ミスラ(みすら/Mithra)
ヴァナ・ディールに生きる人間のうちの一種族
タルタルと共にウィンダスに住まう、女ハンターハンターならではの敏感な聴力を象徴するような耳と、バランス感覚を一層確かなものにする長い尻尾が特徴。いたずらっぽい表情が好奇心の旺盛さを表している。

ウィンダスでは、タルタル族と友好的な関係にあり、互いの種族が持つそれぞれの能力を生かし、協力し、ウィンダスをより一層豊かな国にしている。
公式サイト「選べる5つの種族」より引用)

種族特性

ヒュームに近い平均的なパラメータ分布を持つ。HPMPヒュームと変わらないもののDEXが3ランクAGIが2ランク高く、STRVITMNDは1ランクCHRは2ランク低い。
STRの低さは高いDEXによって命中率クリティカル率といった形で補え、VITの低さも同様にAGIによって回避が高いと考えれば、ヒュームとならんで汎用性の高いステータスを持つといえる。加えて、DEXAGIの高さを活かせる狩人コルセア、特にダメージを決定付ける要素ともなるシーフには抜群の適性を持つ。

その他ミスラだけがもつ特徴として、魚を生食できるというものがある。大型の魚は食べる事ができないことから、魚を丸呑みしているのではないかといった疑惑もあるようだ。
余談だが「猫は魚が好き」というイメージは、日本独自のものである。これは近代までの日本が牛馬などの家畜を食する習慣があまりなく、動物性蛋白源を魚介に求めていたことで、肉食である猫が人間から魚介を主にエサとして与えられたことに起因している。そこに暮らす人間による影響が強い為である。インドではカレー、イタリアではパスタを食べる猫までいる。

文化

タルタルと共にウィンダス連邦の主要構成民族であるが、ウィンダス建国以来という訳ではなくクリスタル戦争の功績により定住と自治を認められたもので、割と最近の話である。
ミスラ本国ガ・ナボ大王国ウィンダスには古くからの交流があり、自治が認められる以前から多くのミスラが出入りしており、後には海賊ミスラ海兵隊として正規軍に組み入れられている。

ガ・ナボ大王国エルシモ島のさらに南にあるオルジリア大陸に存在するらしいが、ゲーム中には登場しないため統治形態などの詳細は不明。女王がいる事が、あるNPCのセリフで判明している。
本国とは言うものの、元々部族単位での生活が主らしく特別な郷愁がある訳では無いようだ。
ミスラ達は自分たちの住む土地を大切にする種族であるため、種族間の繋がりよりも自分たちの住む土地の方が重要であると考えているからかもしれない。ウィンダス在住のミスラNPCの台詞には「二度と故郷には戻れない」というものがあるが、これは住まう土地を変えることは部族の長を変えることであり、そして元の部族の長に戻ることはできないからである。

また、ミスラ族の子供は、物心つく前に生母から引き離され里親となる別の女性に引き取られ、遠地で育てられるので、自分の生まれた地や両親の顔すら覚えていない場合も多い(これは「強靭な精神を宿す戦士を育てるため」ということかららしい)。
その一方で、ミスラの掟に反した者は、本国から派遣される罪狩りのミスラによって裁かれるあたり、遠く離れた場所で生活しているとしても、本国とは丸っきり無縁・無関係でもないようだ。
カザムにもミスラの集落があり、ペリィ・ヴァシャイの率いる一族もカザムから新天地を求めて旅立ったものらしい。
ウィンダスで暮らす者達は、狩猟や漁労に就くものが多い他、傭兵として闘う者もいる。ウィンダス森の区ダルメル牧場ミスラ獣使いによって作られたというエピソードも存在する。

カーディアンと共に白兵戦の主力となる(ミスラ傭兵団)ほか、星の神子守護戦士ミスラが務める。一方、強力な魔力を有する戦闘魔導団にはミスラはいない。永らくお互いの不足を補い合うような関係が続いていたが、最近ウィンダスの誇る耳の院のハイクラスに初めて合格したミスラがおり、話題となっている。

宗教はいわゆるアニミズムやシャーマニズムといったものに類するもので、彼女たちの生活や考え方の基本として深く根付いている。このためサンドリアから布教のためにカザムを訪れた修道士も苦労していることが、クエスト若きロテノーの悩み」から伺える。

