シャッターソウル(しゃったーそうる/Shattersoul)
武神流秘奥義に属する両手棍WS

2011年11月29日に公式フォーラムにて公開された動画に登場し、その後2011年12月15日のバージョンアップにて実装された。
4回攻撃追加効果:魔法防御力ダウンTP:追加効果発動確率修正カトヴァンガ使用時:消費TPに応じたアフターマス発動。連携属性:重力硬化カトヴァンガ使用時:重力硬化

連携属性重力/硬化イオニックウェポンアフターマス中はも追加される。
倍率追加効果発動確率Hit修正項目
TP100020003000
1.375???×4INT73%/76%/79%/82%/85%

レベル96以上、両手棍スキル357以上のメリットポイントで習得することによって使用できる。あるいはイオニックウェポンカトヴァンガ」を装備中に使用可能。

モーションは振り回しての一撃を加えた後、レトリビューションの如く棍をぶつけながら魔力の球体で敵を包み、最後に叩き割るというもの。
魔法防御力ダウンの値は-10で効果時間は2分。

両手棍初の多段WSでの実装となる。
竜騎士にとっては、など一部の敵では両手槍主力WSスターダイバーより威力を出すことが可能である。
攻撃モーションが長めで、モーションの後半は魔法詠唱でキャンセルできるため、WS発動→振りかぶった辺りで精霊魔法詠唱開始と繋げることで、追加効果の発動時間を有意義に使うことができる。TP1000でもそれなりの効果が期待でき、ジャ系の相乗効果とマジックバーストを絡めることで、瞬間的に相当量のダメージを引き出すことも可能である。

WS自体の性能は高いのだが、ほとんどの両手棍が殴りに向いてないのがネックであるが、マジックアキュメンで溜めたTPの使い道の1つとして、場面によっては価値のある攻撃手段であると言える。

歴史

2014年6月17日のバージョンアップではWS全体の調整が行われたが、シャッターソウルは(少なくともアナウンス上は)性能に手を加えられなかった数少ないWSの1つである。

2017年6月7日のバージョンアップでは追加効果の発動率が引き上げられた。

2017年10月11日のバージョンアップで、ヘルプテキスト連携属性が追加されている。

名称について

名称は「魂の粉砕」の意味。

SS

シャッターソウル

関連項目

メリットポイント】【武神流秘奥義】【多段WS
Copyright (C) 2002-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。