回避率ダウン(かいひりつだうん/Impairs Evasion)
ステータス異常の一つ。回避能力が下がっている状態。
回避率がダウンした状態。

主に敵のTP技によりこの状態を誘発されることが多い。コウモリ族(単体)の「超音波」、甲虫族の「高周波フィールド」、トカゲ族の「超低周波」、一部のシャドウ族通常攻撃追加効果などがこのステータス異常効果を持つ。

プレイヤーサイドから仕掛ける場合は、黒魔法ディストラ」~「ディストラIII」、両手斧WSシールドブレイク」「フルブレイク」、踊り子ミシックWSピリッククレオス」、一部の武器同田貫クルエルサイズクルエルスピアバイヤールソードサラソクラットメザラクアダージャンビアブラビューラ)の追加効果シーフジョブアビリティフェイント」、シヴァ契約の履行ダイヤモンドストーム」、オートマトンWSノックアウト」などが代表的。

風水魔法インデトーパー」「ジオトーパー」のコルア内(効果範囲内)にいる敵にも回避率ダウンを付与できるが、こちらは次の説明文になる。
風水魔法の効果により、回避率がダウンしている状態。

こちらは別のステータス変化のため、他の回避率ダウンと共存することが可能。

パーティ時、大半のプレーヤーにとっては食らおうがたいしたことが無いステータス異常だが、回避することに存在意義を見出す回避盾にとってはこれ以上無い厄介な状態である。

プレイヤーサイドからは「シールドブレイク」の追加効果として恩恵を受ける場合がほとんど。今でこそ「寿司」の登場で命中に不安は少ないが、寿司実装前は相手により多く命中させるためにこぞってシールドブレイクができる戦士を誘っていた時期があった。そのあまりの人気と効果の高さからシールドブレイク弱体化された経緯があるほど当時の冒険者はこのステータス異常を好んでいた(詳しくは「シールドブレイク」の項目参照)。

属性と関連の深い回避率を低下させる属性状態異常である。
炎エレ氷エレには効果が期待できないほか、プレイヤーサイドではバブリザなどでレジスト率を上げることができる。

関連項目

シールドブレイク】【フルブレイク】【フェイント】【超低周波
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。