怨念洞(おんねんどう/Den of Rancor)
高地エルシモリージョンに属するダンジョンエリアの一つ。
ジラートエリアの一つである。エリア略称はRancorDen。
トンベリによってウガレピ寺院の地下に掘られた洞窟。
彼らがここを掘る際、呪詛の言葉を唱えながら、つるはしを振るったため、洞内の壁面には怨念が染み込んでいると云われている。
毎夜、ここでは人間に対する復讐を誓う、トンベリの決起集会が開かれており、全員が自らを傷つけて祭壇に血をかけ、怨みを新たにしている。

→公式サイト「その、美しき世界~高地エルシモ地方」より

1403/DenOfRancor_Area1.jpg 1403/DenOfRancor_Area2.jpg 1403/DenOfRancor_Area3.jpg

エリア解説

怨念洞は、ヨアトル大森林北東の入り口から入る領域と、ウガレピ寺院から入る領域という2つの領域がそれぞれ独立している。寺院側に入るにはTemple Guardianの打倒と絵画の部屋の仕掛けを開ける魂の絵筆の所有が必要になる。

他の獣人拠点同様、獣人王に会うためにはエリア特有の仕掛けをクリアせねばならない。具体的には消えたランタンの入手と、怨みの炎+蒼き怨みの炎+紅き怨みの炎の点灯が必要となる。

洞というだけあり、全体的に暗い洞窟の構成になっているが、所々寺院に関する建造物があり、その周囲のみ明るく灯が点されている。

ヨアトル側

こちらは、レベル67~70程度のパーティレベル上げに利用することがある。ただし、いいキャンプ地が入り口以外に少ない上に、許容パーティ数はかなり少なめであり、事前にサーチすることが望ましい。

寺院側

こちらは主に、生贄の間または海流の回廊までへの通路として利用される。特に生贄の間に行くにはランタンの仕掛けを突破する必要があるのだが、レベル75でも絡まれるモンスターが多数いるので何かと困難がつきまとう。基本的に生贄の間へ入るには、4人必要なのだが移動速度が上がった現在では、ソロで全部点灯させることが可能となっている。また王の間も可能で以下のやり方を行えばソロで入出できるようになる。

  1. 消えたランタンを入手して怨みの炎に変える。
  2. 再び消えたランタンを入手して紅き怨みの炎に変える。
  3. 三度消えたランタンを入手して蒼き怨みの炎に変える。
  4. 一つ目の怨みの炎を点灯させたら、消えたランタンに戻るので急いで怨みの炎に変え二つ目を点灯させる。
  5. 落とし戸が上がるので中に入ったあとは、消えたランタンを捨てる。
  6. 次の落とし戸に着いたら紅か蒼どちらかの炎を点灯させる。
  7. 消えたランタンに変化するのでそれを捨てたら、もう片方の炎を点灯させ中に入る。

オプチカルハットドロップするヘクトアイズ族ノートリアスモンスターHakutaku」のいるエリアでもある。また最奥にはトンベリの王・Tonberry Pontifexら最高位のトンベリが徘徊するボスエリアがあり、他にもトンベリノートリアスモンスターも多数出現する。

また両手鎌EVWSクエスト囚われの魂たち」では、ここでヘクトアイズ族NM「Mokumokuren」を倒す必要がある。周囲を徘徊するサソリ族スライム族も強敵であるため、慎重に戦うことをお勧めする。

ノートリアスモンスター

名称戦利品
Bistre-hearted Malberryスキールニルワンド
Carmine-tailed Janberryアスクレピオス
Celeste-eyed Tozberry啄木鳥
Friar Rushボムの魂
Hakutakuオプチカルハット
Mokumokuren両手鎌WSクエスト囚われの魂たち
Ogama天邪鬼
Sozu Bliberryトンベリのまな板
Tawny-fingered Mugberryウガレピネックレス
Tonberry Decapitator不動
Tonberry Tracker盗賊の篭手
Tonberry PontifexウォータIV・フラッド

釣り

このエリアでは釣りをすることができる。ヨアトル側には全エリアで唯一ゼブライールを釣ることができる地底湖がある。

寺院側にある水辺には、リュウグウノツカイがいる。しかし訪れるだけでもたいへんな労力を必要とするうえ、機船でいくらでも釣れるのでここに来る意義は薄い。

地図

このエリア地図は、Treasure Coffer から入手できる。ヨアトルから直接入った側に湧けば容易に入手できるが、絵筆扉側に沸いた場合は箱開けにかなりのリスクが付きまとう。

マップには番号がつけられており、メニューの「マップ」>「他のエリア」で確認できる。マップの内訳は以下のようになっている。

隣接するエリア


関連項目

トンベリ】【消えたランタン
Copyright (C) 2002-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。