ウィンダス(うぃんだす/Windurst)
  1. 国家としての『ウィンダス連邦』の略。
  2. リージョンウィンダス連邦』。PCが使用する場合は大抵この意味。
  3. 1項の首都NPCが指す場合はもっぱらこちらの意味。『聖都』や『魔都』と表されることもある。

俗に言う「三国」の1つ。略称の「ウィン」で呼ばれることも多い。ゲーム開始時に種族タルタル若しくはミスラを選択し、かつ所属国ウィンダスを選択すると、ボーナスとして装備ウィンダスリング」を所持した状態でプレイを開始できる。魔法大国であること、狩りを得意とするミスラがいることから冒険者に支給されるものは軽装備品が多い。

国家「ウィンダス連邦

自治都市マウラウィンダス連邦の一部である。

公式設定

ミンダルシア大陸の南方や、その近隣の島々に住む小柄な民タルタルの諸部族が連合して成立させた連邦国家。

天の塔」と呼ばれる神殿に住む神子の信託を元に、諸部族の代表の名残である、各分野の博士達の合議で治められている。

街の一角には、タルタル族と友好関係にあるミスラ族が暮らし、天性のハンターである彼女達の狩りの技が、この都を一層豊かなものにした。

連邦の首都ウィンダスは、数十年前の戦火で一度は見る影もなく荒れ果てたが、今では街全体が魔法研究機関として機能する学術都市として、見事な復興を遂げている。
人々が多く行き交い、荒廃の面影はもはや無い。
ウィンダスは今、再び静かな平穏に包まれている。

周辺には、サルタバルタと呼ばれる広大な原野が広がり、この地方特有の植物が自生している。

→公式サイト「その、美しき世界~ウィンダス連邦」より

政治・行政

政治体制は、連邦制。星の神子は指名制のようである*1
政治意思は各院の院長による会議と、星の神子による占いで決定される。とりわけ星の神子による天文泉を用いた占いや予言が長らくウィンダスの政治を担っている。

民族構成(冒険者を除く)

魔法を発見し使いこなすタルタルと、南方の国から移り住んできたミスラが主要構成民族となっている。

言語

ウィンダス地方独特なのかウィンダスに住むタルタル達は個性があり独特な口調の者が多い。多数の部族で構成された連邦国家であるため、それぞれのお国訛りで喋っているのであろうか。

宗教

軍事

ウィンダス連邦ガード役も勤めている「戦闘魔導団」や「ミスラ傭兵団」などの軍事力を持つ。全体では1,000人を超える戦力になると見られる(「ウィンダス連邦軍」の頁を参照)。

リージョンウィンダス連邦

ウィンダスの街並みは自然を利用した造りであるため道が入り組んでおり、初めて訪れたものは道に迷いやすい。
4エリアに渡る広大な街であるために移動に手間取りがちであるが、魔法大国だけあって4名の高位黒魔道士が相互に瞬間移動の「転送サービス」をしてくれる*2
サンドリアバストゥークと違い行政区に相当するものはなく五院および領事館は各区に分散している。

所属エリア


ウィンダス連邦の主な人物


所属国ウィンダス連邦

ウィンダス連邦……
魔力に満ちた水と、偉大なる大樹の恵み。

月と星の加護を受けし、それはそれは、古き都。

ゲーム開始時にウィンダス連邦所属国に選択すると、以下の3箇所のいずれかからゲームを開始することになる。

このイベントでもらえる冒険者優待券は、ゲーム開始時に降り立った各エリアモグハウス前にいるカーディアントレードすることになる。

また、ウィンダスの主要構成種族であるタルタルミスラで開始した場合には、特典として指装備ウィンダスリング」が所持品に含まれる。

関連項目

サンドリア】【バストゥーク】【ジュノ
*1
神託によるものか、それとも別の条件があるのか、今のところ謎である。
*2
1つは「ウィンダス森の区チョコボ厩舎前」と「ウィンダス水の区目の院横」間のコース、2つめは「ウィンダス石の区競売上」と「ウィンダス港口の院上」間のコース
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。