自主訓練/オリジナルエリア(じしゅくんれん/おりじなるえりあ)
攻略のヒントはユーザー皆様の実体験で構成されています。
誤りがある場合は皆様で修正し、使える情報に仕立て上げて頂きますようお願い申し上げます。

ジラートエリア自主訓練詳細は【自主訓練/ジラートエリア】を参照。

フィールド・オブ・ヴァラー

西ロンフォール(ロンフォールリージョン)

Field Manualの位置:南・北サンドリア両出口の中間付近(I-6)、アウトポスト前(G-9)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1ワーム族×61~6西ロンフォール27027
2Forest Hare×62~6西ロンフォール28528
3Scarab Beetle×5,Forest Funguar×14~7西ロンフォール30030
4オーク族×4,Scarab Beetle×24~8西ロンフォール31531
5Wild Sheep×6,ゴブリン族×14~8西ロンフォール33033

  • 攻略のヒント
    • ワーム族エリア全域に生息し、レベルの幅も広いためレベル14でも挑戦する事が可能。
    • Forest Hareは生息数が多く広域に生息するため、戦闘時間が最も短くて済む(事が多い)。
    • Scarab Beetleは生息数が少なく分布が広いため、ライバル次第では全く遭遇出来ない事も多い。
    • Scarab Beetleを攻撃したつもりが、NMの「Fungus Beetle」だったというケースも想定されるので注意。
    • オーク族ゲルスバ方面及びボストーニュ監獄からの出口(一方通行)近辺のレベルが比較的高い。
    • ページ5はLv17でも利用できる。Wild Sheepはアウトポストから石碑付近(G-9~J-11)に数多く生息しており、ゴブリン石碑の東にある焚き火近辺のレベルが最も高い。(Wild Sheepは南下すればするほどレベルが上がる)

東ロンフォール(ロンフォールリージョン)

Field Manualの位置:南サンドリアより出て右手(G-6)、西ロンフォールエリアチェンジ付近のSignpostそば(H-9)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1プギル族×61~5東ロンフォール27027
2Carrion Worm×62~5東ロンフォール28528
3Forest Hare×72~6東ロンフォール30030
4オーク族×4,Forest Funguar×23~6東ロンフォール31531
5Wild Sheep×4,Scarab Beetle×24~8東ロンフォール33033

  • 攻略のヒント
    • プギル族は川を中心に生息しているため、川を基点に探索すると良い。
    • 楽狩りで最も手軽なのは、生息区域が広く生息数が多いForest Hareである。Lv12頃までこれを続けるだけでも効率は悪くない。南サンドリア入口より1マス南の区域、特に過去に拠点があった周辺に多く分布している。
    • ページ5のWild Sheepは、J-7~I-8に密集している。

南グスタベルグ(グスタベルグリージョン)

Field Manualの位置:バストゥーク鉱山区より出て右手(K-8)、中央にある丘(Vomp Hill)の西側登り口(H-9)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1蜂族×61~6南グスタベルグ27027
2Stone Eater×72~5南グスタベルグ28528
3Vulture×3,Walking Sapling×33~6南グスタベルグ30030
4ゴブリン族×73~6南グスタベルグ31531
5Rock Lizard×5,クラブ族×24~8南グスタベルグ33033

  • 攻略のヒント
    • Field Manual鉱山区出入り口)周辺の蜂族Lv1から見て殆どが丁度
    • Field Manual(H-9。丘への上り口付近)周辺にはクゥダフ族等が徘徊しているので、本を読む際には周囲に注意が必要。
    • Stone EaterはH-7からL-10と広域に幅広く生息。西に行けば行くほどレベルが高くなる。
    • ゴブリン族鉱山区出入り口から灯台に向かって移動すると徘徊している。K-9の山頂にも4匹生息しているが、地上に比べてレベルが1~3高いうえ密集しているため、釣りがやや困難。(夜には骸骨も出現する)
    • ページ5はクラブ族の生息地域までが遠いうえ、途中にアクティブクゥダフ族も生息しているため、移動に慣れていないうちは無理をしないほうがいいだろう。
    • ページ5はクラブ族のため、トリガーNMBubbly Bernie(レベル9~10)を狩ることで、クリア可能。(通常のクラブ族よりField Manualに近い。)

北グスタベルグ(グスタベルグリージョン)

Field Manualの位置:バストゥーク港より出て左手(L-8)、丘への登り口(I-6)、アウトポスト右脇(D-10)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1ワーム族×61~6北グスタベルグ27027
2Maneating Hornet×63~6北グスタベルグ28528
3Vulture×5,Walking Sapling×13~7北グスタベルグ30030
4クゥダフ族×4,Rock Lizard×23~8北グスタベルグ31531
5クゥダフ族×3,Ornery Sheep×43~8北グスタベルグ33033

西サルタバルタ(サルタバルタリージョン)

Field Manualの位置:ウィンダス水の区より出て左手(J-8)、ウィンダス港より出て右手(I-10)、アウトポスト前(H-6)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1マンドラゴラ族×61~5西サルタバルタ27027
2Savanna Rarab×62~5西サルタバルタ28528
3クロウラー族×5,Carrion Crow×13~8西サルタバルタ30030
4ヤグード族×4,クロウラー族×24~8西サルタバルタ31531
5ヤグード族×4,蜂族×24~8西サルタバルタ33033



東サルタバルタ(サルタバルタリージョン)

Field Manualの位置:ウィンダス森の区より出て右手(G-11)、魔法塔内(J-7)、西サルタバルタエリアチェンジ付近(E-4)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1マンドラゴラ族×61~6東サルタバルタ27027
2蜂族×61~8東サルタバルタ28528
3Savanna Rarab×62~6東サルタバルタ30030
4River Crab×4,Crawler×23~6東サルタバルタ31531
5Carrion Crow×4,Crawler×33~6東サルタバルタ33033


ラテーヌ高原(ザルクヘイムリージョン)

Field Manualの位置:西ロンフォールエリアチェンジ付近(D-4)、ホラの岩北側(K-8)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Strolling Sapling×3,Huge Wasp×38~12ラテーヌ高原33033
2Mad Sheep×3,Akbaba×511~13ラテーヌ高原36036
3Grass Funguar×812~13ラテーヌ高原39039
4Mad Sheep×5,クラブ族×311~14ラテーヌ高原42042
5コウモリ族×5,キノコ族×310~15ラテーヌ高原45045

  • 攻略のヒント
    • Huge Waspの生息数の少なさに注意。出現地点も限られるため、あらかじめ把握しておくことが望ましい。
    • 死鳥族は、獣人アンデッドが徘徊するエリア全域(D-4~E-7)と広い範囲に生息するため周囲に注意。Mad Sheepは段差の下(谷の周辺)に生息する。ゴブリンエレメンタル族などと同居する事が多い。
    • 大羊族は全域の谷間が見える地域(C-4~D-5、E-8~F-10、F-5~F-7、J-5~L-6、H-6~I-6)に生息している。
    • Grass Funguarはホラ岩(K-8)を拠点とし、ジャグナー森林方面(K-7~M-7)に生息しているのを討伐すると良いだろう。生息域は広く生息数も多いが、オークボム族が徘徊している事もある。尚、リンクはしない。(I-10~K-11にも生息)
    • クラブ族は、K-8のField Manualを拠点とし、H-7に陣取るのが最適。合わせてG-7~I-7の雄羊族を討伐すると効率が良い。雨が降った場合、池周辺にはエレメンタル族沸くため、魔法詠唱には気をつけること。
    • コウモリ族夜間エリア全域に生息するが、昼夜問わず生息しているのは、崖の下の洞窟(I-6~J-6、K-5~L-6)のみとなる。崖下にはH-7から降りる事が可能。

コンシュタット高地(ザルクヘイムリージョン)

