タルタロスゲート(たるたろすげーと/Gate of Tartarus)
両手棍レリックWS
追加効果:攻撃力ダウンタイラスクラウストルム使用時:リフレシュ連携属性:湾曲

TP:アフターマス効果時間修正。連携属性/湾曲
倍率アフターマス効果時間Hit修正項目
TP100020003000
2.7520秒40秒60秒×1INT80%

レリックウェポン最終段階クラウストルム、第四段階タイラスデュナミス限定)、およびチトニクスタッフ(潜在発動時)を装備時に使用できる。

見た目はスピリットテーカーのように棍を正面に構えたあと、敵に内包したエネルギーを突くというもの。
残念ながら、このレリックWSは大ダメージが発生するわけでもなく、アフターマスリフレシュ効果もスピリットテーカーの方が効率が良いようだ。

そのリフレシュ効果であるが、「3秒毎にMP8ずつ回復」というのがTPに依らず共通した能力となる。その上で効果時間に以下のようにTP補正がかかる。

TP効果時間合計回復
100020秒間48
200040秒間104
300060秒間160

TP1000越え即撃ちで56回復、2000越えでは112回復したとの報告もあるため、TP50増加毎にリフレシュ効果時間が1秒延長すると考えられる*1

タルタロスゲートそのものは外れてもリフレシュの効果は付く。
純粋な回復量ではWSスピリットテーカー」に劣るが、外れても一定量回復するのが強みである。
相手によって使い分けるといいだろう。

歴史

元々の修正項目CHR60%と、黒魔道士にとっても召喚士にとってもブーストしにくい修正項目を持っていた。

2014年6月17日のバージョンアップでは他のWS共々基本性能が調整され、修正項目CHR60%からINT80%に変更された。これにより、修正項目ブーストしやすくなっている。

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加されている。

名称について

タルタロスの意味は地獄。このWSは差し詰め「地獄への門」といったところか。水晶大戦当時のクラウストルム所持者であるカイルパイル曰く「煉獄の門」。

関連項目

クラウストルム】【タイラス】【レリックウェポン】【チトニクスタッフ】【潜在武器】【レリックWS】【両手棍
*1
いかんせんクラウストルムの数が少なく、データも少ないため、今後有志による確実な検証が待たれる。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。