グラウンド・オブ・ヴァラー(ぐらうんど おぶ う゛ぁらー/Grounds of Valor)
グラウンド・オブ・ヴァラー」は任意の訓練を受けて指定された敵を指定された数倒すことで、経験値ギル、冒険の役に立つサービスを利用できる専用のポイントを入手できるコンテンツ。

2011年5月10日のバージョンアップ実装された。

さしずめフィールド・オブ・ヴァラーダンジョン版といったようなコンテンツだが、次のような違いがある。


対象エリア一覧

リージョンエリア
ロンフォールボストーニュ監獄龍王ランペールの墓
ザルクヘイムオルデール鍾乳洞グスゲン鉱山
ノルバレンエルディーム古墳
グスタベルグツェールン鉱山ダングルフの涸れ谷コロロカの洞門
デルフラントクロウラーの巣
サルタバルタ内ホルトト遺跡外ホルトト遺跡トライマライ水路
コルシュシュシャクラミの地下迷宮オンゾゾの迷路
アラゴーニュガルレージュ要塞
クフィムデルクフの塔下層デルクフの塔中層デルクフの塔上層
フォルガンディラングモント峠フェ・イン
リ・テロアボヤーダ樹
クゾッツ流砂洞
ヴォルボークフタルの洞門グスタフの洞門
低地エルシモ海蛇の岩窟
高地エルシモイフリートの釜ウガレピ寺院怨念洞
トゥー・リアヴェ・ルガノン宮殿ル・アビタウ神殿

自主訓練

指定された敵(経験値が入るもの)を倒すと、訓練項目に応じた経験値ギルタブを入手できる。ただし、ギルタブを得られるのはヴァナ・ディール1日に1回のみ。入手できるか否かはいつ訓練を受けたのかによるのではなく、達成した時点で日が替わっていればよい。訓練は途中でキャンセルすることも可能。ジョブチェンジすると強制的にキャンセル扱いとなってしまうが、ログアウトエリアチェンジ戦闘不能でキャンセルされることはない。

尚、FoVGoVで得られるタブや、ギルタブを得られるタイミングは別途管理ではなく互いに共有と成っている。

報酬は2回目以降、回数をこなすごとにその自主訓練に設定されている基本値の+4%が上積みされてゆく。最大値は基本値の+100%(26回目)まで。一時技能同様にエリアチェンジするとリセットされるが、ログアウトでは保持されたままとなる。
また、この報酬増加率はエリア内で共有されており、例えば訓練ページ1で増加率を最大まで成長させてからページ2の訓練を達成すると、そちらで得られる報酬も最大のものとなる。

対象となるモンスターは既存のモンスターの他、2011年5月10日のバージョンアップで新規追加された高レベル向けのモンスターも含まれる。その為、低~中レベルまでのレベル上げの他、高レベル帯でも利用することが可能。
また対象エリアバージョンアップ毎に順次追加されており、2012年8月現在ではほぼすべてのレベル帯に対応した自主訓練が存在する。

受ける事ができる種類やエリアなどの詳細情報は、【自主訓練/オリジナルエリア】【自主訓練/ジラートエリア】を参照のこと。

一時技能

自主訓練完了後、ランダムで自身に有効な強化が付与されることがある。この強化エリア内にいる限り有効であり、ログアウトでは消失しない。
更に自主訓練を繰り返すことで徐々にレベルが上がり、効果が上昇していく。

強化の内容は飛攻アップといったステータスに関わるものから、トレジャーキャスケット発見率アップ・クリスタル入手率アップといった補助的なものまで多岐にわたる。

戦闘支援

タブを消費することにより、野戦教本(Grounds Tome)からさまざまな効果の戦闘支援を受けることができ、その種類はフィールド・オブ・ヴァラー対象地域のそれよりも多岐に渡る。詳しくは【戦闘支援】を参照のこと。

歴史

対象エリア実装時点ではオリジナルエリアダンジョンが中心だったが、対象エリアバージョンアップに伴い、順次拡大されている。2011年9月20日のバージョンアップではジラートエリアダンジョンの一部が追加された。2011年12月15日のバージョンアップではデルクフの塔(下層、中層、上層)、ウガレピ寺院怨念洞海蛇の岩窟流砂洞が追加された。

GoVの対象になった場合、該当エリアの敵の配置変更・追加*1Treasure Casketの追加などが行われる。再配置されたエリアモンスターの再ポップ時間が5分になるが、海蛇の岩窟イフリートの釜ウガレピ寺院怨念洞のように、モンスターが再配置されなかったエリアポップ時間は据え置きになっている*2

関連項目

自主訓練】【Grounds Tome】【フィールド・オブ・ヴァラー】【Treasure Casket
*1
高レベル用モンスターを配置する際に、元々居たモンスターがゴッソリと別の場所に配置され、それらの場所にlv90からみても強そうな相手が新規配置される。尚、公式では「ミッション等で向かうルートには変更を施さない」と言って置きながらアッサリと地獄の様な道程に改悪し、場所によってはクエスト実行自体が困難と成っているエリアも有る。後に一部のクエスト等では周囲のモンスター生息域・徘徊範囲の修正、イベントポイントそのものの移動等が行われ、難易度が若干緩和された。
*2
これらのエリアも、後のバージョンアップに伴いリポップ時間がおよそ5分に短縮された模様。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。