Field Manualの位置:デムの岩北側(I-6)、北グスタベルグからの峠道の西側出口付近(F-11)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Strolling Sapling×4,Huge Wasp×28~11コンシュタット高地34034
2Huge Wasp×4,Mist Lizard×29~12コンシュタット高地36036
3Rock Eater×3,Mist Lizard×310~12コンシュタット高地33033
4クゥダフ族×69~15コンシュタット高地38038
5Goblin Ambusher×2,
Goblin Tinkerer×2,
Goblin Butcher×2
12~14コンシュタット高地40040

  • 攻略のヒント
    • 1番、2番は非常に広い範囲に多く分布しているので簡単。レベル10付近からデム岩の本周辺でウロウロしていれば勝手にクリアしてしまうだろう。
    • Rock EaterはD-7やL-7が推奨。但しどちらも夜になるとゴースト族沸く。(D-7は西の洞窟の中、L-7はブロック全域でランダム)

タロンギ大峡谷(コルシュシュリージョン)

Field Manualの位置:東サルタバルタエリアチェンジ付近(H-12)、メアの岩西側(I-6)、ブブリム半島へ向かう峠道入口付近(J-8)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Strolling Sapling×3,Killer Bee×37~12タロンギ大峡谷33033
2Akbaba×811~13タロンギ大峡谷45045
3Canyon Rarab×4,Pygmaioi×27~11タロンギ大峡谷31531
4Pygmaioi×3,Killer Bee×38~12タロンギ大峡谷37037
5Canyon Crawler×3,Wild Dhalmel×412~16タロンギ大峡谷47547

  • 攻略のヒント
    • Akbabaは、(I-7)(F-11)の骨地帯及び、(J-5)/(K-5)の骨地帯に生息するが、どちらも夜間アンデッドポップする危険地帯。また、後者はゴブリン族も徘徊している。
    • 1,3,4番は本のあるメア石付近に多数生息しているモンスターの為簡単にこなせる。5番のクロウラーは各所にある木の根元に固まって生息している。

バルクルム砂丘(ザルクヘイムリージョン)

Field Manualの位置:コンシュタット高地エリアチェンジ付近のガード裏(L-11)、ラテーヌ高原エリアチェンジ付近(K-6)、アウトポスト前(H-8)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Hill Lizard×7,Sand Hare×115~19バルクルム砂丘47547
2Snipper×6,Hill Lizard×215~22バルクルム砂丘50050
3Damselfly×5,Snipper×318~23バルクルム砂丘52552
4Brutal Sheep×4,Damselfly×420~23バルクルム砂丘55055
5Thread Leech×4,ゴブリン族×222~25バルクルム砂丘57557

  • 攻略のヒント

ブブリム半島(コルシュシュリージョン)

Field Manualの位置:アウトポスト前(E-7)、マウラより出て左手(I-9)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Sylvestre×7,Mighty Rarab×115~19ブブリム半島47547
2Carnivorous Crawler×6,Sylvestre×215~23ブブリム半島50050
3Bull Dhalmel×5,Carnivorous Crawler×320~24ブブリム半島52552
4Poison Leech×4,Bull Dhalmel×421~24ブブリム半島55055
5プギル族×4,ゴブリン族×322~27ブブリム半島57557


ジャグナー森林(ノルバレンリージョン)

Field Manualの位置:アウトポスト前(I-8)、ラテーヌ高原エリアチェンジ付近(E-11)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Wandering Sapling×8,Screamer×215~18ジャグナー森林48048
2Forest Leech×921~22ジャグナー森林54054
3Stag Beetle×8,Forest Leech×121~23ジャグナー森林57057
4Jugner Funguar×7,Stag Beetle×222~25ジャグナー森林60060
5Jugner Funguar×6,Forest Tiger×324~25ジャグナー森林63063

  • 攻略のヒント
    • リーチ族は、段差の深い通路で狩れば虎やゴブリンに襲われる率は減るが、リンクすると非常に危険なため、位置取りに注意。
    • Wandering Saplingは生息数も多くなく、生息エリアが広域のためライバルの有無に依らず探索にはそれなりの時間を必要とする。ゴブリンや虎の生息エリアとも被っているため、常に周囲に気を配らなければならない。

バタリア丘陵(ノルバレンリージョン)

Field Manualの位置:ジュノ出口側の壁面(K-8)、ジャグナー森林エリアチェンジ付近(F-9)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Stalking Sapling×5,May Fly×223~26バタリア丘陵60060
2Stalking Sapling×5,Ba×223~28バタリア丘陵65065
3May Fly×4,Ba×325~28バタリア丘陵67067
4Sabertooth Tiger×5,ゴブリン族×2,オーク族×226~32バタリア丘陵70070
5Sabertooth Tiger×931~32バタリア丘陵73073

  • 攻略のヒント

パシュハウ沼(デルフラントリージョン)

Field Manualの位置:コンシュタット高地エリアチェンジ付近(E-12)、アウトポスト前(K-6)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Gadfly×920~21パシュハウ沼54054
2Thread Leech×8,Gadfly×120~22パシュハウ沼57057
3Carnivorous Crawler×7,Thread Leech×221~23パシュハウ沼60060
4Marsh Funguar×6,Carnivorous Crawler×322~25パシュハウ沼63063
5クゥダフ族×5,Marsh Funguar×4,Goobbue×122~25パシュハウ沼66066


ロランベリー耕地(デルフラントリージョン)

Field Manualの位置:ジュノ出口側の壁面(J-5)、パシュハウ沼エリアチェンジ付近(H-14)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Death Wasp×5,Poison Leech×225~26ロランベリー耕地67067
2Death Wasp×4,Berry Grub×325~28ロランベリー耕地69069
3Berry Grub×6,ゴブリン族×226~32ロランベリー耕地71071
4Berry Grub×6,クゥダフ族×227~33ロランベリー耕地74074
5Ochu×536~37ロランベリー耕地80080


メリファト山地(アラゴーニュリージョン)

Field Manualの位置:アウトポスト前(E-5)、禁断の口付近(K-6)、タロンギ大峡谷エリアチェンジ付近(F-12)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Cranefly×920~21メリファト山地54054
2Hill Lizard×8,Crane Fly×120~22メリファト山地57057
3Stag Beetle×7,Hill Lizard×221~23メリファト山地60060
4Raptor×6,Stag Beetle×322~25メリファト山地63063
5Coeurl×3,イビルウェポン族×525~27メリファト山地66066


ソロムグ原野(アラゴーニュリージョン)

Field Manualの位置:ジュノ出口側の壁面(E-6)、メリファト山地エリアチェンジ付近(K-11)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Hill Lizard×4,Diving Beetle×325~28ソロムグ原野69069
2Sauromugue Skink×4,ゴブリン族×426~32ソロムグ原野71071
3Chanpaign Coeurl×2,ゴブリン族×526~34ソロムグ原野71071
4Sauromugue Skink×3,ヤグード族×527~33ソロムグ原野73073
5Tabar Beak×5,イビルウェポン族×336~38ソロムグ原野77077

クフィム島(クフィムリージョン)

Field Manualの位置:アウトポスト前(F-6)、ジュノ港からのトンネル出口のガード付近(I-8)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Clipper×9,Land Worm×126~29クフィム島63063
2Clipper×8,Seeker Bats×226~29クフィム島66566
3Greater Pugil×7,Clipper×328~29クフィム島70070
4巨人族×6,Greater Pugil×428~30クフィム島73573
5Acrophies×5,巨人族×4,Greater Pugil×128~34クフィム島77077

  • 攻略のヒント
    • Land WormとClipperはレベル上げPT格好の獲物。取り合いになることもある。
    • 最近は足の便の良さからレベルシンクパーティなどで賑わっていることもあり、以前はレベル上げPTとかぶらなかった獲物が取り合いになることもある。
    • ほぼ全域がアンデッドの生息区域である点にも注意、WightにはLv30台後半であれば絡まれなくなるが、BansheeにはLv40を越えても絡まれる恐れがある。
    • 天候が多く、海岸線での魔法使用には注意を要する。光エレオーロラ天候が少ないのでさほど障害にならないが、雷エレとは出現場所が異なるので注意。

