクーン(クロウラー族:+100%)、シザーガード(クラブ族:+100%)、ウォーターウォール(プギル族:+100%)などが使われた場合はアシッドボルト等で上書きが可能である。ディスペルフィナーレが使えないレベルでは有効な解除手段となる。

防御力アップは低位のランク1が多いが、稀に後述するランクの高いものも存在するので注意されたい。
敵サイドが使ってくる防御力ダウンランク2以上であるため、トンベリ族胴斬りなどをランク1の青魔法コクーン上書きすることはできない。

ディフェンダープロテスはそれぞれ独立したステータス変化であるため、これらとの共存は可能である。

また、風水魔法インデバリア」「ジオバリア」のコルア内(効果範囲内)にいる時に付与される防御力アップは次の説明文になる。
風水魔法の効果により、防御力がアップしている状態。

こちらも独立したステータス変化のため、共存が可能である。

プレイヤーサイドが使える防御力アップ


敵が使用する防御力アップ行為(高ランク


関連項目

防御力】【防御力ダウン
*1
int((使用者のLv-1)/4+5)
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。