命名規則

部族の繋がりを大事にする設定のためか、全てのミスラNPCは名・氏の一続きでキャラクター名が表示される。エルヴァーンにもフルネームで表示されるNPCはいるが、種族全体がこの形なのはミスラのみである。

また、狩りの際にお互いを呼び合うとき、長い名前だと不都合を生じるということから、名は概ね2音節以内で構成される。

容姿

男性は極端に数が少なく、ガ・ナボ大王国からほとんど出ないという設定のため、キャラクターとして選択できるのもNPCとして登場するのもながらく女性のみであったが、2008年3月に「アルタナの神兵」のあるクエストNPCとしてミスラの男性が登場した。ちなみに耳と尻尾はちゃんとある。

女性はネコ科の動物が持つそれと似た、長くてしなやかに動く尻尾を持ち、とがった形の耳を頭頂部付近に持つことが大きな特徴である。体格は小さめで、ヒューム♀より華奢に見える。顔にはフェイス・ペイントのような模様を持つフェイスタイプが多く、カザムの集落や初期装備などのディテールにもネイティブアメリカンをイメージさせる意匠がみられる。
モーションに関しては体育会系を連想させるものが多く、走れば脇を大きく開いて腕を振るなど、エルヴァーン♀やヒューム♀とは一線を画するものが多い。/sitに関しては修正が入る前までヒューム♂と同じであった。
オートアタックによる戦闘モーションにおいては、片手刀メインに一振りだけ装備した際にくるりと身をひるがえして敵を突くパターンがあり、身のこなしの軽さを演出しているようである。
耳としっぽの動きにも力が入っており、戦闘時には左耳がぴくぴく動いたり、感情表現でしっぽが感情に合わせた動きをするなど芸が細かい。男性陣には落ち込むなどで耳がたれるモーションが意外と好評である。また、両手剣を構えるモーションは野球のバットの構えにも見える。
2007年8月28日のバージョンアップによりミスラガルカヒーリング時に目をつむるようになった。あまりに小さな変更点であるが、目を見開いたままヒーリングする姿に、些か違和感を感じたプレイヤーもいたようだ。

しっぽがあるためか、装備品のデザインが他のキャラと多少変わる。
全体として、お尻側はしっぽを出すスペースが開き、デザインを合わせるためか鎧の前垂が無く左右につく。
ガンビスン系胴装備では右腰側の布が大胆にカットされたデザインになり、ダブレット胴装備では、他種族では背中側に配置されるポシェットが、おなか側に配置される。
また下着姿や種族装備をはじめ、トラウザ系等の一部脚装備がショーツ状に変化する、和装系の胴装備の裾が短い、オパーラインドレスミスラのみノースリーブになる等、他種族の女性に増して肌の露出が多くなる傾向にあり、その健康的なお色気は多くの層にミスラが愛されている理由のひとつとなっている。
ちなみに兜等も耳を感じさせる僅かながらも突起のあるデザインとなっている。

獣顔、野性味、猫耳のため、特定の人に選ばれる傾向が強いようだ。

なお、歳をとっても外見に変化が出にくい特徴もある。

身長については電撃の旅団が測定を行い、「Mサイズのヒューム男性」の身長を170cmと仮定した場合以下のようにとなる、との結果を発表している。
 Lサイズは 155cm
 Mサイズは 142cm
 Sサイズは 139cm


著名なミスラNPC

サンドリア

Hae Jakhyaクエストある愛のうた」関連NPC
Hanaa Punaaクエスト身だしなみ」他関連NPC
Kuu Mohzolhiクエストお庭にお花さんを植えたいにゃ」関連NPC
Shomo Pochachiloクエスト父と子」関連NPC
Tek Lengyon革工ギルドスタッフ

バストゥーク

Nbu Lattehクエストママは冒険者?」「ママの大仕事」関連NPC
Roh Latteh
Valah Molkotクエストセンスを磨くのにゃ」関連NPC
Dhen Tevryukoh高地エルシモ特産品販売NPC
Zoby Quhyo低地エルシモ特産品販売NPC
Fo Mocorho天気予報NPC
Styi Palneh称号変更NPC
Mih Kettoウィンダス大使館スタッフ