ボスディン氷河(フォルガンディリージョン)

Field Manualの位置:アウトポスト前(H-9)、ヌエ塔内部(F-7)、塔内部(I-7)、塔内部(J-8)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Tundra Tiger×9,ゴブリン族×234~43ボスディン氷河81081
2Tundra Tiger×8,Living Statue×334~39ボスディン氷河85585
3Bat Eye×7,Living Statue×437~42ボスディン氷河90090
4ゴブリン族×6,Bat Eye×4,Living Statue×137~43ボスディン氷河94594
5巨人族×5,ゴブリン族×4,Bat Eye×240~43ボスディン氷河99099


ザルカバード(バルドニアリージョン)

Field Manualの位置:アウトポスト前(H-9)、ボスディン氷河エリアチェンジ付近(J-9)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1スケルトン族×9,Etemmu×342~45ザルカバード90090
2スケルトン族×8,イビルウェポン族×442~46ザルカバード95095
3Evil Eye×7,スケルトン族×4,イビルウェポン族×142~48ザルカバード1000100
4巨人族×6,Evil Eye×4,スケルトン族×242~48ザルカバード1050105
5デーモン族×5,巨人族×4,Evil Eye×345~52ザルカバード1100110


ベヒーモスの縄張り(クフィムリージョン)

Field Manualの位置:クフィム島エリアチェンジ付近(L-9)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Lesser Gaylas×3,Greater Gayla×241~44ベヒーモスの縄張り35035
2Lesser Gaylas×3,イビルウェポン族×241~46ベヒーモスの縄張り40040
3Greater Gayla×3,アンデッド系×243~47ベヒーモスの縄張り45045

  • 攻略のヒント
    • 全体的に生息数が少ないため、許容人数も少ない。
    • 狩る数が少なくて済む分、敵の強さの割に貰える経験値量が異常なほど低い。

グラウンド・オブ・ヴァラー

龍王ランペールの墓(ロンフォールリージョン)

Grounds Tomeの位置:東ロンフォールからの入口(G-5)、南の地上から北東部地下への入口(I-9)、地下の東ロンフォールへの出口(I-5)、墓奥へ入ってすぐ(G-7)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Mouse Bat×3,ゴブリン族×33~8龍王ランペールの墓36036
2Stone Eater×4,Wind Bats×25~11龍王ランペールの墓42042
3Goblin Ambusher×2,Goblin Tinkerer×2,Goblin Butcher×212~16龍王ランペールの墓50050
4Plague Bats×3,Rock Eater×314~17龍王ランペールの墓59059
5Goblin Mugger×2,Goblin Leecher×2,Goblin Gambler×221~23龍王ランペールの墓80080
6Ossuary Worm×6,Lemures×178~80龍王ランペールの墓1520152
7Spartoi Warrior×5,Hati×277~80龍王ランペールの墓1690169
8Spartoi Sorcerer×5,Ogre Bat×280~83龍王ランペールの墓2060206

  • 攻略のヒント
    • 2ページ目の敵の近くにはLv12-16のゴブリンがいるため、対象レベルギリギリで挑むには危険。
    • 4ページ目は北東の地上エリアマップでは横J~K、縦5~8あたりで遂行することとなる。Plague Batsが夜間にしか出没しないため、効率はけして良いとはいえないか。
    • 5ページ目の敵は、I-5のGrounds Tome南から地上へ出た先にある、K-6からK-8にかけての長方形のスペースに生息しており、どの敵が沸くのかはランダムである。
      そのため、運が悪いと特定のゴブリンがなかなか出現せず、単位時間当たりの経験値取得料は伸び悩んでしまうことが多い。
    • 6ページ以降は2枚目のMAPで行うが、対象種族リンクするかアンデッド類であり戦いにくい。また、アクティブサソリ族ヘクトアイズ族アンデッド類をすり抜けるためのスニーク手段が必須。

ボストーニュ監獄(ロンフォールリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP2(I-6)、(H-10)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Dark Aspic×552~54ボストーニュ監獄1110111
2Funnel Bats×4,Werebat×252~59ボストーニュ監獄1340134
3屍犬族×5,Haunt×156~63ボストーニュ監獄1430143
4Bloodsucker×965~68ボストーニュ監獄 2050205
5Dabilla×6,Panna Cotta×194~97ボストーニュ監獄
6Blind Bat×6,Panna Cotta×195~97ボストーニュ監獄2400240
7Nachtmahr×6,96~97ボストーニュ監獄1960
8Wurdalak×2,Blind Bat……595~99ボストーニュ監獄2060206

  • 攻略のヒント
    • Page1:(G-8)(H-8)の水路に固まっている。(I-7)にはワンランクレベルが上のMouseがいる。間違えないように注意。
    • Page2:道なりに進んでいけば三匹コウモリエリアと一匹コウモリエリアがいるエリアに到達する。本の位置から近く稼ぎやすいが付近にHecatomb Houndも配置されておりレベル的にも確実に絡まれるので、効率向上のためにも、またPage3を狩るPCPTが居る場合でもスニ手段等で戦闘回避するのが推奨される。
    • Page3:Hecatomb HoundはMAP2(F-8)(G-8)にかけて生息している。Hauntが(F-9)に1匹だけいるのでそこまで到達し、引き返すと良い。競合などでHecatomb Houndが足りない場合は、本への帰り道で狩る、(F-9)のHaunt付近のGarmを狩るなどで数量調節が可能。
      また(H-10)の本の位置にGarmとHauntが固まっているのでそこでも稼げる。Hecatomb Houndで経験値が入らなくなり始める、狩り場が混雑するなどしてきたら切り替えるのも手。ただし本の位置にPanna Cotta(Lv94~)が近寄ってくるため、更新時に絡まれる危険がある。
    • Page4:Bloodsuckerは地下のMAP3にいる。行きは落とし穴を利用すればよいが、帰りまでのタイムロスが厳しい。(H-10)の本をスタートにすると若干早い。数が多くリンクしやすいので難易度はやや高い。
      人数・殲滅力がある程度確保できれば効率が跳ね上がるため状況次第では美味い。またBloodsuckerのレベルも高いためカーバンクルの紅玉ドロップ率もそこそこ高く、ついでで取得したい場合にも有用。
      メイジャンの試練アモルフキラー関連を受領している場合などは、アライアンス狩りなどが居れば同行させてもらうと凄まじい勢いで消化が可能である。
      2人で組んでのパワーレベリングが可能。一方にスニークをかけて(H-10)の本を閲覧させておけば、他方が階下でリーチを狩ると経験値が入る。(一部入らない場所有)以前は本の閲覧中は内部タイマーがとまりスニークが切れない仕様を利用して、安全にパワーレベリングする事ができたが、現在は本の閲覧中でも魔法タイマーが経過するので、それは出来なくなっている。パワーレベリングを受ける方はスニークを維持しないと本の前まで来るスライムに襲われる危険があるので注意。あと著しく両者のレベルが違うと低レベルのほうの取得経験値が0になってしまい完遂できない。パワーレベリングするほうがLV95である場合、される側はLV4が必要となる(2人PTかつ要シグネット)。しかし、アライアンスを組むことが多いため10人でも経験値が入るLV16になってから行う方が無難である(下表参照/PT内最大LV95)。
      人数23456789101112131415161718
      最低レベル46789121416161919242424323232
      また、/acmd leader [他のPTリーダーPC名]でリーダーを渡せることを知っておくと自分がアライアンスリーダーでかつ先に落ちるとき、残りのPTに再度アライアンスを組ませなくてすむ。



