居候妖精(いそうろうようせい/Steamed Sprouts)
  1. バルガの舞台Burning Circleスターオーブを投げ込む事で挑戦可能なBFNM戦の一つ。
  2. バルガの舞台Burning Circleプラネットオーブを投げ込む事で挑戦可能なBFNM戦。1の上位版であり、ゲーム内での名称は「★居候妖精」。

居候妖精スターオーブ

過去においてはリフレシュアイススパイクファランクスイレースが、今日では空蝉の術:弐が目玉商品として出土する。正攻法で立ち向かった場合の難易度は初期BFだけあって非常に高く、専ら獣使い用のBFとしての認識が強い。もっとも、ドロップアイテムがほとんど同じで、しかも魅了耐性のないウサギBFNM地獄の尻尾)に大半の獣パーティは流れている。

特徴

Lv40制限人数制限は6人、30分制限。

敵はマンドラゴラ8匹で、ボス1雑魚7の構成。ボスはいわゆる黒マンドラの姿をしているDvorovoi、雑魚は通常の姿のDomovoi。初期配置はDvorovoiを中心に左右に各3匹、後方に1匹のフォーメーションを取っており、どれか1匹に敵対行動を仕掛けるか聴覚感知範囲内に入ればもれなく全員が一斉に動き出す。

ボスDvorovoiは通常のマンドラゴラの性質に加えパライガブライガフラッドといった厄介な魔法を多用してくる。

攻略

正攻法でガチる場合

正攻法の場合はとにかく構成を厳選する必要がある。

まず、敵が格闘タイプのマンドラゴラであるため空蝉の術ブリンクの消費速度が早く、メイン盾に忍者を据える場合盾1の構成では苦戦するだろう。しかしフラッドの直撃を受けるとガルカナイトでも即死の可能性が高く、ナ盾であったとしても安心はできない。

また、主に非戦闘対象を眠らせながら戦うため、黒魔道士吟遊詩人の存在は必須であり、戦闘中は眠らせ役の死守が最大の課題となるだろう。レベル制限の都合上、彼等の取れる自己防衛手段はブリンクケアルII止まり。敵は数が多い上に手数も多いため、一斉に殴り掛かられた日には為す術もなく沈んでしまう。前衛陣は特に非戦闘対象の動向に気を配るべきである。

ここで意外と役に立つのが赤魔道士で、ファランクスが有れば雑魚1匹とタイマンを張ることも可能。サポートジョブによっては挑発などで2~3匹を起きたままキープできるのも利点だ。タイマンが必須と言う事ではないが、眠らせ役に向かう敵の数を少しでも減らした上でボスを早期撃破することが重要となるため、こういった手段も選択肢の一つとなりうる。

マンドラゴラ突属性攻撃に弱いため、両手槍を得意武器とする竜騎士が人一倍活躍する場面を見ることもできる。

連戦しない前提であれば、開戦直後にナイトインビンシブルを使って相手を引き付けている間にモンク百烈拳でDvorovoiを魔法詠唱の隙すら与えず打ち倒すという速戦型の戦法をとる事で、勝利をほぼ確実なものに出来るだろう。

獣使いパーティの場合

パーティ獣使いが一人以上いると難易度自体は大きく下がる。ボスの足留めを、数多く存在する敵マンドラゴラの1匹(以上)に任せる事ができるからだ。

この場合注意する点は、ボスの範囲魔法に味方を巻き込まないようにする事、ボスの相手をしているマンドラゴラが沈んだ時の次弾装填を迅速に行う事、マンドラゴラ自体に魅了耐性が備わっているため失敗を視野に入れて行動する必要がある事だ。

雑魚とはいえレベルが40(おなつよ)~42(つよ)とまちまちなため、つよを引くと魅了時間の短縮もあり得る。

理想は獣使いを4~5人入れ、回復役と眠らせ補助役を交ぜて同士討ちのみで決着を付けさせる事だが、半獣パーティとして2~3人入れるだけでも正攻法よりは楽にクリアできるだろう。

戦利品


その他、素材等が入手できる。

★居候妖精プラネットオーブ

特徴

Lv制限無し人数制限は6人、30分制限。

攻略

戦利品


出典

Domovoi(ドモヴォーイ)はロシアのスラブ地方の妖精。家の守護霊。絹のような白い毛を生やした男の姿をしてる。姿を見せないが声が聞こえることがあり、優しい声だと家が平和だが、すすり泣きや悲しい声は不幸の前兆という。BF名の居候妖精はこの妖精の生態に由来しているのだろう。

Dvorovoi (ドヴォロヴォーイ)はドモヴォーイに似ているが、やや粗暴で、人間と恋に落ちたり、八つ当たりして暴れたりする。名は「庭の精」を意味する。

BFの英名を直訳すると「蒸された芽」になるが、steamedには「怒りに刺激された」という意味もあるので、この場合は「怒れる芽」という訳が近いかもしれない。いずれにせよ日本語名とはだいぶ意味が異なるが。

関連項目

スターオーブ】【プラネットオーブ】【上位バトルフィールド
*1
マンドラ庭師」といった意味。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。