魔力(まりょく/Mana)
魔力は文字通り「魔法の力」のこと。

現実世界には存在しない力だが、ファンタジー世界であるヴァナ・ディールにおいては当たり前のように受け入れられている。

その意味するところはケースバイケースで微妙に異なっており、例えばフェローが「そろそろ魔力が尽きそう」と言い出した場合や、マーテローに関する「体力、魔力回復できる」と説明において、「魔力」=「MP」である(同様に「体力」は「HP」を意味する)。

「とてつもない魔力を宿す双子を見た。恐ろしい国だ……。」(ライニマードの台詞より)のようにNPCに関して用いられる場合には、魔法に関する総合的な(潜在)能力を意味するし、クエストとある契約」ではピクシーよって武器魔力オーグメント)が付与されている*1

現実世界では何らかの物理的な力が働かなければ起こりえないことでも、「魔力」「魔法」という便利な小道具を使えばすんなりと世界設定に取り入れることができるため、FFXIに限らずファンタジー世界では頻繁に用いられている。

関連項目

魔法
*1
「どうやらあなた様の武器は、これ以上、我々の付加する魔力に耐えられそうにありません。」という台詞がある。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。