オルデール鍾乳洞(ザルクヘイムリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP1(H-11)、MAP2(G-2)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Stalking Sapling×3,Thread Leech×318~21オルデール鍾乳洞74074
2Fly Agaric×4,Shrieker×221~27オルデール鍾乳洞80080
3ゴブリン族×5,Will-o'-the-Wisp×117~26オルデール鍾乳洞
4Seeker Bats×3,Vorpal Bunny×323~26オルデール鍾乳洞85085
5Ancient Bat×4,Jelly×226~28オルデール鍾乳洞
6Goliath Beetle×4,Stroper×129~34オルデール鍾乳洞92992
7Buds Bunny×3,Targe Beetle×384~86オルデール鍾乳洞1510151
8Bilis Leech×3,Swagger Spruce×386~88オルデール鍾乳洞1560156

  • 攻略のヒント
    • Page1:ラテーヌ高原から入って向かって右通路G-5以降に同居している。球根はG-5~の太い通路にのみ生息し、リーチはその先の細道に点在もしている。注意点は、単体コウモリアクティブなのとリーチリンクすること。奥のほうの通路で球根を釣って狩り、リーチは奥の通路に離れて点在しているものを狩るといい。
    • Page2:どちらもキノコ族ラテーヌ高原から入って向かって右通路を奥へ進むとある小部屋にFly Agaricが、更に奥へ進んだ大部屋にShriekerが生息している。
      小部屋と大部屋の往復が必要な上、小部屋のキノコは密集しているのでリンクしやすいので注意が必要。
      また、大部屋には1体だけWill-o'-the-Wispがいるので、魔法感知には注意。
    • Page3~5:各種族ごとに密集はしているが、生息域が場所があまりにも離れているため往復が大変。その上道中にアクティブな個体が多いのでお勧めできない。
    • Page6:カブトモルボルの配置が少し離れているが3~5ほどではない。むしろ道中の多数のアクティブな敵が厄介。
    • Page7~8:いわゆる肺部屋とその上段、そしてそこに落ちるための上層部分に対象モンスターが配置されている。
      P4~5同様個々の種族は密集しているが生息域が離れており、具体的にはP7対象のカブトが落ちた先の東側肺部屋の上段に、ウサギが上層と西側肺部屋下段、P8対象のリーチが西側肺部屋の上段、若木が上層と東側肺部屋の下段…と、それぞれページ毎に相応の距離を移動しなければ狩れないようになっている。
      99キャップまで解放された今日では手頃な強さの敵であり、それぞれ下層肺部屋の配置がどちらか逆であれば、段差を問わず片方の部屋のみで狩りが完結するため優良なページとなったかもしれないが、上述のような配置のためか他の移動距離が短く済んだり、狩り易いエリアに人が流れ、基本的に閑散としている。

全体的に敵同士の距離が非常に離れており、本の位置も使いにくい場所にあるので非常にやりづらい。

グスゲン鉱山(ザルクヘイムリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP1(H-9)、MAP2(H-7)、MAP3(H-9)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1スケルトン族×620~27グスゲン鉱山63063
2Fly Agaric×2,スケルトン族×420~24グスゲン鉱山80080
3Ore Eater×2,Bandersnatch×421~26グスゲン鉱山79079
4Greater Pugil×2,Amphisbaena×2,Mauthe Doog×228~31グスゲン鉱山88088
5Wight×3,Myconid×330~34グスゲン鉱山97597
6Ghast×3,Gallinipper×332~36グスゲン鉱山1000100
7Accursed Soldier×2,Rockmill×585~87グスゲン鉱山1890189
8Accursed Sorcerer×2,Madfly×585~89グスゲン鉱山2130213

  • 攻略のヒント
    • Page1:入口からすぐのエリア内に多数のSkeleton Warriorが配置されており、レベルシンク対象を入れつつこれらを狩るのが基本となる。
    • Page2:1と生息範囲が近く、スケルトン族Ghoulにすればほぼ同じ感覚で狩る事が可能だが、ノルマ数に対してFly Agaricの配置数が多く、密集しがちでリンクしやすいため適量を狩るのがやや難しい。
    • Page3:1や2で稼ぎ難くなってきたら移行するのが普通だが、対象のOre Eaterの出現ポイントのうち、東西の小部屋は深夜時間帯にNMPOPするため、本からの移動距離もさることながら危険度が跳ね上がるのであまり推奨できない。
      シンク下で遭遇時に対処できるだけの高レベルPCが居て、訓練の連続消化数が非常に多くなっていれば選択肢としては悪くない。
    • Page4:MAP3(H-9)の本を起点として周囲に移動する事になるが、途中にBansheeやGhastなど対象外かつ絡むレベルのモンスターが居る、Greater Pugilの居る北側三箇所の小部屋は例によって深夜にNM湧く、Amphisbaenaもノルマ2に対し複数が密集しやすくリンクが起きるなど狩り辛さでは屈指のレベル。非推奨。
    • Page5:MAP3(H-9)の本を起点とし、すぐ西(G-9)の小広間とを往復しながら狩るのが基本となるが、北・南どちらを通るかに関わらずBansheeが途中に居ること、(G-8)の小部屋のMyconidが数はちょうどだが密集しがちでリンクしやすい、(G-9)のWightがたまにGhastに抽選POPで変更になるため別通路でWightを補充する必要があるなど、狩り方に工夫が必要。
      (G-7)から(G-8)にかけての小広間の方がMyconidが分散しやすく、WightとGhastの抽選もないため狩り易いが、いずれにしても移動に際しスニークがあると楽。
    • Page6:MAP3(H-9)の本を起点とし、(H-7)(H-8)、(I-7)の小広間と往復しながらの狩りが基本になるが、肝心のGhastがWightとの抽選POPであり、運が悪いと湧き辛く消化に時間がかかるため、時間がかかりそうなら移動も考慮となる。

エルディーム古墳(ノルバレンリージョン)

ToDo魔法の天文盤実装後の状況を追記せよ。
Grounds Tomeの位置:MAP1(J-9)、MAP2(D-4)(L-7の段差上)、MAP3(I-9)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1スケルトン族×642~46エルディーム古墳95095
2シャドウ族×646~49エルディーム古墳99099
3シャドウ族×4,Azer×251~54エルディーム古墳1300130
4Lich×5,Blood Soul×150~55エルディーム古墳1340134
5Tomb Wolf×3,スケルトン族×353~56エルディーム古墳1330133
6Tomb Warrior×3,Tomb Mage×360~63エルディーム古墳1470147
7Hellbound Warrior×3,Nekros Hound×3・91~95エルディーム古墳1570157
8Hellbound Warlock×3,Nekros Hound×3・91~95エルディーム古墳

