オリジナルエリア(おりじなるえりあ)
FFXIの拡張コンテンツを登録しなくても利用可能なエリア公式名称
長い事この名称が存在しなかったため、プレイヤーの間では「初期エリア」、新エリアに対して「旧エリア」、拡張エリアに対して「通常エリア」などとも呼ばれている。

ジラートエリア」「プロマシアエリア」「アトルガンエリア」「アルタナエリア」「アビセアエリア」「アドゥリンエリア」に対して、それ以外のエリアを指す場合に使用される表現。

基本的に後から追加されるエリアは何らかの拡張コンテンツを必要とするため、概ねオリジナルエリア初期エリア(サービス開始当初から存在するエリア)と言えるが、アブダルスの模型-レギオン魂の聖櫃のように、10年近く経ってから拡張コンテンツが不要なエリアが追加されたことで、必ずしもオリジナルエリア初期エリアとは言えなくなっている*1

オリジナルエリアを含むリージョン一覧


なお、龍王ランペールの墓マップ[2](高Lvエリア)、ボストーニュ監獄マップ[2][3](迷路エリア)、トライマライ水路東部、デルクフの塔11層以上はジラートの幻影と同時に行けるようになったものの、拡張された場所に行くのにジラートの幻影は必要ない。そのため、これらはあくまでオリジナルエリアの一部と言える。

関連項目

ジラートエリア】【プロマシアエリア】【アトルガンエリア】【アルタナエリア】【アビセアエリア】【アドゥリンエリア】【旧エリア
*1
厳密には、ジラートの幻影と同時期に実装されたデュナミスについては拡張ディスクを必要とするという公式アナウンスがなく、進行上もジラートエリアに行く必要がないため、オリジナルエリアの一部である可能性がある。サイトによって必要とするところと不要とするところがあり、実際のところは要検証。なお、いわゆる新裏についてはジラートの幻影プロマシアの呪縛の2つが必要になることがアナウンスされている。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。