FINAL FANTASY XII(ふぁいなるふぁんたじーとぅえるぶ)
スクウェア・エニックスRPGの代表作ファイナルファンタジー、その12作目にあたる。2006年3月16日発売。
飛空艇で大空を駆け回る義賊・空賊に憧れる少年ヴァンは、帝国の執政官・ヴェインに一泡吹かせようと、王家の宝を盗みに城へと侵入する。そこから、ヴァンは2つの帝国を巡る数奇な運命に巻き込まれていく。

開発プロデューサーの松野泰己氏がFFXIのシステムを気に入っており、至る所でFFXIと酷似する箇所が存在する。その評価はFFXIオフラインとも呼ばれ*1FFXIユーザーから要望があったシステムや、アトルガンの秘宝実装予定のものまでふんだんに盛り込まれている。
戦闘システムもフィールド上に目に見える形で存在するモンスターを襲ったり襲われたりするシステムであり、従来のエンカウンター戦闘システムオフラインFFシリーズとは一線を画す*2FFXI同様、ノンアクティブな敵や魔法感知アクティブな敵も存在している。リンクトレインヘイトなども存在し、あろう事か某浮遊島の鉱山などでめくるめく骨骨ファンタジーまで再現されている始末。そのため、FFXIプレイヤーFFXII戦闘システムに素早くなじむことができているが、オフラインFFシリーズしかプレイしたことのないプレイヤーは手こずっているらしい。
魔法詠唱中に移動しても詠唱中断されない仕様であったり、コマンド選択時に「時間が止まる」ように設定できたり、操作していないパーティメンバーの行動を状況に応じて事細かに設定できる「ガンビット」という作戦システムもある*3と、FFXIプレイヤーにとってはかゆいところに手が届くシステムとなっている。
ネ実民には比較的高い評価を得られているが、それ以外の一般では、放置しているだけで戦うガンビット任せの戦闘システムがダルイ、退屈という評価が多いようだ。
ストーリー面に期待していたユーザーにとっては、プロデューサーの途中降板の影響などもあるのか打ち切りマンガのような後半の尻すぼみ感は否めず、評価の分かれる作品となっている。

オンライン疲れた方や引退してFFXIが恋しい方は、遊んでみるのもよいのではないだろうか。もっとも、シリーズ最新作ともなると多くのプレイヤーがイヴァリースに旅立ってしまい肝心のヴァナ・ディールの定常人口が減少する*4という弊害もあり、ブームが去るまでの間は多くの冒険者がこの問題に一喜一憂することとなる。

マンドラ!黄マンドラ!緑マンドラ!桃マンドラ!赤マンドラ!!
5匹揃って、マンドラ戦隊マンドラゴラ!!!!!!!!!!!!!キター!!!!

ちなみにこのマンドラ、当該項でも触れているように見た目もしぐさもそのまんまな「マンドラゴラ」が作中に登場する他、亜種も数種確認されている。

登場キャラクター


メインキャラクター
ヴァン主人公
パンネロヒロイン
バルフレア空賊
フラン兎耳空賊
アーシェ王女
バッシュ騎士

また、操作できるメインキャラクタ以外に操作不能だが戦闘を支援してくれる仲間ユニットが存在し、ゲストと呼ばれる。上記のアーシェ、バッシュも当初は「今は目的が同じだけど仲間じゃないから」としてゲスト参戦する。

ゲストキャラクター(一部)
ウォースラ騎士
ラモンハイポ王子*5
レダス空賊(元ジャッジ)

レヴァナント・ウィング

上記FF12の続編。
基本システムがリアルタイム戦略シミュレーションのような形式を採用。前作の主人公格および前作では戦闘に関わらなかった主人公の知り合いをリーダーとし、多彩な召喚獣を使役して浮遊大陸の謎に挑む(この世界観において召喚獣を操るのに召喚士である必要はない)。
何体もの召喚獣や人が入り乱れて戦うので、その戦闘中の絵は、まるでビシージを高みから見下ろしているよう。各キャラクターは主人公格をマスターとし召喚獣ペットとするような関係で構成されており、主人公格をリーダーとするパーティのように行動を共にし敵軍と対峙する。複数の召喚獣を同時に使役できるため、パーティのように編成を考えることができる。カーバンクルボムチョコボなどの低位召喚獣は単体だと心もとないが複数体呼び出せる。イフリートシヴァなど上位召喚獣は強力だが同時に複数存在できないというバランス調整が行われている。「ガンビット」についても大きく変更され、特定の技を自動で発動する許可を与えるものとなった。
前作では「尻すぼみ感が拭えない」ストーリーであったが、こちらではなかなかの評価を得ている様子。また、前作においてネタにされた一部のキャラクターをフィードバックしている節がある(ハイポ王子が戦うヴァン達のために大量のハイポーションを仕入れてきたが、召喚獣には意味がないことが判明)。

インターナショナル ゾディアックジョブシステム

海外版に新たな要素を追加した英語音声版。07/08/09発売。
オリジナル版のスタッフは既に別のプロジェクトで動いているためストーリーやモンスターの追加はなく、インターナショナル版のディレクターである伊藤裕之と海外版スタッフが、システム面の追加・調整を中心に開発している。

オリジナル版からの変更点のひとつとして、ライセンスボードをジョブ別に分けられた12種*6の中から選べるようになったという点がある。ただし一度決めてしまうと変更はできないため、FFXIのようにシチュエーションに応じてジョブを変えることができない。このためジョブ制限をかなり受けるような印象があるが、もののふなのにケアルガが使えるなどの救済処置が有る程度計られている。これはこれで謎な感もあるが、仕様上仕方が無かったのであろう。

外部リンク

*1
将来的なオンラインサービス終了後のXIオフライン化の実験台ではないかという穿った見方もある。
*2
ADB=アクティブディメンションバトルと称している。
*3
ようはフェローのようなオート操作のキャラへの作戦指示を、「自分のHPが20%割ったら」「炎属性弱点の敵なら」など100近いシチュエーションとそれに対しての「ケアルを詠唱」「ファイアを使用」といったリアクションをそれぞれ組み合わせ、最大12通りの行動を自動的に行うようにあらかじめ指示できるのである。FFXI、XIIをともにプレイしている人は「フェローガンビットがほしい!」と口々につぶやいている。
*4
XIIに限らずメジャータイトル発売後は大抵この問題に直面する。
*5
プレイヤーアイテム所持数と無関係にポーションアイテムを無限に使用する。但し終盤は使用数が制限されることがある。インターナショナル版では、残念ながら無限使用はなくなり、プレイヤーの所持アイテムから消費するようになった。
*6
白魔道士、ウーラン、機工士、赤魔戦士ナイトモンク、時空魔戦士、ブレイカー、弓使い、黒魔道士、もののふ、シカリ(シーフのようなもの)。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。