  • 攻略のヒント
    • ページが高いものは、南古墳から落ちた先などにいる。
    • 氷河側はモンスターの種類が少ないため、ページ1,2,4,5と少ないが、対象が本の近くのフロアに固まっているため、比較的やりやすい。
    • 段差や落とし穴などの一方通行が多く、狩場の選択を誤るとエリアチェンジしなければ戻れないことがある。一時技能を蓄積している場合は特に注意が必要。
    • Page1:南古墳であれば、入ってすぐの小部屋に配置されているLost Soul4体をひたすらに狩り続けるのが基本となる。
      これらは比較的同種のスケルトンの中でもレベルが高めで、Lv60を超える頃まではここだけで稼ぐ事ができる。
      人数が多く殲滅力が高いとすぐ枯れてしまうが、リポップが5分間隔のため下手に別ページを選択して移動狩りをするよりも湧くのを待って狩った方が結果的に稼ぎが良くなる。リンクもしないので生命・聴覚感知を避けるために入口の通路に釣ってから一体ずつ狩ると非常に安定する。
      呪詛対策にカーズナが使える白かそこまでレベルの上がったサポ白であれば尚良し。
      氷河側の場合、55~65程度で対象はMummyとLichになる。通路上のTomb Wolfが邪魔だが、57程度からからまれなくなるのでHPの色にさえ気をつけておけば問題にはならず、奥の部屋や奥広間から骨を本ちかくでもカウントする距離まで随時つってくる役をいれてのGoV乱獲のスタイルをとると楽。
    • Page2:2011年7月12日のバージョンアップで訓練対象が変更となり、対象からHell Houndが削除されたため、南古墳では配置とリポップの関係上以前より消化が面倒になってしまっている。*1
      南古墳で狩る場合、配置数が入り口に最も近い(I-8)の広間には充分な数が居ないため別の広間への移動を考慮したくなるが、扉の開閉や移動に取られる時間とリポップとを比較すると湧き待ちの方がいくらか楽。
      配置数だけを見れば氷河側で狩るのが適当だが、こちらはややレベルが高い上に密集しがちでリンクの際の危険性もあり、注意が必要となる。
    • Page3:対象のうち、Azerが南古墳にしか配置されていないため氷河側では消化不可能。
      南古墳であれば(I-8)の広間のシャドウ族Kaと、スイッチの小部屋にAzerが居るため、交互に狩りつつリポップを待つスタイルが有効となる。
    • Page4:Blood Soulは(I-8)の広間に、Lichは南北通路のうちもっとも手前のGateがある十字路に2体ずつ配置されており、移動しつつ狩ることで消化が可能。
      ただし殲滅力が高すぎる場合、南古墳では5体目のLichPOP待ちするか1つ奥の十字路まで狩りに行くかが焦点となり、特に奥の十字路まで出向く際には別目的で来たPCが扉を操作して結果的に閉じ込められる危険性がある。
    • Page5:南古墳では南北いずれかのルート上を通りつつ、通路内のTomb WolfとFallen Knightを対象とすることが多くなるだろう。
      どちらの通路でも入口側の十字路にFallen Knightが1体、奥側の十字路に2体配置されており、間の通路にTomb Wolfが2体居るため、通常はこれらを狩り、3体目のTomb WolfはPOPを待つか、さらに奥の通路に居る一体を狩るかの選択となる。
      十字路を頻繁に通過しなければならないため、別PCによる扉操作で運悪く閉じ込められてしまうと大幅なロスが生じるのが難点。地下に落ちていわゆるバタリア小島ルートから南古墳入口の小部屋まで戻る事は出来るが、途中にLv90を超えるモンスターが配置されているため、スニ手段がない場合はきわめて危険なルートである。
      また、護衛クエストや地下に落ちるためのルートと一致してしまっている点がネックとなり、それらを目的とするPCに移動ついでに狩られてしまうことも多い。
      リスクも多いが地下に落ちずこなせるページでは最も対象レベルが高く、また最終的な対象となるスケルトン族のFallen Knightが戦士タイプのため、黒タイプの有するアイススパイクといった面倒なものがなく、複数人でスイッチ操作を監視しつつこなせるのなら非常に優良なページである。
    • Page6:南古墳(G-6)か(F-8)から落ち、MAP2(L-7)の段差上にある本を基点として周辺通路に大量に配置された対象を狩るのが基本となるページ。
      配置数も豊富で許容量に優れていて、複数PTが活動してもリポップの早さもあってそれほど気にならず、アライアンスを組んでの高速乱獲にも適している。
      黒タイプのスケルトン族が有する古代魔法アイススパイク等への対処手段があればソロからでも比較的楽に狩れ、またメインジョブのレベルが90でも経験値が入手可能な最も低いレベル帯の敵であるため、しばしばカンスト付近のPCの稼ぎやフェロー上げ等で賑わっている模様。

ツェールン鉱山(グスタベルグリージョン)

Grounds Tomeの位置:(I-7)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Ding Bats×3,1~3ツェールン鉱山909
2River Crab×32~4ツェールン鉱山11011
3Colliery Bat×5,Soot Crab×275~78ツェールン鉱山1640164
4Colliery Bat×5,Burrower Worm×275~79ツェールン鉱山1600160
5Colliery Bat×5,Veindigger Leech×275~80ツェールン鉱山1700170

  • 攻略のヒント
    • 入口からコロロカの洞門への十字路を含むMAP北側にP1、P2対象のモンスターが、それ以外の坑道全域にP3以降対象の高レベルモンスターが配置されている。
      ノンアクかつノンリンクのため特に注意する点も少なく、また稀に茶色のTreasure Casketから出るプルーエスリングの存在や、バス鉱山区から直接移動可能ということもあり、賑わっているサーバーも多いようだ。
    • Page1&2:MAP北側のごく一部に配置されたかつてのツェールン鉱山を思い起こさせる低レベルモンスターが対象。
      ノルマ数も各3匹と少なくレベルも低いためLv1から充分楽に狩る事が可能だが、配置数が少ないので許容量が小さく、ソロでも2人居るとリポップが間に合わなくなる可能性が高い。
      また、基本のボーナス量そのものも低く、低レベル帯の必要経験値量との兼ね合いもありまっさらのLv1から上げたとしてもボーナスが充分育つ前に経験値が入らなくなる。
      加えてカニの配置数との関係もあり、P2は殲滅力上がってくるとソロ単独の活動でもリポップが間に合わないなど、純粋なレベリングとしては普通に北グスタにでも出てFoVをやった方がマシかも知れない。
    • Page3~5:共通対象であるコウモリは坑道内の至る所に配置されており、適当にそこらで狩る事になる。
      Page3対象のカニは主にMAP南西方面の坑道、Page4対象のミミズは中央の広場~南西の坑道、Page5対象のリーチは南東方面の坑道あたりで狩る事が一般的。
      このうちPage5はリーチ相手なのと配置数が他の2つと比べ少なめとあって狩られていることは少なく、もっぱらカニミミズのページ、特にI-9付近の広場に多数が配置されていることから移動距離が最も短くなるミミズを狩るP4が選ばれている模様。
      配置数が多く、リポップも短いといった点から許容量はそれなりに大きいので、複数のPTソロが活動していてもそれほど枯れるということがないのも魅力的だが、GoV連続訓練の実装以降は少数であっても枯れることが時折見られるようになった。
      P3~P5はコウモリのノルマ数が5と共有な上に狭いエリアなので、別々のページを受けていてもパーティアライアンスを組んでコウモリ消化数を共有し、その後個々のカニミミズリーチを狩ることで獲物の取り合いをある程度緩和する手法を用いているサーバーもある模様*2

ダングルフの涸れ谷(グスタベルグリージョン)

Grounds Tomeの位置:(K-10)、(K-3)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Stone Eater×4,Rock Lizard×13~8ダングルフの涸れ谷28028
2ゴブリン族×3,Wadi Crab×25~9ダングルフの涸れ谷35035
3Wadi Hare×3,Wadi Leech×211~14ダングルフの涸れ谷49049
4Fume Lizard×4,Goblin Brigand×286~89ダングルフの涸れ谷1530153
5Witchetty Grub×4,Goblin Headsman×2 86~90ダングルフの涸れ谷1435143
6Prim Pika×4,Goblin Healer×286~90ダングルフの涸れ谷1652165
7Goblin Conjurer×2,Goblin Bladesmith×2,Goblin Bushwhacker×290~91ダングルフの涸れ谷1860186
8Trimmer×5,Natty Gibbon×290~93ダングルフの涸れ谷2260226

