フリーズ(ふりーず/Freeze)
  1. 黒魔法の一つ。精霊魔法に属する。古代魔法と呼ばれる魔法群の一つ。
  2. 情報量過多等の理由で演算処理が中断され、操作不能になること。
    FF11に限らず、コンピュータ一般に使用される用語。

1:古代魔法フリーズ

敵に氷属性ダメージを与え、火属性に対する防御力をダウン。

名称習得可能Lv消費MP詠唱再詠唱属性スキル
フリーズ5031512秒60秒精霊魔法

Lv50制限の状況下における最強の攻撃手段の1つである。レベル制限撤廃前の応龍戦などでお世話になった人は多いのではなかろうか。

当初は古代魔法の中では最も早く習得できると同時に最も威力が低かったが、2013年7月9日のバージョンアップ消費MP詠唱時間などの性能が変更され、他の古代魔法と同等になった。

変更前の性能については古代魔法の項を参照。

スクロールの入手方法

エルディーム古墳奥のゴースト族モンスターHaunt、グスタフの洞門のDoom WarlockやTaxim龍王ランペールの墓のSpartoi Sorcererなどが稀に落とす。

実装当初Hauntを倒すことはかなりの危険行為だったので、フレアクエイク程とまではいかずとも高値で取り引きされていた。
現在ではBFNM戦績BF戦利品としても入手可能となり、供給量が増加したためリーズナブルなお値段で購入できることが多い。
モグガーデン漂着物として入手することもある。

販売店舗

エリア店舗名・座標NPC備考
ジュノ下層ワーグデーグ魔法書店・H-9Susu常時入荷

標準価格1,750ギル店売り可。

ファイナルファンタジーシリーズフリーズ

初出はFF7。「ふういん」マテリアから覚えられる冷気属性ダメージ魔法で、全体化できないものの、ストップ状態にする追加効果があった。
また、FF9では状態異常としての「フリーズ」が存在し、こちらは行動不能に加えて物理攻撃を受けると一撃で戦闘不能になるという状態。一定時間待つか炎属性魔法をかければ解消できる。

2:FF11とシステムのフリーズ

フリーズFF11で発生した場合、画面上では全ての動きがストップしたまま、通常のあらゆる操作を受け付けなくなる。

特に、積み重ねた功績に対する報酬を終了/精算時にまとめて受け取ることになるビシージカンパニエバトルでは、全てが無に帰す致命的な結果をもたらすこととなる。また、起動後に行ったマクロの変更も失われるため、マクロの編集時にはこまめなシャットダウンと再起動や、サーバスロット(ハードディスク)への保存が必要となる。
PC版でフリーズが発生した場合はPCの一般的な再起動の手順を踏めばよいが、Ctrl+Alt+Delete等のきかないPS2版では、回線抜きをしてみるか、それでも駄目なら電源を落とすしかないので非常に HDD(と心臓)に悪い。
Xbox 360では頻発しているが改善の見込みは全くない。

関連項目

古代魔法】【フリーズII
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。