MO(えむおー)
  1. Multiplayer Online(多人数参加型オンライン-ゲーム)の略。

    ネットワークを使って多人数が同時に参加できるゲームの総称だが、現在は一定規模のインスタンス空間を占有してプレイするタイプのオンラインゲームという意味で使用される用法が定着している。主にMMOゲームとの対比で使用される。

    一般的には、ゲームログイン後にサーバリスト(ロビーなどの形態を採るゲームもある)から、プレイするサーバを選択し、集まったメンバーでゲームを進行する。プレイ人数は、4人程度から256人程度までとゲームによって様々。
    MMOタイプのゲームのジャンルが主にRPGに限定される事に対して、MOタイプのゲームには、FPSやRTSを筆頭にスポーツやレースなど、様々なジャンルのゲームが開発されている。
    世界初のMORPGであるDiabloの大ヒットをきっかけにジャンルが開拓され、世界的にはEAのBatttleFieldシリーズが全世界で数百万人規模のプレイヤー数を誇るなど、オンラインゲームの世界では主流をなしている。コンシューマ機では、「→ファンタシースターオンライン」の成功をはじめ、最近ではカプコンのモンスターハンターフロンティアがWindowsでリリースされるなど新作の開発も活発である。

    PCの世界では、パッケージ販売が主流で1度ソフトを購入すれば以後のプレイ料金は不要となるのが一般的であるが、一部コンシューマ用タイトルはパッケージ販売+月額課金体制を構築しており、さらにDCFF7のように短期間でオンラインサービスが終了してしまうなど、PCゲームに比べプレイ環境が整備されているとは言い難いのが現状である。

    参考)【MMO

  2. 光磁気ディスク(Magneto Optical Disk)のこと。

    光磁気ディスクに使用されている記録層は、常温で非常に大きな保磁力を持っており、普通の磁石や磁気ヘッドでは磁性を変えることはできない。
    そのためデータを記録する際は、記録層をレーザー光により熱して記録層の磁気を消し、冷める瞬間に磁力を与えデータを書き込んでいる*1
    また、データを読むときは磁化されたものに光を当てるとわずかにひねられて反射する*2*3事を利用して読んでいる。

    磁気で記録して光で読む、これが光磁気ディスクと言われる所以である。
*1
磁石はある温度(キュリー点)以上に加熱すると磁力を失ってしまう。
*2
極が違うとこのひねりは逆向きになるので区別する事ができる。
*3
磁場内の物質あるいは磁性体によって反射光の偏光面が回転することを磁気的カー効果という。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。