  • 攻略のヒント
    • MAP南1/3ほどと北側2/3とで敵のレベルが桁違いに異なるため、低レベル帯で稼ぐ際は北に行き過ぎないように注意。基本的に間欠泉で段差を越えなければ高レベルエリアに踏み込むことはない。
    • 全域に多数のゴブリンが徘徊しており、アクティブゆえに実行中のページ対象でない場合でもこれらとの戦闘回避できないことが多い。当然リンクもするので適度に排除しつつこなすのが良いだろう。
    • ヴォイドウォーカー戦を行う高レベルPCによってTP稼ぎついでに対象モンスターが狩られてしまう場合もあり、特に低レベル帯の場合にこれが顕著である。(I-12)にPlanar Riftがあるため近辺での戦闘にも注意。
    • Page1:Stone Lizardは付近の通路にそれなりの数が配置されているが、Rock Eaterを最南端の広場で狩る事になるため、(J-11)の小広間等で通りがかりに狩っておくのが適当。
    • Page2:ゴブリンはそこらじゅうに居るのでやり易いのを狩ると良い。Page1と同様(J-11)の小広間に2体配置されているのでこれを狩り、Wadi Crabの居る(H-12)(I-12)付近を目指しつつゴブリンを適度に補充しておくのがベター。
      ただしヴォイドウォーカーPOPポイントとなるPlanar Rift付近での戦闘となるため、高レベルPCが大挙して来ている場合には対象モンスターが狩られてしまうこともある。
    • Page3:リーチが(G-11)付近の広場に配置されているためこれを目指しつつ、途中でWadi Hereを狩ることになる。
      手前の三叉路付近にWadi Hereが2体居るので、リポップが遅いと感じる程度の殲滅速度であれば(G-10)付近の広場で補充すると良い。
      (G-11)付近は狭い割にゴブリンの密度も高く、下手に回避するよりは倒してしまった方が楽に訓練が進むだろう。
    • Page8:TrimmerはカニNatty Gibbonはオポオポ、どちらもノンアクだがこのカニリンクするので注意、オポオポリンクしない。
      ウェイポイント北グスタベルグに飛んだ先から入ってすぐの広場にいる。本もあるのでジュノから直行できて便利。

クロウラーの巣(デルフラントリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP1(L-8)、MAP3(I-6)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Worker Crawler×3,Death Jacket×340~44クロウラーの巣1160116
2Soldier Crawler×3,Nest Beetle×345~49クロウラーの巣1230123
3Labyrinth Lizard×3,Witch Hazel×349~52クロウラーの巣1160116
4Exoray×4,Hornfly×250~54クロウラーの巣1180118
5Rumble Crawler×2,Wespe×2,Dragonfly×253~58クロウラーの巣1340134
6Helm Beetle×3,Knight Crawler×359~63クロウラーの巣1470147
7King Crawler×4,Vespo×391~93クロウラーの巣 2190219
8Dancing Jewel×4,Olid Funguar×393~96クロウラーの巣2220222

  • 攻略のヒント
    MAP3(I-6)の本の付近、並びに道中には視覚聴覚共にアクティブモンスターがいる。特にPage3~5は絡まれるレベル帯なのでMGS手段が必須。
    • Page1:対象のどちらも(K-8)から(L-8)にかけての道なりに生息している。配置数の関係から許容PT数は少なく、特にGoV乱獲を目的としたレベル帯のPTが2つ以上稼動しているとたちまち枯れる可能性が高い。
      そのためかサーバーによってはフルアラかそれに近い規模の人数で、対象レベルのシンク基準となるPC補充しつつ狩るというGoV乱獲のお手本のようなスタイルが普及している。ただしその場合も2つ以上のアライアンスでは許容量を超えてしまうため注意が必要。
      道なりにやって本のところまで戻ると、移動時間が無駄になる上、蜂の端数が多く出てしまい、非効率である。
      崖から降りたり登ったりを繰り返すループルートがオススメ
      0、崖から降りる前に、蜂を3匹狩っておく
        (#0 蜂 3 / 3 芋 0 / 3)
        十字路から崖までの道のりに蜂が 4 匹いるので、これを狩る
      1、崖からおりて芋を 6 匹狩る
        (#1 蜂 0 / 3 芋 3 / 3)
        芋は、崖から降りて一番右手の部屋に 2 匹、降りて正面の部屋に 4 匹いるのを利用する。
      2、崖からの帰り道に、蜂が 4 匹狩る
        崖からの帰り道は、崖から下りる向かいの一番左手、
        (#2 蜂 1 / 3 芋 0 / 3)
      3、崖から帰ったところの十字路にいる芋を 3 匹狩る。
        (#2 蜂 1 / 3 芋 3 / 3)
      4、崖までの道の蜂 4 匹と右手の道から蜂をつって 1 匹、併せて5匹狩る
        (#3 蜂 3 / 3 芋 0 / 3)
        これで 3 つ目のページを終え、0の状態 蜂 3 / 3 芋 0 / 3 に戻れた
        1~4を繰り返せばよい
      これだとフルアライアンスでも枯れない
    • Page2:Nest BeetleはMAP1の(F-9)(G-9)付近に固まっている。
    • Page3:MAP3(I-8)付近にLabyrinth Lizard。そこから北西の(H-8)通路にWitch Hazelが生息している。固まっているためリンクに注意が必要。
    • Page4:MAP1(I-10)から南へ進み、MAP2の(I-6)のいわゆるドーナツ部屋に降りるまでの通路が狩場になる。MAP3にもExorayは生息しているが、Hornflyが居ないため進行は前記の通路に限定される。巣の入口から近くアクセスは良いが、いずれも同族リンクであり、アクティブExorayにも注意が必要。
    • Page5:MAP3の(F-6)から(G-8)がメインになるが、NMDemonic Tiphiaに絡まれないよう注意が必要。
    • Page6:MAP2(ドーナツ広場)の(D-7)にKnight Crawler、(E-8)にHelm Beetleが生息している。前者がGOVをこなせるギリギリの数(3体)しか周囲に沸かないため1人ないし1PTでも殲滅速度によってはポップ待ちを余儀なくされる点と、リンクしやすい点をのぞけば、中々の好配置。かつて規定数狩った後は一度本に戻らなくてはならなかった時代には、本との距離が遠すぎて見向きもされなかった頁だが、その点が修正された現在では一考の余地があると思われる。なお、MAP3(E-8)にKnight Crawlerが生息しているがHelm Beetleが生息していないため遂行不能。Helm BeetleではなくCrawler Hunterが対象ならそこそこ稼げるだけに残念極まりない。
      MAP2の(C-7)から(E-7)で狩る。Knight Crawlerが3匹しかいないため取り合いになる可能性がある。

内ホルトト遺跡(サルタバルタリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP1(I-7)、MAP3(I-8)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Battue Bats×2,Goblin Thug×31~6内ホルトト遺跡25025
2Blade Bat×2,Goblin Weaver×31~7内ホルトト遺跡27027
3Battle Bat×3,Blob×215~20内ホルトト遺跡61061
4イビルウェポン族×4,Will-o'-the-Wisp×222~26内ホルトト遺跡84084
5Troika Bats×3,Goblin Trailblazer×378~82内ホルトト遺跡1750175
6Deathwatch Beetle×3,Goblin Flesher×378~82内ホルトト遺跡1760176
7Covin Bat×2,Skinnymalinks×481~83内ホルトト遺跡1770177
8Goblin Lurcher×2,Skinnymajinx×481~84内ホルトト遺跡1780178

  • 攻略のヒント
    • Page1:東サルタバルタ(J-7)から入ってすぐの広場に大量に討伐対象が存在しているため、この広場と手前の通路にいるコウモリを倒すだけで楽々達成可能。
      但し、適正レベルでも1体当たり十数秒で撃破可能なほど敵が弱いため、他の人とかち合ってしまった場合は一気に広場の敵が涸れてしまう。またワイルドオニオン目当てで素材狩りしている人が居た場合は進行不能になってしまうため、他に人がいないかを確認しておきたい。
    • Page2:Page1に比べ、生息数が非常に少ないためこれで数をこなすことは厳しい。
      Page1の対象が涸れているときの代替ルートとして使えなくはない。

