Ice Elemental(あいす・えれめんたる)
  1. モンスターの一種。エレメンタル類エレメンタル族
  2. アビセア-ウルガランに出現するエレメンタル族NM

Ice Elemental

通常モンスター

エリア天候吹雪になった時に現れる属性からなる存在。通称、氷エレ

属性物理攻撃に強力な耐性を持つ。弱点属性
サイレスパライズはまず通らない。エレは強力な精霊魔法を使用するため、黙らないのはかなりの痛手。
また氷エレは、出現直後でない限り高確率でアイススパイクがかかっている*1。解除手段がない場合、楽以上で時々麻痺状態になり、丁度以上になると麻痺率が非常に高くなるため狩るにはそれなりのレベルが必要とされる。
到底かなわない場合は逃げるしかないが、運が悪いとバインドで足止めされる可能性がある。エレメンタルの中でも、かなり嫌な部類に入るだろう。

出現する可能性のある場所は、バルドニア地方全域とラングモント峠を除いたフォルガンディ地方、およびバタリア丘陵エルディーム古墳。なおル・オンの庭ル・アビタウ神殿ヴェ・ルガノン宮殿には天候によらず常時出現している。

氷エレは、その特徴から北方エリアで出現率が高く、特にザルカバードテレポヴァズで手軽にアクセスできる場所であるため、狩ろうと思ったときにいつでも狩れる感がある。もっとも、ザルカバード氷エレはそれなりにレベルがあるため、効率よく収集するならば、生息位置が決まっており*2生息範囲が狭いボスディン氷河のほうが良いだろう。

イフリートの釜炎の壁を除去する際など、事前に狩りにくる者も多い。

倒すと、必ず一つは氷の塊を落とす。

生息域

Lv地名備考
38~40バタリア丘陵雪稀
44~46ボスディン氷河雪多
45バタリア丘陵〔S〕雪稀
48~49ズヴァール城外郭
48~50ザルカバード
50~80ソ・ジヤ
52~55エルディーム古墳
56~58フェ・イン
66~68ウルガラン山脈
70エルディーム古墳〔S〕
73~74ル・アビタウ神殿常時
78~79ル・オンの庭常時
最寄HP#2
79~80ヴェ・ルガノン宮殿常時
80アラパゴ暗礁域
ボスディン氷河〔S〕
ザルカバード〔S〕
82~84ウルガラン山脈

NM

VNMの一体。アビセア-ウルガラン系の第一段階に属する、エレメンタル類エレメンタル族NM

出現条件

三日月形の無色のジェイドを所持した状態で、出現エリアアビセアンとコンタクトすると出現する。第二段階以上のNMと異なり、1エリアに複数体出現する(データ上は最大3体)。
このNMではなく、Water Elementalがわくこともある。

特徴

HP20000程度。氷系の精霊魔法を使用する。
通常のエレメンタル族と違う点は、常時麻痺スフィアを展開していること、また魔法通常攻撃並みの頻度で使用する。

戦利品

討伐時に三日月形の無色のジェイド三日月形の変色ジェイドに変化することがある。星唄の煌めき【六奏】を所持していれば100%変化する。
固有のドロップアイテムは存在しない模様。

関連項目

エレメンタル】【氷の塊】【炎の壁】【アビセアン
Copyright (C) 2002-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
属性でアイドル時に唱えられる魔法エンブリザドアイススパイクしかないため。同様のことは炎エレ雷エレスケルトン族黒魔道士獣人全般にもあてはまる。
*2
ボスディン氷河のみ、何故か水辺に生息する。ボスディン氷河マップ上の池を目安に行動すれば良い。特にアウトポストに飛んできた場合はたいてい目の前の池周辺をうろうろしている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。