Semih Lafihna(せみ・らふぃーな)
  1. NPCの一人。
  2. フェイスの一つ。

1.項 登場人物

主要ストーリーに関わるNPCの一人。
セミ・ラフィーナ


種族ミスラフェイスタイプはF6A*1

ウィンダス連邦の最高権力者星の神子を護衛する守護戦士リーダー

優秀なの使い手であり、ドラゴンミッションの対ドラゴン戦デモ(バルガの舞台)では召喚されたドラゴンを全くたじろぐ事なく一蹴する。
その能力からミスラの次期族長候補との呼び声も高いが、タルタルの社会の中で生きる彼女を快く思わない者も少なからずいるようである。

凛とした態度と特徴的な装備PCとは違い、グラフィック上でを背負っている)から、過去、不遇の時代が長かった狩人のスターとして人気が高かったようだ。

守護戦士の中で自分だけが親の記憶が無く、また罪狩りのミスラが現れたことで、自らの出自を追い始める。

クエスト双子石の絆」や狩人AFクエストでは、その過去を垣間見ることが出来る。
Wani Casdohry:族長は、かなりのお年……。
族長の弓を、守護戦士セミ・ラフィーナ
渡したがっているようだけど……。

Wani Casdohry:きっとセミ・ラフィーナは、
受け取らないでしょうね。困ったものだわ。

Wani Casdohry:先日、族長さまが
セミ・ラフィーナを招いたけど、
彼女はやはり、招きには応じなかったそうね。

Gioh Ajihri:仕方あるまい。
セミ・ラフィーナにとっては、ミスラに生まれた
意味なぞない……。タルタルに育てられたも同然
なのだからな。

2.項 フェイス

盟-セミ」を、フェイス使用許可証に対応するフェイス担当NPCに渡すことで、フェイスセミ・ラフィーナ」を習得できる。

特徴

ジョブ狩人
戦闘タイプ遠隔物理
武器
アビリティ狙い撃ち乱れ撃ちダブルショットステルスショット
WSサイドワインダーアーチングアローステラアロー(/重力)、ルクスアロー(分解/湾曲)
魔法なし
その他

モンスターと距離を取って戦闘する(2015.9.16以降)。
尚、一定以上距離を取れない環境に何らかの理由で陥ると何もしない棒立ち状態となってしまうので、呼び出し順には注意を要する。*2

遠隔攻撃の間隔はかなり短く即発射される。
積極的に連携を狙うようで、味方のWSにあわせてWSを打ち分け、更にその瞬間にTPが間に合わないなら乱れ撃ちを使用してまで間に合わせようとする徹底振り。ただし、連携よりもアビリティの使用を優先させる模様。

Lv13からサイドワインダーを使用するので、レベル上げ序盤から大変重宝する。狩人だけあって命中攻撃力は高い、しかし、レベル50以上になると所かまわず範囲WSステラアローをぶちかますので巻き込みには注意。*3

特殊台詞

関連項目

Semih Lafihna/ネタバレ】【ハンターアタイア】【守護戦士】【フェイス】【
Copyright (C) 2002-2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
*1
フェイスタイプF6の「キャル」は、PCミスラで最も多い。特にF6A(銀髪)は、セミ・ラフィーナと同一の外見のため、セミフェイスと呼ばれることもある。
*2
乱れ撃ち等のアビは使用するが攻撃が一切発生しない。一旦先戦闘解除して仕切り直すと戻る事がある
*3
しかも、悲しい事に結局サイドワインダーの方が強い。尚、連携合わせをTP2000まで待ち、それまでに誰もWSを撃たないか前衛全員のTPが1000以下の場合は迷わず手持ちのWSからランダムでぶちかます。
本記事に対して情報がある方は下記コメント機能をご利用ください。