      なお、Page1、Page2共に最初の大広間から少しでも先に進むとLv80台のモンスターの巣窟になっているため、間違ってそこまで進んでしまわないよう注意したい。
    • Page3:Blob(スライム族)が物理アタッカーだと適正レベルでも軽く返り討ちに遭う可能性があるため、編成を選ぶ訓練内容である。
      また周囲の甲虫族「Beady Beetle」が視覚感知アクティブのため、インビジが使えなければこれも途中途中で相手にしなくてはならない。
    • Page4:内ホルトト遺跡のかなり奥まで進まなくてはならないため、当然そこまで進めるだけの戦力が必要。
      一度着いてしまえば数をこなすことは可能だが、Will-o'-the-Wispの自爆には注意。
    • Page5~6:Troika Bats(3連コウモリ)とDeathwatch Beetle(甲虫)はどちらもMAP2に多数生息している。ノンアクティブリンクあり。Goblin Trailblazer(狩人タイプ)とGoblin Flesher(戦士タイプ)はどちらもMAP2全体で2体しかおらず、1体ずつ他のタイプと混ざって生息している。3体というノルマを達成するにはリポップを挟む必要があるため、高回転は望めない。
    • Page7~8:Covin Bat(1匹コウモリ)はMAP2の奥に多数生息している。Goblin Lurcher(シーフタイプ)は2体ずつ生息しているため、Page5~6に比べると効率は良い。スケルトンは(I-8)付近にSkinnymalinks(戦士タイプスケルトン)とSkinnymajinx(魔道士タイプスケルトン)の計三体、(H-8)付近に2体ずつの計四体が配置されている。

外ホルトト遺跡(サルタバルタリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP2(アマリリスの塔)(H-5)、MAP3(ダリアの塔)(G-8)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Four of Cups×1,Four of Batons×1,Four of Swords×1,Four of Coins×110~14外ホルトト遺跡340?34?
2Five of Cups×1,Five of Batons×1,Five of Swords×1,Five of Coins×115~19外ホルトト遺跡400?40?
3Six of Cups×1,Six of Batons×1,Six of Swords×1,Six of Coins×120~24外ホルトト遺跡480?48?
4Seven of Cups×1,Seven of Batons×1,Seven of Swords×1,Seven of Coins×125~29外ホルトト遺跡 530?53?
5Eight of Cups×1,Eight of Batons×1,Eight of Swords×1,Eight of Coins×130~34外ホルトト遺跡580?58?
6Nine of Cups×1,Nine of Batons×1,Nine of Swords×1,Nine of Coins×135~39外ホルトト遺跡66066
7Fetor Bats×5,Fuligo×181~85外ホルトト遺跡1540154
8Thorn Bat×5,Fuligo×182~85外ホルトト遺跡1540154

トライマライ水路(サルタバルタリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP1(H-6)、MAP2(H-5)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Hell Bat×3,Makara×347~52トライマライ水路1150115
2Fallen Knight×2,Lich×2,Dark Aspic×252~57トライマライ水路
3Dark Aspic×3,Bloodsucker×353~57トライマライ水路1500150
4Scavenger Crab×3,Stygian Pugil×460~65トライマライ水路1690169
5Starborer×4,Deviling Bats×395~97トライマライ水路1870187
6Plunderer Crab×5,Sodden Bones×295~98トライマライ水路2170217
7Blackwater Pugil×5,Drowned Bones×296~98トライマライ水路2250225
8Flume Toad×8,Poroggo Excavator×294~99トライマライ水路2050205

シャクラミの地下迷宮(コルシュシュリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP1(C-9)、(M-10)、(G-6)、MAP2(H-7)と(I-7)の境界付近。
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1ゴブリン族×3,Stink Bats×215~18シャクラミの地下迷宮55055
2Maze Maker×4,Combat×218~23シャクラミの地下迷宮70070
3Ghoul×2,Carnivorous Crawler×422~26シャクラミの地下迷宮84084
4Caterchipillar×2,Ancient bat×426~31シャクラミの地下迷宮90090
5Abyss Worm×4,Ancient bat×226~30シャクラミの地下迷宮82082
6Abyss Worm×5,Labyrinth Scorpion×127~33シャクラミの地下迷宮88088
7Chaser Bats×3,Bleeder Leech×383~85シャクラミの地下迷宮1840184
8Warren Bat×3,Crypterpillar×386~88シャクラミの地下迷宮1520152

  • 攻略のヒント
    • Page1~2はタロンギ側から入ってすぐのMAP1(C-9)にある本を基点として近場の広場および東通路先などで狩ることになる。
    • MAP2(H-7)と(I-7)の境界付近にある本は入口から距離があるものの、本の周囲はモンスターの徘徊範囲から外れており、キャンプとして利用可能。
    • Page1:ゴブリンコウモリ共に入ってすぐの広間に必要数が配置されており、移動距離も短く非常に狩り易い。コウモリゴブリン共にリンクし、ゴブリンアクティブと言う基本さえ抑えておけばさほど労せず狩れるだろう。
      注意点としてはタロンギに最も近い(D-8)付近の広間は配置数が少なく許容量がないので、複数PTが取り合うと枯れ易い。MAP2に降りる通路や奥の広間でも対象モンスターは配置されているので、何らかの理由によりアライアンスを組まない場合は状況に応じて適当に別方面で補充したい。
      ほかにもアットワ方面の通路内 (G-6)の本周辺にもゴブリンコウモリがいる為、入口が混雑している場合は、奥で行うのも手である。(ただし、移動する際はアクティブモンスターに注意)
    • Page2:ミミズはP1と同じくタロンギ最寄の広間をはじめ多数が配置されており、一匹コウモリも北および東の通路を進めば途中や先の広場などに充分な数が居るため、競合に気をつければ狩るのに苦労することはない。ただし、P1対象の三匹コウモリリンクしたり、P1でまだ経験値が入る状態でやっているとゴブリンに絡まれたりといった事態は起こるのでそこだけは気を付けたい。
    • Page3:アットワ方面の通路内 (G-6)をベースにに行う形が対象と近くになる為移動が楽になる。クロウラーMAP1の大広場やG-6の本通路奥、およびとなりG-6北東通路やその先に多数生息している為とくに動き回る必要は無いが、Ghoulがいる骨モニュメントの箇所が広範囲にばらけているため少々移動に時間がかかる。その移動中にクロウラーをついでに狩るのが無難である。P2で経験値が入らなくなった頃または広間のゴブがからんでこないレベル(概ねLv26以上ぐらい)を見計らって移行すれば戦闘そのものに手間取ることはないだろう。G-6をベースにする際は、道中のサソリに気をつける必要があるが、27以上程度ならば下手しなければ負けることはない。また、このサソリあやつるなどでペット化すればCarnivorous Crawlerへの強力な攻撃手段にも変わりよりいっそう楽になる。
    • Page4:ブブリム半島側の本(M-10)を基点とする形が楽。獲物は広場までの通路上やM-7から入る広場やL7から南西方向の通路にいたりする。気をつけるのはゴブリンとCaterchipillarがアクティブな点で、移動する際などに余計なリンクやからまれる事故を減らせるかが重要となる。GoV乱獲でPage1などに誘われた場合は一度エリアチェンジしてタロンギ側から入りなおす必要がある。
    • Page5:MAP2の本を基点とした場合、西の(G-7)方面の広場で狩るか、MAP1(K-6)付近の広場へ戻るかしつつ狩る事になる。
      MAP1方面で狩る場合はリポップを別とするとコウモリが1体足りなくなるため、広場内のを釣る必要が出てくる一方、MAP2(G-7)方面で狩る場合は広場まで踏み込まなければならないため、いずれも他のモンスター絡まれる危険性が高いことに注意。
      対象モンスターを含め移動する範囲内はアクティブモンスターばかりが配置されており、対象外の3匹コウモリスケルトン族スライムなどに絡まれる可能性も高く、対象モンスターであってもページ受けなおしのために本へ向かう途中で絡まれることも多いのが難点。
      またGloombound LurkerLesathといったNM放置されていることも多く、特にソロなど少数で活動する場合はやや狩り辛いと感じるかもしれない。
    • Page6:Page5と同じ本MAP2(H-7)と(I-7)の境界付近になる。その本から西側にLabyrinth Scorpionが生息しているため、そちらに移動するかたちになるが、道中のWightが広範囲にいるため、サソリリンクしない事を理由してうまくWightの近くから釣れるか否かが重要になる。(下手に被弾してHPを黄色にすると周囲のWightがいっせいに襲ってくるが、赤くなればある程度離れていても生命感知で追ってくる)
    • Page5のAncient batはLv40ぐらいから,Page5,6共通のAbyss WormはLv42ぐらいから練習状態が混じってくるため、それ以降はレベルシンクを利用するなどで対処されたし。

