★翼もつ女神(つばさもつめがみ/★Maiden of the Dusk)
上位ミッションバトルフィールドの一つ。2019年9月10日のバージョンアップ実装された。

戦闘エリアレイヤーエリアウォークオブエコーズ〔P〕」。

突入条件

Lv制限無し制限人数6人・制限時間30分。

ファントムクォーツ【女神】を所持した状態でセルビナ(H-7)のVeridical Conflux調べることで突入可能。

ファントムクォーツの交換にアルタナミッション翼もつ女神」のクリアが必要。

プレイヤーにあわせて「とてもやさしい」から「とてもむずかしい」まで5段階の難易度を選択して突入できる。

なお、BF内に退出ポイントはなく、時間切れかテンポラリアイテム幽門石の欠片」を使用することで脱出できる。

攻略

敵はLady Lilithが1体。これを倒すとクリア。勝利すると占有時間が残り6分になる。
高難易度の場合はさらに第二形態のLilith Ascendantが登場し、2連戦となる。

Lady Lilith通常攻撃が前方範囲の闇属性ダメージノックバックとなっており、インパクトアブゾ系魔法などの闇属性魔法を、高難易度になるとさらにメテオメルトンも行使する。
また闇属性や、それに類する収縮重力連携吸収する。特に連携吸収量は倍化するのか、とんでもない量のHP回復するので注意。
闇連携吸収
ほか、高難易度ではHPが減ると魔力の泉を使用する。

Lilith AscendantはLady Lilithとは逆に光属性吸収するようになっており、第一形態と第二形態で連携を変える必要がある。
こちらはHPが減るとトランスを使用し、特殊技を連打してくる。

戦闘開始と同時に中央のフィールドターゲット不可の魔方陣「Dark Gyves(第二形態移行時にLight Gyvesに置き換わる)」が円形に配置される。
この魔方陣の円から外側で戦うとボスにダメージを与えることが出来なくなる。

また、特殊技を使うとターゲット持ちの周囲に同様の魔方陣を展開する。
Dark Gyvesは定期的に範囲攻撃を行うほか、低難易度では魔法回避率ダウンスフィアを、難易度「ふつう」以上ではさらに死の宣告スフィアも発生させる。
第二形態のLight Gyvesは範囲攻撃のほか、ディア悪疫呪いHP回復不可)のスフィアを発生させる。
こちらの魔方陣は攻撃可能だが、属性ダメージ吸収するほか、かなりHPが高く破壊は困難。

さらに、高難易度ではDark Gyvesから透明な冥護四衆LarzosHaudraleAquila)が出現する。
これらはターゲット不可&範囲攻撃に巻き込むことがでない無敵の状態ながら、こちらのPTメンバーを無差別に殴り続けてくる。
そのため挑発フラッシュではタゲが取ることができず、センチネルフォイル等の強化手段でヘイトを上げてタゲを奪う必要がある。
Light Gyvesは数が多くなるほどLilith Ascendantがダメージカットを持つようになり、最終的にまったく攻撃が通らなくなる。

なお、前述のDark Gyvesや冥護四衆Lady Lilithを倒して第二形態に移行した後も残り続ける。
そのためLady Lilithに極力特殊技を使わせないで形態移行させると、後半の戦いが若干楽になる。

ちなみに2体と戦う都合か、両形態ともにHPが低めに設定されている。
そのため第一形態のみで終わる低難易度の場合はソロでも数分で倒せるほか、高難易度ではマジックバースト戦法による速攻撃破が可能。
むしろ冥護四衆の参戦や際限なく増える魔方陣のせいで、時間をかけるほどこちらが圧倒的に不利になるため、短期決戦が推奨されているともいえる。

ただし、後述するように「ふつう」以上の難易度については一定条件を満たすたびに装備品抽選枠が1つ増えるというギミックがあり、その条件によっては短期決戦との両立が難しい可能性もある。

特殊技

Lady Lilith

名称範囲効果補足
サブジュゲートスラッシュ前方範囲ダメージノックバックヘイトリセット
ダークソーン自身ドレッドスパイクイレースドレッドスパイクディスペルで消去可
デュランスウィップ前方範囲ダメージバイオバインドアムネジア
フェイタルアリュア前方範囲魅了視線判定
ムーンライトヴェール自身中心範囲ダメージスタン魔法防御力ダウン魔法回避率ダウン
ペタラインテンペスト自身中心範囲ダメージHPmaxダウンMPmaxダウンTPmaxダウン

視線魅了ドレッドスパイクの多用により、何も対策せずに近接攻撃メインで戦うと容易に返り討ちに遭う技構成となっている。

Lilith Ascendant

名称範囲効果補足
ダークサン自身中心範囲光属性魔法ダメージディア魔法命中率ダウン
ダークムーン自身中心範囲闇属性魔法ダメージ悪疫MPスリップのみ)+魔法回避率ダウン
ダークフレア前方範囲火属性魔法ダメージINTダウン魔法攻撃力ダウン
ダークフリーズ前方範囲氷属性魔法ダメージAGIダウン回避率ダウン
ダークトルネド自身中心範囲風属性魔法ダメージVITダウン防御力ダウン
ダーククエイク自身中心範囲土属性魔法ダメージDEXダウン命中率ダウン
ダークバースト前方範囲雷属性魔法ダメージMNDダウン魔法防御力ダウン
ダークフラッド前方範囲水属性魔法ダメージSTRダウン攻撃力ダウン

アルタナミッションのときの性能(即死脱衣強化全解除、etc...)はさすがに極悪すぎたのか、追加効果はすべて差し替えられている。

Larzos

魔法は詠唱しないが、出現と同時に特殊技を連続で使用してくる。
名称範囲効果補足
フォローンインパクト対象中心範囲物理ダメージノックバック

他、シャッターソウルガーランドオブブリスタルタロスゲートなどの両手棍WSを使用する。

Haudrale

赤魔道士タイプなのか、頻繁にサイレス弱体魔法II系ディスペルなどを詠唱してくる。
名称範囲効果補足
サベッジソードハンド自身中心範囲物理ダメージディスペル

他、エクスピアシオンロズレーファタールレクイエスカットなどの片手剣WSを使用する。

Aquila

黒魔道士タイプなのか、距離をとって頻繁に精霊V系精霊ガIII系などを詠唱してくる。
名称範囲効果補足
アルタイルブレット自身中心範囲ダメージ麻痺静寂悪疫MPスリップのみ)かなりの広範囲

戦利品


公式フォーラムでは、難易度に関係なく装備品ドロップ率が2019年7月より実装してきた「ケット・シー」等の上位召喚獣バトルフィールドより高めに設定してあること、「ふつう」以上の難易度については、一定条件を満たすたびに装備品抽選枠が1つ増える(ただし必ずしも装備品が増えるとは限らない)こと、「とてもむずかしい」が最も多く装備品抽選枠をもつ可能性があることが発表されている*1

関連項目

上位ミッションバトルフィールド】【翼もつ女神
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。