ウィンダス

Gioh Ajihriクエスト双子石の絆」関連NPC
Hae Jakkyaウィンダス森の区競売所
Illu Bohjaaクエストクロウラーを狩る者」関連NPC
Kuoh Rhel森の区チョコボ厩舎スタッフ
Nanaa Mihgo泥棒ミスラ
Ojha Rhawashクエスト一輪のお花さんがほしいにゃ」関連NPC
Perih Vashaiウィンダスの族長
Rakoh Buumaウィンダス森の区ガード隊長
Semih Lafihnaウィンダス守護戦士リーダー
Tapoh Lihzehクエスト売れ筋商品」関連NPC
Koko Lihzehクエスト天かける雲のごとく」関連NPCミスラ初のハイクラス合格者
Yow Rabntah光の弓製作者
Kocco Ehllek過去世界クエストコッコちゃんと碧い石」関連NPC
Romaa Mihgo過去世界水晶大戦時のコブラ傭兵団
Haja Zhwan過去世界水晶大戦時の山猫義勇団


ジュノ

Bki Tbujhja詩人酒場NPC詩人AF関連)
Ghebi Damomohe天晶堂店員
Yin Pocanakhu天晶堂スタッフ
Luto Mewrilahフェローシップクエスト関連NPC
Zona Shodhunクエストキレイな石ころりんなのにゃ」関連NPC
Dabih Jajaliohダビィの露店の店員

辺境カザムラバオノーグ他)

カザム
Jakoh Wahcondaloカザムの族長
Romaa Mihgoカザム前族長
Ryuh Kowaカザム武器屋店員
Toji MumosulahM&Pマートカザム支店の店員

ラバオ
Maryoh ComyujahZMミスラとクリスタル」関連NPC
Ashu Bolkhomoラバオ魔法の地図販売NPC
Pakhi Churhebi宅配スタッフNPC
Rahi Fohlattiクエスト風の試練』関連NPC
Shupah Mujuuk称号変更NPC

ノーグ

その他

Fyi Chalmwohマウラ彫金ギルドマネキン担当
Nokkhi Jinjahl木の葉落としのノッキ矢弾まとめNPC
Shikaree X罪狩りのミスラ
Shikaree Y
Shikaree Z



アルザビナシュモ他(アトルガンエリア

Ahkk Jharchamクエストはやくメモメモにゃ!」関連NPC
Mihli Aliapohアトルガン皇国五蛇将
Naja Salaheemアトルガン傭兵会社社長
Tehf Kimasnahyaクエスト恋のレシピ』関連NPC
Ekhu Pesshyadha
Fhe Maksojhaクエスト空知らぬ雨」関連NPC
Nadee Periyahaナシュモにいう、よへーい
Nadeeha

FFとは関係ない「ミスラ

ゾロアスター教(ペルシャ神話)の大天使で、太陽崇拝の象徴。
ミスラはその起源をヴェーダ神話のミトラに持ち、ヴァルナ神とともにアーディティア(光明)神群の主神とされていた。ミトラ=ヴァルナ双神は天空神であり、ミトラが昼を、ヴァルナが夜を支配したと考えられている。
ミスラは古くは牧畜と戦争、そして善悪を監視する司法の神である。だが、時代が下るにつれて牧畜と戦争の性質は影を潜め、司法神としての性質が強くなっている。その結果ミトラ教として、ゾロアスター教から独立して信仰されるほどであった。
ミスラは仏教においてはマイトレーヤすなわち弥勒菩薩に相当し、ユダヤ教においてはメタトロンに相当すると言われている。
ちなみにミスラの誕生日は冬至の12/25、ミスラ神の太陽崇拝とキリスト崇拝を結び付けるために、3世紀頃キリストの誕生日は12/25とされた。

関連項目

タルタル】【ヒューム】【エルヴァーン】【ガルカ】【嫉妬
ガ・ナボ大王国】【オルジリア大陸
罪狩りのミスラ】【】【ミスラの尻尾】【カザム】【ミスラ♂】【にゃ】【子ミスラ
ネカマ】【そんなことよりミスラと
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。