ヘッドバット(へっどばっと/Head Butt)
  1. クゥダフが使用する特殊技
  2. 青魔法の一つ。
  3. マンドラゴラが使用する特殊技
  4. アダマンタスが使用する特殊技

クゥダフ特殊技

ノックバック効果のついた単発物理攻撃。構えから発動までの間が長いため、ちょっと後方に走れば避けることが可能。2006年4月18日のバージョンアップから、「追加効果:スタン」が追加された。

マンドラゴラ特殊技

避けることの難しい単発物理攻撃

上述の特殊技と同名であるが、マンドラゴラから青魔法の「ヘッドバット」をラーニングすることはできない。
折しもサルタバルタ地方には花粉種まきコクーンなど低レベルから使える便利な青魔法(の元)を使用するモンスターが多く、意外とこの罠に嵌まった青魔道士は多いようである。

アダマンタス特殊技

単体物理攻撃
追加効果で「命中率ダウン」が発生する。

空蝉の術回避可能であるため、ブレス系が来るよりははるかにマシな特殊技である。
無論、これもラーニング不能である。

青魔法

クゥダフよりラーニング可能。
Lv12 BP3 MP12 詠唱時間0.5秒 再詠唱時間10秒
系統:物理-近接 (衝撃) 属性: 追加特性:なし
TP:ダメージ修正追加効果:スタン

ステータスボーナス:DEX+2

TP015003000HitMaxD値修正項目
1.752.1252.25×117STR20% INT20%

およそレベル22の青魔法スキルD値キャップとなる。

非常に低レベルからスタン効果を発生させられる技。これだけでも利用価値があるが、さらに特筆すべきは再詠唱時間の短さと消費MPの少なさ。10秒毎に連発するだけでもかなり敵の行動を制限することができ、青魔道士の中でも一二を争うほど重要な魔法の一つ。レベルが上がるにつれて強力な物理系青魔法を多数覚えるためそちらに目が移りがちだが、中~高レベル帯においても有用な青魔法であり、習得後、あらゆるレベル帯において最優先で青魔法セットに組み入れられていると言っても決して過言ではない。

ヘイストによってリキャストを縮められるのはこの魔法も例外ではなく、ヘイスト装備魔法等を使う事により、さらに連射可能になる。エレジースロウなどを併用しリキャスト毎にこの技を連発すると、一般的に盾役と呼ばれるジョブは必要なくなるほど敵の攻撃回数が低下する*1

装備与TP手数/PC数、そしてPCスキル、プレイ環境(パソコンの性能やネット回線など)に大きく左右されるという条件付きではあるが、ソウルフレアや雑魚チャリオットWSが1発も飛んでこない、という事すら可能になってくる。魔法命中率ブーストすればそれなりの確率で四神などの一部のHNMにもスタンは入る。かといって、自身を過信しすぎたり、全ての青魔道士が100%封殺できると思い込むのは注意が必要だ*2
また当魔法スタンは、物理攻撃に付随する追加効果の扱いなのでアーリマンマジックポットの使用する魔法バリア貫通する。これらのモンスター魔法を詠唱してくるのだが、その際に魔法バリアだとスタンサイレス、ララバッシュなどが全く効かない。こういった時にもスタンを与えられる手段として貴重な魔法でもある。もちろん、雷属性耐性青魔法スキル及び魔法命中率累積魔法耐性等によってこのスタン命中率が変動する。サポ青で使用してもスタンが発動しないと言った事例はこのために起こるのである。

何より重要なのは、スタンの前提となるヘッドバット命中物理系青魔法の例に漏れず使用者のメインウェポン命中に依存しており、テンポラルシフト黒魔法スタンとは異なり魔法命中率以上に物理命中率が必要とされることである。
相手の回避が高い場合に限らず、スシを食おうが命中装備で身を固めようが、物理攻撃の判定そのものがミスとなる可能性を完全に排除することは出来ないため、安定したヘッドバット運用にはまず物理命中を十分に確保した上で、追加効果スタンが目立ってレジられるようであれば魔法命中率ブーストを考えることになる*3

以上、物理魔法の両方の垣根を潜らなければ効果を発揮しないことからも緊急時におけるバッシュ用途としてはあまり盲信せず、確実性が必要な場面ならばテンポラルシフト黒魔法スタン」等とうまく併用するのが賢い使い方だろう。

また戦闘状況によりけりになるが、アビセアエリアにおけるNM戦では該当する曜日周辺において、一部の青魔法が黄色弱点を発生させる事が可能であり、型紙五行素材を目的としたNMツアーの際には青魔道士を募集することも多い*4
そこには、基本的にオートアタックの届く範囲内で殴ることが多いという点や、同じく黄色弱点を狙って行動する黒魔道士精霊魔法詠唱で手が空いていない事態が頻繁に発生することもあって、目の前で敵の特殊技の構えや魔法詠唱を見、即座にスタン魔法を発動させやすい青魔道士スタン役として重宝されるという事情もあるだろう。

もちろん即死級の特殊技ガ系魔法スタンさせる分には問題はないが、アビセアNMは一部にスタン完全耐性を持つものや、そうでなくとも多くが累積耐性を備えており、特殊技ガ系魔法でもないのにリキャスト毎に連発しているとあっという間に耐性がついてしまい、止めることができなくなるため注意が必要である。


のちのLv95キャップの解放と共に、物理系青魔法スタンIIとも言うべきサドンランジが新たにラーニング可能となった。
ヘッドバットと比べ必要BP消費MP共に増加しているものの、大幅に長いスタン時間を誇る新魔法の登場により一時はヘッドバットの存在意義が危ぶまれたが、一説によればサドンランジスタン魔法命中ヘッドバットよりやや低いとも言われていることや、両者を同時にセット・運用することによるスタン性能の強化の方が重視されており、現状BPの都合や敵との兼ね合い*5によって住み分けがなされている模様。

ラーニング

解禁レベルがLv12と低く、またその性能ゆえに多くの青魔道士は解禁と共に当魔法の習得を目指すこととなる。

Lv的に見ても、ソログスタベルグクゥダフを狩ってレベル上げをする頃合になっており、習得は容易。

ラーニングを試みる場合、戦士タイプのクゥダフを狙うようにすると、白魔道士黒魔道士タイプのものより頑丈でTPが溜まりやすく、また魔法詠唱で特殊技を使わない状況が起きないため、よりヘッドバットとの遭遇率を上げることが出来るだろう。

関連項目

クゥダフ族】【物理系青魔法】【単発青魔法】【スタン】【サドンランジ
*1
レベルが低い相手ならば、手も足もでないような状況になってしまう事すらある。
*2
特に昨今はスタンに対する累積耐性が設定されているNMHNMも多く、行動を封殺できるからと戦闘序盤から無闇やたら連発していると、あっという間に耐性がついてスタン自体が効かなくなり、致死級の特殊技範囲魔法等を止めることが不可能となる。勿論、相手のHPが残り僅かで累積耐性もそれほど蓄積していないのであれば、安全に追い込むために連発するのは戦術として正しい。
*3
ただしヘッドバットスタン発生率は比較的高く、青魔法スキルキャップであれば耐性を持つ相手以外には基本的に通ると考えて良い。魔法命中率ブーストを意識するのは、ある程度格上の相手に使用する場合となる。
*4
大半の青魔法メイン青魔道士でないと詠唱できない為。
*5
アビセアNMの場合、スタン中は弱点を付くことが出来ない仕様となっており、スタン時間の長いサドンランジはかえって弱点探しを遅滞させるといったデメリットが発生する等。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。