ファンタジー(ふぁんたじー)
ヴァナで用いられる場合には、通常、「一辺倒にそればかりするさま、あるいは、せざるを得ないさま」という意味で使われることが多い。ネ実などでFF11を語る際に使われる。

語源は勿論ファイナルファンタジーで、初出は有名な「骨骨ファンタジー」か。当初は否定的な意味合いで使用されていたが、最近ではマンセー的な意味合いで使用されることもある。

1) レベリングにおいて特定の種類の敵ばかりを相手にしなければならない様子。2002年後半からジラート以前に多くのプレイヤーがたどった道。


2) 特定のジョブを育成する際にその敵を狩れば異常に高効率でレベル上げができる、待ち望んだレベル帯。(゚д゚)ウマーな意味合いが強い。


3) ミッションなどの戦闘などでその要素(アビリティなど)が必須な様。





4) その他

本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。