ネカマ(ねかま)
ネットワーク上で女(♀)として振舞っている男(♂)。「ットオカマ」を縮めた表現。
逆に女性がネットワーク上で男性として振舞うことは「ネナベ(ネットオナベの略)」と云われる。

ネットワークコミュニティ用語として、FF11以前より広く使用されている用語。
オンラインゲームであるFF11としてはプレイヤー性別に関係なくキャラクターの種別性別を選択することが可能なため、一般的なコミュニケーションサイト(掲示板、チャット、メーリングリスト等)に登場するネカマと比較するとその存在に関する問題性の深刻さはあまりないものの、若年のプレイヤーの中には「キャラ性別プレイヤー性別」と頭から信じていたりするので、ロールプレイ等の「なりきり」プレイをするプレイヤー側はある程度モラルを守る姿勢は必要だろう。

背景

あくまで、基本的にプレイヤーは本人の性別に関係なくキャラクターを作成し冒険すること自体は何ら問題がない。
自分好みの種別、外見のキャラクターを作成して冒険をするということは、常に画面上に自分好みのキャラクターを見ていることができ、尚且つ自分好みの台詞の言い回しや、立ち振る舞い等をすることで、他人へではなくまず自分自身へそのキャラクターの存在感を際立たせることで冒険の楽しさを増倍させることもできる。
特にセカンドキャラクターとして作成する倉庫キャラは、自分好みの異性キャラを作成するケースはリアル男性、リアル女性関係なくしばしばみられ、ファーストキャラクターが十分成長したり、友人と行動を共にしている最中でその場から動かせない代わりに、倉庫レベリングを初めてそのまま自分好みのキャラクターでの行動に楽しみを見出したり、、とリアル男性、リアル女性に限らずロールプレイ(なりきりのほうの意味)として結果的にネカマネナベという現象が発生しているようである。
好きなあの子がリアル同性だった、と言うケースは日常茶飯事で、詳しく聞いてみたらお互いネカマネナベだったなど、中の人の背景も悲喜こもごも。

なお、長年RPに慣れたプレイヤー(TRPG等のプレイヤーに多い)の中には、キャラ萌えれば中の人性別なんてどうでもいい、と言う猛者も存在する。このようなプレイヤーは、あくまでゲーム上のキャラでのRP,キャラ遊びとして「中の人性別を気にする方が無粋」と言う考えを持つケースが多い為、リアル性別を気にする人とは相容れない事も多いようだ。

女性の場合は、かっこいい男性キャラを使用したいという場合に加え、女性キャラクターを使っている際に起こる交流トラブルや、異性間の問題を嫌がって、気楽な男性キャラクターを使用して意図的にネナベを演じるケースも少なくない。

逆に男性の場合、周囲の男性から「ちやほやされる」「貢がれる」事を期待して女性として振る舞うことも多いようだ。

こうした場合、男性のツボを男性であるネカマ自身が心得ている為か、引っ掛けられた相手は騙されている事に気付かず、ひどい場合には彼女(ネカマ)を喜ばせたい一心から他者の権利を侵害したり、財産を騙し取ろうとする、ハラスメントを行って気に入らない相手をコミュニティーから追い出す、などの行為に及ぶこともある。こうなると(中の人性別にかかわらず)「非女」と「従者」と呼ばれ、さげすまれることとなる(当然、アカウント停止ものの行為である)。
キャラ萌えにしろ、リアルでの発展を願ってのことにしろ、自分たち二人の関係で済まされるうちは問題ないが、他者に迷惑をかけていないかどうか、心当たりのある向きは一度冷静にわが身を振り返るべきだろう。

カミングアウト

ネカマであっても仲間にはカミングアウトしてる者もいれば、リアルフレやごく一部のフレにしか公表していない者、一切誰にもばらしていない者*1と様々である。
一般的に後者になっていくほど、ばれた時の周囲の反感は高い。

関連項目

ネナベ】【RP
*1
プレイ開始当初に自分が男性だと打ち明けられなかったのに加え、丁寧な言葉遣いで話していたばかりに、周囲から完全に女性だと思われ、今更打ち明けられなくなってしまった、というパターンもある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。