アブゾ系(あぶぞけい/Absorb Series)
暗黒魔法の一系統で、下表にある魔法の総称。

ジョブでは暗黒騎士のみ習得可能。他にフリントカプリコンが「アブゾイン」「アブゾアトリ」を使用する。

消費MP33、詠唱時間0.5秒、再詠唱時間60秒。闇属性

名称習得Lv対応ステータス
アブゾースト43STR
アブゾデック41DEX
アブゾバイト35VIT
アブゾアジル37AGI
アブゾイン39INT
アブゾマイン31MND
アブゾカリス33CHR
アブゾタック45TP
アブゾアキュル61命中
アブゾアトリ91良性ステータス変化

それぞれ対応したステータス吸収し、自分のものへと転換する魔法となっている。

吸収量は詠唱者のLvに依存する。Lv5毎に吸収量が+1されており、Lv95では最大22吸収アブゾタックについては、敵が持っているTPの4割ほどを奪う。
ジョブアビリティネザーヴォイド」によって吸収量+50%、ジョブポイントネザーヴォイド効果アップ」、BLフランチャー+1およびその打ち直し品の「ネザーヴォイド効果アップ」によって合計+125%まで強化可能。下記装備プロパティとは別枠で乗算される。
装備プロパティは表記ゆれが多いが「アブゾ性能アップ」「アブゾ吸収量+」「アブゾ系効果+」を持つ装備吸収量を上げることが可能。リベレーターのみ別枠で乗算されると思われる。
2016.12.13.時点での最大吸収量は基本値22*ネザーヴォイド2.25*リベレーター1.5*他装備1.25=92。

基本効果時間は90秒。(アブゾタック吸収したステータスに依存するアブゾアトリを除く。)暗黒魔法スキルの値に応じて延長される。スキル500で180秒。おおよそスキル+5ごとに+1秒で、スキル500以降も延長されキャップ不明。
ABバーゴネット+2及びその打ち直し品の「ダークシール効果アップ」とラトリソルレットの「暗黒魔法効果時間+」は同枠加算されて延長。下記装備プロパティとは別枠で乗算される。
アブゾ系効果アップ」「アブゾ系効果時間+」の装備で延長可能。

術者の特定ステータスを一定値減少させ、術者ステータスを一定値上昇させるという2つの事象の組み合わせとなり、アブゾタック以外はそれぞれをイレースディスペルで消すことが可能。
ステータスダウンの効果を受けた際、該当するステータスを敵から吸収できれば、ダウン効果をアップ効果として上書きできる*1

アブゾ系は全て別枠であり、吸収しようと思えば、8種のステータスを奪うことができる。アディ系ゲイン系とは別枠であり、共存可能であるが、ステータスアップの妙薬テンポラリアイテム勇者の薬アビセアで対応するステータス支援効果と同枠で共存できない。


精霊系弱体魔法と共存が可能なため、マジックバースト直前にアブゾインバーンを組み合わせることで対象の大幅なINT減を狙うことも可能であったり、STRVIT吸収することでSV差(自STRと敵VITの差)の上昇による固定ダメージの増加をも可能とするなど、使いこなせれば大きなポテンシャルを秘めている。
しかし、MPを消費すること、属性であるため一部の敵には効かないといった留意点もある*2

アブゾタックは累積320/揮発320の、アブゾタック以外は累積1/揮発320の敵対心が発生する。

変遷





アブゾ系強化装備

吸収量アップ性能Lv
IL
ジョブ
両手剣メコスカスブレードアブゾ吸収量+10%119
両手鎌リベレーターアブゾ性能アップ(+20%)75
アブゾ性能アップII(+25%)80
アブゾ性能アップIII(+30%)85
アブゾ性能アップIV(+40%)90,95
アブゾ性能アップV(+50%)99,119
祝融戈アブゾ吸収量+13%119
両手パーヴァガントレアブゾ性能アップ(+10%)93
エーラペンダントアブゾ系効果+5%99
チュパローサマントアブゾ性能アップ(+10%)97

効果時間延長性能Lv
IL
ジョブ
両手鎌ヴォイドサイズアブゾ系効果アップ(+10%)99
ブラックサリット
オニキスサリット
アブゾ系効果アップ(+10%)71
IGバゴネット+2アブゾ系効果時間+10%119
IGバゴネット+3アブゾ系効果時間+20%119
両手ヴィシャスマフラアブゾ系効果アップ(+10%)70
ブラックガドリング
オニキスガドリング
アブゾ系効果アップ(+10%)71
両脚ブラッククウィス
オニキスクウィス
アブゾ系効果アップ(+10%)71
両足ブラックソルレット
オニキスソルレット
アブゾ系効果アップ(+10%)71
キシャールリングアブゾ系効果時間+10%99
チュパローサマントアブゾ系効果アップ(+22.5%)97
アンコウマントアブゾ系効果時間+10%99

関連項目

ネザーヴォイド】【ブラックプレートアーマー
*1
現在は上書きできないモンスターも多数配置されているため注意が必要。アブゾアキュルは自身に発生している命中率ダウン弱体効果を吸収による強化効果で上書きできない。また、吸収で敵に発生させた弱体効果もアブゾアキュルだけ上書きできない。詳しくはアブゾアキュルの項目を参照。
*2
主にアンデッド系デーモン系など。ただし、ドレイン系、アスピルドレッドスパイクなどと異なり、レジストされる可能性は高いものの無効という訳ではない。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。