ガルレージュ要塞(アラゴーニュリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP1(G-7)、MAP2(I-5)、MAP4(G-6)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Wingrats×4,スケルトン族×240~43ガルレージュ要塞1060106
2Siege Bat×4,Borer Beetle×240~44ガルレージュ要塞1160116
3イビルウェポン族×2,Citadel Bats×446~49ガルレージュ要塞1270127
4Funnel Bats×4,Explosure×251~55ガルレージュ要塞1310131
5Droma×3,Chamber Beetle×352~58ガルレージュ要塞1330133
6Over Weapon×2,Vault Weapon×2,Wraith×159~62ガルレージュ要塞1270127
7Donjon Bat×5,Kaboom×291~96ガルレージュ要塞2210221
8Fortalice Bats×4,Warden Beetle×392~96ガルレージュ要塞2220222


デルクフの塔下層(クフィムリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP1(1階)(H-10)、MAP2(2階)(I-7)、MAP3(3階)(J-7)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1コウモリ族×3,ゴブリン族×325~30デルクフの塔下層90090
2コウモリ族×3,巨人族×325~30デルクフの塔下層90090
3コウモリ族×3,Chaos Idol×225~30デルクフの塔下層90090
4コウモリ族×4,Bogy×225~32デルクフの塔下層98098
5コウモリ族×4,マジックポット族×225~35デルクフの塔下層94094



デルクフの塔中層(クフィムリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP5(5階)(H-10)、MAP6(6階)(H-9)、MAP7(8階)(F-6)、MAP10(10階)(F-9)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1ゴブリン族×4,コウモリ族×325~34デルクフの塔中層1090109
2巨人族×4,コウモリ族×325~34デルクフの塔中層1090109
3ゴブリン族×4,巨人族×430~34デルクフの塔中層1290129

デルクフの塔上層(クフィムリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP10(10階)(G-7)、MAP13(12階)(G-10)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1巨人族×634~35デルクフの塔上層1010101
2Jotunn Wallkeeper×2,
Jotunn Gatekeeper×2、コウモリ族×2
62~69デルクフの塔上層1520152
3Jotunn Hallkeeper×2,
Jotunn Wildkeeper×2、コウモリ族×2
62~69デルクフの塔上層1520152
4Jotunn Gatekeeper×2,
Jotunn Hallkeeper×2、アルカナ類×2
65~69デルクフの塔上層1540154
5Jotunn Wildkeeper×2,
Jotunn Wallkeeper×2、アルカナ類×2
65~69デルクフの塔上層1540154

ラングモント峠(フォルガンディリージョン)

Grounds Tomeの位置:(F-11)、(L-4))、(G-8)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Wind Bats×4,Blade Bat×13~5ラングモント峠27027
2Seeker Bats×5,Ooze×125~30ラングモント峠93093
3Goblin Mugger×4,Goblin Gamble×226~30ラングモント峠91091
4Goblin Leecher×4,Goblin Gambler×226~30ラングモント峠91091
5Stirge×4,Hecteyes×230~34ラングモント峠92092
6Bilesucker×5,Hovering Oculus×287~92ラングモント峠2260226
7Goblin Hoodoo×3,Goblin Chaser×388~90ラングモント峠1540154
8Goblin Tanner×3,Goblin Artificer×388~90ラングモント峠1850185

フェ・イン(フォルガンディリージョン)

Grounds Tomeの位置:MAP1(F-11)、MAP2(I-5)
ページ討伐対象対象の目安レベル訓練エリア経験値 ギルタブ
1Vampire Bat×4,Drone×240~43フェ・イン1180118
2シャドウ族×4,Ore Golem×243~46フェ・イン1240124
3Underworld Bats×5,Talos×150~55フェ・イン1310131
4Underworld Bats×4,Droma×250~56フェ・イン1310131
5Underworld Bats×5,Colossus×150~58フェ・イン1340134
6Killing Weapon×3,Hellish Weapon×359~63フェ・イン1470147
7Balayang×4,Wekufe×295~99フェ・イン2060206
8Balayang×4,Sentient Carafe×395~99フェ・イン2250225

  • 攻略のヒント
    • ページ1,2と7,8はMAP一枚目、3~6はMAP二枚目で狩る事が主となるが、その内3~5と7,8は本からの移動距離がやや長いため、生息域を的確に移動しないと稼ぎが悪い。
    • どのページも対象外のアクティブモンスターが混在して配置されていたり、NM放置されていることが多いが、リンクしない距離で釣る、徘徊範囲外の通路に引っ張るなどは可能であり、警戒を怠らなければそれほど問題とはならないだろう。
    • Page1:入口最寄の広間にコウモリが、通路の各小部屋等にドールが配置されており、数自体は充分。移動距離も短く比較的狩り易い。
    • Page2:GoV導入と高レベルモンスター配置に伴い、シャドウ族MAP1なら(H-10)から(I-10)あたりの通路などに追いやられている。MAP2(H-5)等には一段上のレベルのシャドウ族も居るが、ゴーレムから経験値を得られるレベルが事実上の限界となる。ゴーレムの配置数がやや少なく、取り合いになるとペースが落ち易いのが難点。
    • Page3~5:3匹コウモリMAP2枚目の随所に配置されており、また各ページ固有の対象であるドール、ポット、ゴーレムも小部屋や広間などに充分な数が居るため、移動距離が少々長い以外は適度である。
    • Page6:MAP2(I-5)の本のすぐそば、と言うよりも本自体が対象のウェポン族の徘徊範囲内でもあり、各2体ずつが配置されていることから移動距離も短く、リポップも早いのでソロや少人数の場合は移動は不要。
      競合あるいは殲滅力が高すぎる場合は移動して別方面のウェポンを狙うのも考慮となる。
      ただし、本の付近は凍結の回廊へのエリアチェンジ境界までウェポンの徘徊・感知範囲であり、ある程度のレベルまではスニークなしだと遠慮なく絡んできていたが、いつの間にやら本付近のウェポンは削除され、安全に移動できるようになった。但しこの影響で生息数が4体に減っており、連戦できる状態であればリポップ前に必ず枯渇してしまう結果となり、効率は激減している。
    • 最大の難点はフェ・イン自体のアクセスの悪さである*4。長期滞在を予定する場合は個々に必要と思われる料理食材シグネット補給のため各儀杖の用意も考慮対象となるだろう。

関連項目

フィールド・オブ・ヴァラー】【グラウンド・オブ・ヴァラー】【自主訓練】【自主訓練/ジラートエリア
*1
訓練内容の変更に合わせて達成時のボーナスも調整されている。1010/103 → 990/99
*2
ドロップ品でエリア固有のものはせいぜいツェールンの煤くらいであり、ミミズが落とすのもGoV導入前と変わらず亜鉛鉱だったり、カニもレベル70後半ながら上質な陸ガニの甲殻を落とさず、目玉アイテムプルーエスリングTreasure Casketからの出現なので戦利品プールに気を使わなくても良いといった点も影響していると思われる。なおGoV導入前は全エリア中最低レベルのリーチだったためカーバンクルの紅玉を落とさない仕様だったが、Lv80近くになった現在ドロップするようになったかどうかは不明。
*3
主要黒魔法スクロールの一つ、スリプガIIの関連クエストゴミのおつかい」で必要とされる。ウィンダスクエスト2人の世界」でも必要だが、こちらは大抵の場合ついでとしてオファーを受けることが多い模様。
*4
高レベルの踊り子は、限界突破クエストで使う証を利用してジュノ上層からワープが可能である。また召喚士北サンドリアから氷の音叉・改を使ってワープが可能。またジュノクエスト最後の試練!を突破済みの人ならジュノ下層から有料有料でワープする事が可能なほか、ユニティワープでもフェ・イン入り口までは移動が可能。さらにク・ビアの闘技場前にHome Pointが追加され、アクセス面は大きく改善されている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。