罪狩りのミスラ(つみがりのみすら/Mithran Trackers)
ミスラ族の掟に反したミスラを狩るために、南方のガ・ナボ大王国(いわゆるミスラ本国)から派遣されるミスラ
ヴァナ・ディールにおけるミスラ本国の意志を負の意味で執行する存在であり、併せてその未開さ・野蛮さを象徴する存在。

名前は「スカリー(Shikaree)」+「アルファベット」となっているが、これはコードネームらしい。

一覧

名称登場ミッションクエスト
Shikaree Gアルタナクエスト勃発、ミスラ大戦
Shikaree Mウィンダスクエスト火の部族
Shikaree Xプロマシアミッション
Shikaree Yプロマシアミッション
Shikaree Zプロマシアミッション

Shikaree Gは話だけなら狩人AFクエストにもプロマシアミッションにもちらりと出ている。

任務

基本的には同族同士のトラブルに対する調査、解決(極刑等)を行うための組織であるようだが、プロマシアミッションでのかかわり方を見ると、ミスラ本国の主観的視点において、問題となる事を調査、解決(極刑等)を行う組織でもあるらしい。

ただし、その基準はあくまでも「ミスラ本国における法・正義」であり、親の罪を子に償わせようしたり、他国内で国の公務員に暴行を加えたり、世界の危機を特定個人の責任にしてみたりと、内容を中立的に見てみれば自分勝手としか思えない論理で裁きが下されているようにも見える*1

能力・特性

その戦闘能力、獲物をどこまでも追いかける執念については恐るべきものがあるようで、その恐ろしさを知る者の中には、名前を聞いただけで気絶してしまう事もある。
また一方で良くも悪くも自身に対して自信過剰な一面もあり*2、予想外の出来事に動転してしまうこともある。

その役割は罪を犯した者を狩ることであり、例えどこに逃げようとも地の果てまで追いかけてくるが、ザルカバードには踏み込めないようだ。また、目的のためならば手段を選ばない所も多々あり、人の話を聞かずに問答無用でくる場合もある。

狩人AFクエストプロマシアミッション等にも登場している彼女達だが、その実力はかなりのもの。

プロマシアミッション向かい風」でスカリーXShikaree X)、スカリーYShikaree Y)、スカリーZShikaree Z)の三人と対峙するのだが、これがまたやっかいな相手でプレイヤー顔負けの連携をしてくる。

レベル制限があった頃は非常に手ごわい相手だったが、戦闘中にもかかわらずサイレドンの黒焼きを貰って喜んでしまう辺りはやはりミスラゆえか…厳格なイメージを自ら崩していたりする。
「………んにゃーーっ!黒焼きだぁ! いっただきぃ!!」

名称について

スカリー=Shikaree(Shikari、Sicarii、Sikaariiとも)はヒンディー語で「狩人」「狩の」を意味する「शिकारी」に由来する。

なお、オルデール鍾乳洞スライム族「Stroper Chyme」がドロップすることがある「シカリーリング」の英語表記も「Shikaree Ring」であり、同一の英単語「Shikaree」に二通りの読みが存在することになる。

このリングと罪狩りのミスラの間に何らかの共通点があるのかは不明だが、日本語読みが異なることから、おそらく由来を同じくするだけと思われる。

その他

エンターブレインより発行されているはせがわみやび著の小説版Final Fantasy XIの作中でも、若干設定は変えてあるが登場している。

関連項目

ミスラ】【スカリー】【Shikaree X】【Shikaree Y】【Shikaree Z】【向かい風】【罪狩りたちの舞踏曲】【罪狩りたちの鎮魂歌】【罪狩り】【火の部族】【断ち切らん、その鎖を
*1
裁きの対象はミスラのみならず他種族にも向けられる恐れがあるため、他国にいるミスラと全く関係ないその国の民をミスラ本国の法で極刑に処すといった理不尽な事例がまかり通ってしまう。
*2
自分達なら何でも扱える。何でも出来る。という風な事を言う場面がある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。